〈ブリアンツァトウキョウ〉〉トップ写真/内観

再開発で誕生した〈常盤橋タワー〉のフードエリアに注目。 六本木の名イタリアンが大手町に進出!イタリアン料理〈ブリアンツア トウキョウ〉がオープン。 Learn 2021.10.01

六本木のイタリアン〈リストランテ ラ・ブリアンツァ〉は、落ち着いた雰囲気の中で本格的なイタリア料理が味わえる店として食通の間では大人気。その味をカジュアルに楽しめる新店〈ブリアンツア トウキョウ〉が、〈常盤橋タワー〉の商業ゾーン〈TOKYO TORCH Terrace〉に登場しました。六本木店とはまた異なった雰囲気の店舗は自然光が降り注ぐ気持ちの良い空間。地球環境とウエルネスを考えた美味メニューが待っています。

〈ブリアンツア トウキョウ〉写真1/メインダイニング

130席という大型店は、メインダイニグ、個室、バー、テラスの4つの空間から構成されています。高い天井のメインダイニングは、ターコイズブルーを基調とした開放的な雰囲気。世界的にも珍しい炭火のみを熱源としたジョスパーオーブンを中心にしつらえたキッチンが望めます。

〈ブリアンツア トウキョウ〉写真2/奥野義幸シェフ

オーナーシェフの奥野義幸さん。六本木を始め、都内に4店舗を展開しています。イタリア全州で各地の料理を学び、星つきレストランで研鑽を積み、2003年に〈リストランテ ラ・ブリアンツァ〉をオープンしました。〈ブリアンツァ トウキョウ〉でのコンセプトは「炭火焼きラテンイタリアン」。奥野シェフが得意とするピエモンテ州やリグーリア州の料理に、メキシコや南米、地中海の要素をプラスして展開していくそうです。「誰もがどんな場面でも日常的にカジュアルに使えるレストランを目指しています」と奥野シェフ。

「焼きナスのマリネ ミョウガとハーブオイルで」600円
「焼きナスのマリネ ミョウガとハーブオイルで」600円

メニューには、生産者の顔が見えるヘルシーでイノベーティブな料理が並びます。こちらは冷たい前菜から〈焼きナスのマリネ ミョウガとハーブオイルで〉。和の食材も使いつつ、ハーブオイルでイタリアンに。トッピングされたおぼろ昆布の旨味が、全体をまとめています。

「甘酸っぱく仕上げたローストビーツ いろいろナッツとシードのサラダ」800円
「甘酸っぱく仕上げたローストビーツ いろいろナッツとシードのサラダ」800円

ローストビーツには、ヨーグルトが添えられています。ヨーグルトはいろいろなメニューにふんだんに使われている食材。水切りヨーグルトをフレッシュチーズのように使ったり、ソースやドレッシングのようにフルーツや野菜を合わせたり。爽やかな酸味が素材の甘みを引き立てます。体が喜ぶ発酵食品をたくさん取り入れるのも〈ブリアンツァ トウキョウ〉のコンセプトのひとつです。

「ひよこ豆のグルテンフリーパンケーキ ファリナータ」1000円
「ひよこ豆のグルテンフリーパンケーキ ファリナータ」1000円

ひよこ豆のパンケーキはグルテンフリー。カリッと焼き上げた外側と、しっとりとした中身のバランスも最高です。「地球環境とウェルネスを考えたメニューを提供したい」という奥野シェフの言葉通り、肉料理にこだわる一方でヘルシーコンシャスな料理が多いのも特徴です。奥野シェフの朋友〈The Burn〉の米澤文雄シェフが監修したヴィーガン料理も充実しています。

「ガラムマサラカレー 水切りヨーグルト添え」2000円
「ガラムマサラカレー 水切りヨーグルト添え」2000円

米澤文雄シェフのヴィーガン料理メニューから、スパイスをたっぷりと使ったガラムマサラカレーです。芳醇なスパイスの香りと深みのある味わいは、いくらでも食べられる美味しさ。いろいろな野菜の旨味が溶け合い、重層的な味を構築しています。

「信玄ティラミス」500円
「信玄ティラミス」500円

ティラミスに、北海道産有機大豆のきなこをかけたデザートの一品。濃厚なティラミスときなこの相性の良さに驚きます。

〈ブリアンツア トウキョウ〉写真8/テラス席

テラス席は37席。広々とした空間に置かれた座り心地の良いガーデンチェアーが、都心にいながらにしてのリゾート感を演出しています。冬は炬燵スタイルになる計画もあるとか。換気や密の心配がないテラス席をたっぷりと取ることで、安心して外食ができるように対応しています。

〈ブリアンツア トウキョウ〉写真9/タッチパネル

〈ブリアンツァ トウキョウ〉の特徴のひとつは、タッチパネルによるオーダーシステム。人との接触を減らす感染対策の一環として導入されました。見やすくて操作しやすいタッチパネルなので、ストレスフリーで注文することができます。

〈BRIANZA TOKYO〉

〈BRIANZA TOKYO〉
〈BRIANZA TOKYO〉

全国各地から集めたこだわりの食材を、JOSPER社製グリルでの炭火焼きやイタリアンの技法を駆使した料理で提供。ヘルシーでイノベーティブな料理の数々が出迎えてくれる。ヴィーガンやローカーボのメニューも充実。オペレーションのDX化、SDG’sへの取り組み、同じ志を持つ料理人やクリエーターたちとのコラボレーションなど、未来型レストランとしてのコンセプトがふんだんに取り入れられた、オーナーシェフの奥野義幸さんの思いが詰まったイタリアンレストラン。

■東京都千代田区大手町2-6-4 常盤橋タワー2F
■03-6262-7862
■平日限定ランチ1200円、おすすめランチ1800円。
 アラカルト多数。
■11:00〜23:00 
(政府の要望にて営業時間の変動があります)
■無休
■130席(メインダイニング86席、テラス37席、バー7席)
■禁煙 
*料理写真はサンプルで、実際の分量や盛り付けと異なります。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR