フエルサブルータWA‼︎

アルゼンチン発!新感覚エンターテインメント〈フエルサブルータ〉のロングラン公演がスタート! 日本にインスパイアされた最新作『フエルサブルータWA‼︎』を体感してきた! Learn 2017.12.17

2005年に南米アルゼンチンで誕生し、ニューヨークのオフブロードウェイをはじめ世界30カ国・60都市以上で上演、多くのセレブリティも注目するパフォーマンスカンパニー〈フエルサブルータ〉。そんな話題のカンパニーの日本にインスパイアされた最新作『フエルサブルータWA!』が、8月に東京で世界初公開しました。そして「!」が一つ増えた『WA!!』としてさらにバージョンアップし、12月14日からロングラン公演をスタート。その気になるショーの様子をレポートします。

日本にインスパイアされた最新作『WA!!』とは?

フエルサブルータWA‼︎

アルゼンチン建国200周年記念パレードやリオのカーニバルのパレード演出なども手掛け、世界に名を馳せるクリエイター、ディキ・ジェイムズ氏。彼が手掛けるエンターテインメントは、音、光、風、水、映像や特別な舞台装置を駆使し、会場内360度全て使った五感を刺激するショーです。

日本文化を象徴する「和」、アルゼンチンと日本の共同制作にあたっての「輪」、驚きのWAなど様々な意味が込められている最新作『WA!!』は、随所に、般若やおかめ、和太鼓といった和のモティーフがふんだんにあしらわれているところにも注目です。

さらに進化したショー、そのハイライトをお届け!

フエルサブルータWA‼︎

会場に入ると、まず座席がないことに驚きました。スタンディングスタイルでショー中の移動も自由なんです。

そして突如ショーがはじまり、巨大なルームランナーが登場。甲冑をつけた侍が駆け、目の前に現れる壁を次々と打ち破っていきます。

フエルサブルータWA‼︎

こちらの芸者の舞いも必見。芸者の艶やかさは表現しつつ、型に捉われない音楽やダンスのフュージョンが新鮮です。

フエルサブルータWA‼︎

もちろん忍者をはじめ〈フエルサブルータ〉名物の空を飛び交う空中パフォーマンスもふんだんに取り込まれています。

フエルサブルータWA‼︎

こちらは「祭り」をテーマにしたパフォーマンス。エネルギッシュなリズムやビジュアルが直接本能に訴えかけてきて、踊らずにはいられませんでした!

フエルサブルータWA‼︎

宙を舞う紙吹雪に思わず手を伸ばしてしまいます。鑑賞だけにとどまらず、非日常的な世界観とシンクロできる。そんなショーとの一体感が〈フエルサブルータ〉の醍醐味ではないでしょうか。

フエルサブルータWA‼︎

そしてショーの目玉とも言えるのが、巨大な透明プールが天から舞い降りてくるこちらのシーン。パフォーマーの泳ぎを底から見上げるのですが、その美しさに魅せられました。

フエルサブルータWA‼︎

また雨に打たれながら壁を垂直に歩くこちらのシーンも必見。大雨の水しぶきや体を突き抜けるように響くリアルな雨音に、〈フエルサブルータ〉のショーが現実体験だと改めて思い知らされました。

終演後、超人的アクションを見せてくれたキャストの方々とご対面!

フエルサブルータWA‼︎

終演後のレセプションパーティーにて、キャストの方々とお話することができました。

ショー中にキャストと触れ合えることも〈フエルサブルータ〉の魅力の一つですが、進化した『WA!!』ではさらにお客さんと触れ合う機会を増やしたそう。その他にも音楽を変えたりと〈フエルサブルータ〉のショーは日々進化しているのだと話してくれました。

フエルサブルータWA‼︎

そしてなんと毎公演、直前に配役が発表になるそうです!その為、同性の役は全てコンプリートしていないといけないとのこと。キャストは並々ならぬものを求められ、それによって世界中を熱狂させるこのショーが実現しているのだと痛感しました。

フエルサブルータWA‼︎

イベント毎の演出にもさらに力を入れているという〈フエルサブルータ〉。「DJナイト」も注目イベントの一つ。是非「モエ・エ・シャンドン モエ アンペリアル ミニ エ」をお供に。

〈フエルサブルータ〉はアートとして鑑賞するも、パフォーマーと熱狂するも楽しみ方は自分次第。感じ方は自由なので、「その時自分が何をどう感じるか」を楽しんでみては。

公演詳細はこちら!

フエルサブルータWA‼︎

早期購入で割引となる「早割」や直前でもお得な「前割」に加え、「DJナイト」や小学生が無料で入場できる「親子deフエルサ」など、キャンペーンやイベントが盛り沢山。特に月1回実施される「ファン感謝DAY」対象公演は1Fフロアのチケットが1枚2,500円となるので、各プレイガイドにて早めに購入することをおすすめします。

<公演概要>
■公演タイトル:Panasonic presents WA!! -Wonder Japan Experience-フエルサブルータ
■会場:品川プリンスホテルステラボール
〒108-8611 東京都港区高輪4-10-30
※品川プリンスホテル内、映画館T・ジョイPRINCE品川とアクアパーク品川の間
■日程:2017年12月14日(木)からロングラン公演
*2018年3月以降の公演日程は1月末に順次発表。
■料金(税込):
□定価:公演当日にインターネット、会場で販売
フロア・ムーブアラウンド8,700円
VIPラウンジ&シート(シャンパン付)16,500円
VIPラウンジ&シート14,000円
□早割:公演月の前月24日まで限定販売の定価から50%オフチケット
フロア・ムーブアラウンド4,350円
□前割:公演前日まで割引購入できるチケット
フロア・ムーブアラウンド5,800円
VIPラウンジ&シート(シャンパン付)15,000円
VIPラウンジ&シート12,500円
□学割:学生証を引換券と一緒に提示すれば割引を受けられる。各公演限定50枚
フロア・ムーブアラウンド3,980円

<2018年ファン感謝DAY>
■対象公演:2018年1月15日(月)19:00開演 2月13日(火)19:00開演
*2018年3月以降の公演日程は1月末に順次発表。
■料金(税込):
フロア・ムーブアラウンド:2,500円(前売・当日共通)
VIPラウンジ&シート(シャンパン付):定価16,500円/前割15,000円
VIPラウンジ&シート:定価14,000円/前割12,500円
*残券がある場合のみ、当日販売。

■オフィシャルサイト:http://www.FBW.jp

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR