DANCING CRAB 東京

フォトジェニックなブラックグルメが大集合! 〈DANCING CRAB 東京〉のメニューフェア「Halloween Banquet-ハロウィン晩餐会-」の試食会をレポート。 Learn 2017.10.21

調理されたシーフードを手づかみで豪快に味わうレストラン〈DANCNG CRAB 東京〉では、10月31日(火)までの期間限定で「Halloween Banquet-ハロウィン晩餐会-」を開催。ブラックで統一されたメニューやダンスによって、ハロウィン気分を盛り上げてくれるイベントの様子をご紹介します。

ハロウィンムード満点の店内。

入り口では、お化けの人形がお出迎え
入り口では、お化けの人形がお出迎え

新宿駅東南口すぐのビルにある店に一歩足を踏み入れると、店内はオレンジ・黒・紫の装飾で彩られ、店員は魔女や囚人に仮装していたりと店内はハロウィンムード一色!

オリジナルのクラブ(蟹)デザインのカチューシャを付けて準備万端!
オリジナルのクラブ(蟹)デザインのカチューシャを付けて準備万端!
囚人に仮装したスタッフ
囚人に仮装したスタッフ

ハロウィン用のブラックメニューを試食!

インパクトたっぷりのブラックグルメが集合!
インパクトたっぷりのブラックグルメが集合!

今回いただいたのは、Halloween Banquet-ハロウィン晩餐会-」のために特別に開発された「ハロウィン ブラックフード」コースのお料理。全部黒や紫のカラーで統一されたメニューで、とってもおしゃれ!

「スチームド ベジタブル バルサミコソース」
「スチームド ベジタブル バルサミコソース」

パープルカリフラワー、紫ニンジン、紫ジャガイモ(シャドークイーン)、紫キャベツ、バイオレットトマトなどの野菜を蒸して、バルサミコ酢ベースのソースを付けていただきます。ソースはバルサミコ酢の酸味が効いていて、さっぱりと味わえます。

「“ダブルブラック”フライドポテト」
「“ダブルブラック”フライドポテト」

先程のメニューにも使っている紫ジャガイモ(シャドークイーン)を揚げると、こんな真っ黒なフライドポテトができるそう。野菜の自然な色味というのが驚きですね。ブラックビーンズを使ったディップを付けながらいただきます。ジャガイモと豆が素材なので、見た目と比べて意外とマイルドな味。

「ブラックケイジャンチキン」
「ブラックケイジャンチキン」

まるで焼け焦げすぎて炭になった!?かのような、真っ黒な見た目がインパクト大のチキン。炭の粉入りのケイジャンスパイスを絡めて焼いているそう。恐る恐るレモンを絞って口にすると、中には意外とあっさりしたチキンが隠れていました。

「クラブバック ブラックペッパーソース」
「クラブバック ブラックペッパーソース」

看板メニューのシーフードが登場!テーブルの上にどっさり広げてもらいます。シンガポールで人気という、ブラックペッパーの刺激がクセになるスパイシーなソースを絡めながら味わいます。

ブラックペッパー入りの黒いソースにつけながらいただきます
ブラックペッパー入りの黒いソースにつけながらいただきます

ソースはブラックペッパーが効いていて、舌がビリビリする程スパイシーで思わずヤミつきになりそうな味わい!ビールなどお酒との相性も良さそうです。

パンも中まで真っ黒!
パンも中まで真っ黒!
真っ黒なパスタも手づかみでパクリ!
真っ黒なパスタも手づかみでパクリ!

付け合わせのパンとパスタも、イカスミなどの素材を練りこんでいて「やりすぎでしょ」っていうぐらい真っ黒!どちらもシーフードのブラックペッパーソースに絡めながら食べますが、これも見た目に比べて味は普通のパンとパスタです。

お待ちかねのダンスショーがスタート!

照明が落とされ、仮装したスタッフのダンスが始まります
照明が落とされ、仮装したスタッフのダンスが始まります

食事が全部出てくると、いよいよ仮装したスタッフが踊るダンスショーがスタートしました。〈DANCING CRAB 東京〉は通常でも食事をしながら音楽やダンスショーが行われますが、今回は特別にハロウィン仕様のダンスにが楽しめました!

仮装したスタッフがダンスしながら、各席の近くまで回ってくれます
仮装したスタッフがダンスしながら、各席の近くまで回ってくれます

今回初めて〈DANCING CRAB 東京〉でシーフードを手づかみで食べ、とってもエキサイティングな体験だと感じました!今回、期間限定で作られたブラックフードもとても完成度が高くて、このキャンペーンだけで終了してしまうのはもったいないほど。ぜひ今年のハロウィンは、〈DANCING CRAB 東京〉のブラックフードやダンスショーで盛り上がりませんか?

〈DANCING CRAB 東京〉
◼︎東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル2F
◼JR「新宿」駅東南口より徒歩1分
◼︎03-6380-5151
◼︎ランチ11:30〜15:30、ディナー17:00〜23:00

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR