〈SANU〉提供

何度も泊まりたい! サブスクでセカンドホームが持てる〈SANU〉を体験!都心から3時間で非日常へ Learn 2022.04.26

月額55,000円でセカンドホームが持てる人気のサブスクリプションサービス〈SANU〉。この夏にはさらに拠点が増え、7拠点50棟に拡大予定。この春にオープンしたばかりの「山中湖 1st」のキャビンをレポーターが1泊2日で宿泊体験してみました。実際に訪れてみて、登録待ちが2000人もいる人気サービスなのも納得!

どーんと出迎えてくれた富士山に感動

〈SANU〉は、2022年4月現在、白樺湖(長野県)、八ヶ岳、山中湖(山梨県)、北軽井沢の4拠点に25棟を構えていて、いずれも都心から3時間以内で訪れることができます。この夏にかけて7拠点50棟に拡大を予定しています。

会員になると、1度に4泊までの宿泊が可能で、金〜日、祝日、祝前日やハイシーズンは追加料金がかかります。チェックアウト次第、次の予約が取れる仕組みです。

今回、訪れたのは富士山の間近にある「山中湖 1st」のキャビン。東京から車で移動し、目的地に近づくと眼前にどーんと富士山が見え、「さすが日本一!」と一気にテンションが上がります。

DSCF7083のコピー

ほどなくして目的地のキャビンに到着。14棟の統一されたキャビンがずらっと並んでいます。洗練されたデザインに、同行していた家族も「カッコいい!」と興奮気味でした。

DSCF7070

フロントなどはなく、無人スタイルの運営です。Web上でチェックインをすると4桁のコードが発行され、コードを入力するとドアがオープン。スムーズに入室ができました。

IMG_9481のコピー

〈SANU〉では、ほとんどのキャビンが同一のデザインで、どの施設を訪れても“SANUらしさ”を感じられます。無人で運営されているのも、「自宅の玄関を開けるような体験をしてほしい」という思いからだそう。

キッチンも充実!暮らすように過ごせるキャビン

IMG_9474
SANU提供
SANU提供
IMG_9492

中に入ると、洗練された内装に一同から「わ〜!」と感嘆の声が漏れました。天然の木材ならではのナチュラルな雰囲気ながら、雑貨などはスタイリッシュな世界観で統一されています。

DSCF7117

周囲を気にせずに集中して作業ができるワークスペースも。高速Wi-Fiがあるので、ストレスなくリモートワークや動画鑑賞ができそうです。プロジェクターも完備されているので、大画面での映画やドラマ鑑賞も◎。

DSCF7094
DSCF7122のコピー

個人的にお気に入りだったのが、設備が充実したキッチン。バルミューダのオーブンレンジ、トースター、コーヒー道具一式、基本的な調味料、カトラリーなどがそろっていて、食材を持っていけば、十分に調理ができる環境です。

DSCF7110
DSCF7113

広々したバルコニーもあり、ここでコーヒーを飲むと気持ちよさそうです。キャビンのすぐそばには、バーベキューができる焚き火台が設置されています。

〈SANU〉提供
〈SANU〉提供

セミダブルベッドが2台設置されていて、1部屋で4名まで滞在できます。リネンは、綿本来の風合いを生かした洗いざらしの肌触りを大事にする寝具ブランド「sinso」のもの。木のにおいで心を落ち着かせながら、ゆっくりと眠ることができました。

山中湖でのアクティビティやバーベキューも

「山中湖 1st」は、歩いて数分のところに広大な山中湖が広がっています。ここでは、ボート乗りやSUPができるので、天気が良ければ日中はアクティブに楽しむのも良さそうです。

IMG_9500のコピー

湖には白鳥やカルガモがいて、さすが観光地で暮らしているだけあり、とても人なつっこい。100円で購入できるエサをあげると、またたく間に近くに寄ってきて、勢いよく食べていました。やや凶暴な動きを見せるカルガモがいたので、ご注意ください(笑)。

DSCF7158

春から秋にかけては、キャビンの外に設置された焚き火台でバーベキューを楽しむのがオススメです。この日は自宅近くのスーパーで事前にお肉や野菜を購入して持参しましたが、時間に余裕があれば地元の産直所などで買うこともできるかもしれません。大きな富士山を眺めながら、野外で食べる食事は最高でした!

DSCF7128のコピー

いずれは日本全国にセカンドホームが持てるかも?

〈SANU〉の会員層は30〜40代が中心で、一度に3泊ほどして、特別な目的がなくゆったり過ごす人が多いそうです。今回は1泊2日の短期滞在でしたが、時々リモートワークをしつつ、地元ならではの食事や体験もたっぷり満喫するワーケーションとしても滞在してみたくなりました。

今夏には7拠点50棟、2024年までに40拠点400棟まで拡大予定の〈SANU〉。現在はウェイティング登録者が2000人いるため、すぐに会員になることはできませんが、拠点が増えるにつれ会員枠が増えるそう。まずはウェイティングリストに登録しておくのが良さそうです。

〈SANU〉「八ヶ岳 1st」ではキレイな星空が見られることもあるそう(〈SANU〉提供)
〈SANU〉「八ヶ岳 1st」ではキレイな星空が見られることもあるそう(〈SANU〉提供)

しばらくは首都圏から3時間以内の拠点が中心ですが、数年以内には札幌、名古屋、福岡など、人口100万人の都市から3時間以内の場所にも拠点を拡大する予定があるそう。さらに、いずれは海外展開も見据えているとか。

月額55,000円で、全国各地、さらには海外にもセカンドホームを持てる日がやってくるかも? 今後の〈SANU〉の展開に期待したいですね!

サムネイル写真:〈SANU〉提供

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR