有楽町 ANDART

あの有名アーティスト、オークションにかけられた作品総額はおいくら? 有楽町 〈b8ta Tokyo Yurakuchoエクスペリエンスルーム〉で『データでみる美術展 by ANDART』開催中。 Learn 2022.06.08

作品とともに、その作品やアーティストにまつわるさまざまなデータを一緒に展示している展覧会が、有楽町〈b8ta Tokyo Yurakuchoエクスペリエンスルーム〉で開催中です。アート作品は難解で、どんな部分に注目したらいいのかわからないと思うこともあります。客観的な数字や情報と一緒に見るとアートを理解するための糸口がつかめるかも?

美術館での鑑賞とは違う角度から見るアート作品。

有楽町 ANDART

著名人がアート作品を所有したり、オークションで有名アーティストの作品が高値で売買されたり。アートは鑑賞するだけでなく、所有する楽しみもあることがクローズアップされています。

6月30日まで有楽町の〈b8ta Tokyo Yurakuchoエクスペリエンスルーム〉で開催中の『データでみる美術展 by ANDART』は、世界的に評価の高いアーティストの作品が展示されているだけでなく、オークションでの落札価格にまつわる情報など、データや数字などと一緒に展示されるという異色の美術展です。

有楽町 ANDART

この美術展を企画したのは〈ANDART〉。アート作品を小口所有するサービスを展開しています。高価なアート作品を共同で所有できる会員制のサービスで、会員間でその所有権を取引することもできるというものです。

今回展示されている3つの作品も〈ANDART〉を通じてそれぞれ数百人が小口所有しています。

ウォーホルはキャンベルスープを20年間ランチに食べていた。

有楽町 ANDART

ポップアートを代表するアーティスト、アンディ・ウォーホルによる『Campbell's Soup I (Pepper Pot)』。ウォーホルは、繰り返し同じモチーフを使った作品を制作したことでも知られますが、キャンベルのスープ缶も彼が好んで用いたモチーフのひとつです。

この作品には、ウォーホルが20年間にわたってランチにキャンベルスープ缶を食べていたことや、ウォーホルの死後に遺品や骨董品がオークションにかけられた売上が約25億円であることなど、興味深いデータが添えられています。

有楽町 ANDART

現在この作品を小口所有しているオーナーは217人。〈ANDART〉では小口所有権1枠がまず10,000円から売り出されていますが、これまでの取引で最高価格13,000円にもなったのだとか。

有楽町 ANDART

2つ目の作品は、素性が不明で路上に作品を描くことでも世界から注目されるイギリスのアーティスト、バンクシーによる『Pulp Fiction』です。バンクシーの作品のオークションでの最高取引価格が1,410万円であることや、人気のあるバンクシクシー作品が2021年にオークションで出品された回数が1972回であることなどの情報が添えられています。

『Pulp Fiction』はクエンティン・タランティーノ監督による映画『Pulp Fiction』がモチーフ。拳銃を持っているはずの登場人物がバナナを持っているのは、反暴力や反戦争を訴えてのことだと考えられています。

有楽町 ANDART

3つ目はニューヨークを拠点に活動するKAWSの作品『URGE』。目がバッテンになっているキャラクターのコンパニオンや、ファッションブランドとのコラボでも知られるアーティストです。

KAWSの作品に添えられた情報も気になるものばかり。2019年3月に行われたアジア最大級のアートフェア『アート・バーゼル香港』にKAWSが出展したコンパニオンは、大きさが121フィート(約37メートル)だったことや、2017年にKAWS作品の販売価格は540万円から1,048万円と倍増したなど、人気のアーティストらしいデータが並びます。

アートとアーティスト、そしてその資産価値にも注目。

有楽町 ANDART

美術館やギャラリーでの展覧会では、作品の背景の解説があっても、このようなデータに触れられる機会はほぼありません。作品の価格や価値上昇の背景を知ると、普段の鑑賞では感じ取ることができないアート作品の経済的な側面にも興味が湧いてきそうです。

〈ANDART〉のウェブサイトでは、会員が共同所有している41作品の情報も見ることができます。会場では、スマートフォンでQRコードを読み込むことでアクセス可能です。無料会員になると、オークションや作品の情報なども入手可能。

また作品オーナーになると、〈ANDART〉が美術専門倉庫で保管している作品のオーナー限定鑑賞会などに招待されるなど、アート作品を所有する喜びを感じられる体験も用意されています。

QRコードを読み込むとアート作品に関するさまざまな情報が表示されます。
QRコードを読み込むとアート作品に関するさまざまな情報が表示されます。

これまで日本では、諸外国に比べて、アート作品を所有することや投資の対象にすることへのハードルが高く感じられてきました。〈ANDART〉による小口所有は、作品を身近なものにしてくれるだけでなく、今後の活躍や作品の価値が上がることが期待されるアーティストを応援することにもなります。

展覧会で作品を見るだけでなく、アートと新しい関わり方が楽しめる〈ANDART〉の取り組み。まずはデータと一緒に作品を見ることで、興味を深めてみてはいかがでしょうか?

『データでみる美術展 by ANDART』
■東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル1F b8ta Tokyo - Yurakucho エクスペリエンスルーム
■~2022年6月30日
■11:00〜19:30
■入場無料
イベントサイト

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR