好きな“食”で起業した、小松佐保さんのキャリア|「ハナコラボトーーク!」第10回

参加者には豪華プレゼントつき! 好きな“食”で起業した、小松佐保さんのキャリア|「ハナコラボトーーク!」第10回 Learn 2022.12.05

ハナコラボ パートナー同士の交流をさらに深めるべく、2022年からスタートした定期オンラインイベント「ハナコラボトーーク!」。第10回は、〈MOON TREATS(ムーントリーツ)〉の代表として活躍するハナコラボ パートナーの小松佐保さんがクロストークに登場!当日の模様をレポートします。

小松佐保さんのクロストーク

DSC_8364-1-1536x1024

女性ホルモンバランスを整える栄養素が詰まった、ヴィーガンスイーツブランド〈MOON TREATS〉の代表を務める小松さんのキャリアについて話を伺いました。

Q.〈MOON TREATS〉を始めた経緯は?
「以前、アメリカ・ボストンに住んでいたのですが、2つのことに興味をもちました。1つ目は、ヴィーガン食がメジャーになっていること。2つ目は、病気にならないよう食事や運動でセルフケアをする“予防医療”の習慣があること。地球にも体にも優しい“ヴィーガンフード”と“予防医療”に出会い、こんな素敵な習慣が日本にも広がればいいのになと思ったんです。
ボストンではアメリカの食トレンドに関する情報発信をしたり、日本の食品企業がアメリカ進出する際のマーケティング戦略を考える仕事などをしていました。帰国後は、私のTwitterを見ていた〈オイシックス・ラ・大地〉の方から声をかけていただき、〈Oisix〉が買収したボストン発のヴィーガンミールキットブランド『Purple Carrot』のマーケティングなどを担当。食に関する社会課題を解決する事業を幅広く展開する〈Oisix〉にインスパイアされ、自分も『女性が抱える課題を食で解決する事業をつくろう』と、起業を決意しました」。

Q.なぜスイーツを手掛けることにしたのか?
「生理痛やPMSをはじめ、女性ホルモンにまつわる心身の悩みと“食(摂取栄養素)”には密接な関係があるのですが、大半の女性がその事実を知らず、症状が悪化してから薬を飲んだり病院に行ったりします。そうではなく、普段口にするものから気を付け、摂取栄養素について意識して欲しいと思い、多くの女性が口にするスイーツをプロダクトに選びました。
食欲が爆発したり、精神状態が不安定になったりと、憂鬱になりがちな生理期をご機嫌に過ごしてもらえる、女性に必要な栄養が詰まった、体にも地球にも優しいヴィーガンスイーツを自社で開発しています」。

Q.事業をするなかで、悩みや壁にぶち当たることはあるか?
「想像と違いうまくいかないことだらけで、悩んでばかりです(笑)。そんなときは、起業家の先輩や友達、メンターに相談し、話を聞いてもらっています。大好きなワインを心ゆくまで飲んだり、気のすむまで寝たりして、気分転換することも。辛いことはたくさんありますが、毎月購入していただいているお客様から『本当に素敵なサービス』と言ってもらえると、頑張ろうと思います」。

Q.キャリアで悩んでいる人に一言!
「『やりたいことがあるけど勇気が出ない』という相談をたまに受けますが、やりたいことがあること自体素晴らしいことだと思うので、ぜひ行動に移して欲しいです。やらないで後悔するより、やって後悔した方が良いと思いますし、刺激的で楽しい経験がたくさんできると思います」。

Q.今後の展望は?
「〈MOON TREATS〉を通じて、女性達に食(摂取栄養素)の大切さを知って欲しいと思っています。より良いサービスにするため、現在、商品のブラッシュアップを行っているので、待っていてください!」

参加者にはお土産が盛りだくさん!

〈MOON TREATS〉の「MOON TREATS BOX」6個入 3,300円(送料込)
〈MOON TREATS〉の「MOON TREATS BOX」6個入 3,300円(送料込)
「Purple Carrot」のミールキット「1/2日分野菜ドライカレー」2人前 1,609円
「Purple Carrot」のミールキット「1/2日分野菜ドライカレー」2人前 1,609円
カットされた食材が小分けで入っているので、料理初心者や忙しい人にも安心!20分で完成します。
カットされた食材が小分けで入っているので、料理初心者や忙しい人にも安心!20分で完成します。

〈MOON TREATS〉のヴィーガンスイーツ「紫芋のポルボロン」(写真手前)は、マグネシウムやビタミンE、オメガ3脂肪酸など女性にうれしい栄養素が豊富に含まれているにも関わらず、廃棄されてしまう「ナッツのおから」を使用した、体にも地球にも優しいクッキー。自分用にはもちろん、体を気遣う女性へのギフトにもおすすめ。
「Purple Carrot」のミールキット「1/2日分野菜ドライカレー」は、その名の通り、かぼちゃやいんげんなど彩り豊かな野菜がたっぷり摂れるヴィーガンカレー。なんとたったの638kcal。「ヘルシーなのに満足感もあるなんて理想的!」「スパイシーでヴィーガンカレーとは思えない、本格的なカレー」とハナコラボ パートナーも大満足でした。

第10回「ハナコラボトーーク!」も、無事終了

グループ分けできるZoomの機能「ブレイクアウトルーム」でトークする時間も盛り上がり、あっという間の1時間半。次回もお楽しみに。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR