右から、エレメンタリー フット&シン トリートメントジェリー 同 リフレッシングミスト/細かなミストがふわっと広がり、疲れてむくんだ足をリフレッシュ。シャドークィーンやサトウキビのエキスが肌を乾燥から守る。ミスト 30ml8,800円、マッサージ使いすることで足の巡りをサポートし、健やかに導くジェリー 30g 13,200円(ITRIM 0120-151-106)

Hanako Beauty「あのコスメが生まれた理由」 足には顔と同じくマメなお手入れを。〈ITRIM〉から「エレメンタリー フット&シン トリートメントジェリー」が生まれた理由。 Learn 2021.08.05

Hanako本誌連載「Hanako Beauty Skin Care あのコスメが生まれた理由」を掲載。今回は〈ITRIM〉から「エレメンタリー フット&シン トリートメントジェリー」が生まれた理由をご紹介します。

毎日酷使している足には顔と同じくマメなお手入れを。

右から、エレメンタリー フット&シン トリートメントジェリー 同 リフレッシングミスト/細かなミストがふわっと広がり、疲れてむくんだ足をリフレッシュ。シャドークィーンやサトウキビのエキスが肌を乾燥から守る。ミスト 30ml8,800円、マッサージ使いすることで足の巡りをサポートし、健やかに導くジェリー 30g 13,200円(ITRIM 0120-151-106)
右から、エレメンタリー フット&シン トリートメントジェリー 同 リフレッシングミスト/細かなミストがふわっと広がり、疲れてむくんだ足をリフレッシュ。シャドークィーンやサトウキビのエキスが肌を乾燥から守る。ミスト 30ml8,800円、マッサージ使いすることで足の巡りをサポートし、健やかに導くジェリー 30g 13,200円(ITRIM 0120-151-106)

肌や髪は毎日ケアしているけれど、足のお手入れにはあまり気をつけていないという人は要注意。年齢によるダメージの蓄積から、疲れやすくなったり歩きにくくなったりしている可能性があるという。「毎日全体重をのせている足は、適切なケアをすることが大切です。特に重要なのが、“3つのアーチ”です。これは、土踏まずのアーチ、横方向のアーチ、外側のアーチのことで、体重を支えるときや、歩いたり走ったりするときの衝撃を吸収するために欠かせない構造です。ところが年齢を重ねると、このアーチがだんだん崩れやすくなってしまいます。結果、歩きにくく、疲れやすい足になってしまうんです」(ITRIMPR・大山幸恵さん)

その原因は、長年体重がかかることによる経年劣化、足の筋力低下、ヒールなど靴による負担など。「そこでITRIMでは、見た目の美しさはもちろん、健やかな足へと導くお手入れを提案すべく、足とすね、ふくらはぎを中心としたフットケア用のリフレッシングミストとトリートメントジェリーを開発。“エレメンタリー フット&シン”として発売しました」

ITRIMの公式サイトでは、ヒールやサンダルなど履き物別におすすめのマッサージメソッドを紹介。スニーカーなどフラットな靴の場合は足首の前側が特に疲れやすいので、ここを重点的に。
ITRIMの公式サイトでは、ヒールやサンダルなど履き物別におすすめのマッサージメソッドを紹介。スニーカーなどフラットな靴の場合は足首の前側が特に疲れやすいので、ここを重点的に。

リフレッシングミストは爽快感が最大の特長。むくみやだるさが気になる足をリフレッシュして、なめらかに整える。「ストッキングの上からも使えるので、出先で靴を脱ぐときなどに便利。ハーブの爽やかな香りで、ニオイケアもできます。トリートメントジェリーはマッサージしやすいオイルベースでのびがよく、少量で足からふくらはぎまでお手入れできます。お風呂上がりに独自のマッサージメソッドを取り入れながらケアすれば、相乗効果で血流が改善。疲労感が和らいで、翌朝はまた元気に歩きたくなるような気分になります」両アイテムとも、国産レモングラスから抽出した成分を配合。

トリートメントジェリーでマッサージしたあとは、さらに保湿コスメを使うとベター。赤ちゃんのようにふかふかな肌に仕上がる。エレメンタリー ボディエマルジョン N 150ml 11,000円。
トリートメントジェリーでマッサージしたあとは、さらに保湿コスメを使うとベター。赤ちゃんのようにふかふかな肌に仕上がる。エレメンタリー ボディエマルジョン N 150ml 11,000円。

「ミストには水溶性、ジェリーには油溶性のレモングラスオイルを配合しています。レモングラスの香りにはリフレッシュ感があり、肌を引き締める働きもあるのでフットケアにはぴったり。そのほか厳選した自然由来の成分として、海水やスペアミントオイル、シャドークィーンエキスをミストに、マヌカ油や榊原温泉水、ピンクペッパーエキスなどをジェリーにブレンドしています。足も顔も、同じ一枚の皮膚でつながっているもの。顔に使う化粧水や美容液と同じようによい成分で、毎日ていねいにお手入れしましょう。足には思いのほか負担がかかっていることに気づいて、優しくいたわる気持ちが生まれてくるはずです」

Brand Profile/〈ITRIM〉

2018年にローンチ。“いと、凜と、生きる。”をテーマに、しなやかで芯のある美しさを目指し、心地よいお手入れを提案する。昔から美や健康に役立てられてきた植物に着目し、オーガニック原料を厳選。本来捨てられていた素材を活用するアップサイクルにも取り組んでいる。

(Hanako1199号掲載/photo : MEGUMI styling : Momoko Miyata text : Yumiko Kazama)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR