〈ストリングスホテル東京インターコンチネンタル〉

リニューアルオープン後、初のクリスマスケーキ発表! 生まれ変わった〈ストリングスホテル東京インターコンチネンタル〉のケーキ&テイクアウトに注目!おうちで過ごすホリデーシーズンにおすすめ。 Learn 2020.11.06

昨年12月の完全リニューアルオープン後、初のクリスマスケーキ&ホリデーテイクアウトを販売する〈ストリングスホテル東京インターコンチネンタル〉。一新されたダイニングから生み出される上質なケーキやテイクアウトは、見た目も味わいも魅力満載です。

〈ストリングスホテル東京インターコンチネンタル〉

半年以上の歳月をかけてリノベーションを行い、美しく生まれ変わった〈ストリングスホテル東京インターコンチネンタル〉。イタリアン、中華、鉄板焼き、カフェ&バーという4つのレストランとバーが共演するエリア〈ザ・スコア・ダイニング〉も誕生し、近場で贅沢な休暇を楽しむ『ステイケーション』の新たなスポットとして人気急上昇中です。

数々の名店で腕を奮ってきたミシュラン・シェフ、オリヴィエ・ロドリゲス氏を総料理長に、華やかな受賞歴を誇る鈴木崇志氏をエグゼクティブ・ペストリーシェフに迎え、飲食部門を大幅に強化。今年はホテル初となる、クリスマスケーキとホリデーテイクアウトの販売もスタートしました。

ノエル・ブラン。4号(直径12cm)5500円、5号(直径15cm)6800円。共に要予約。
ノエル・ブラン。4号(直径12cm)5500円、5号(直径15cm)6800円。共に要予約。

純白の雪景色を表現した真っ白なケーキ〈ノエル・ブラン〉。これ実は、苺が見えない苺ショートケーキなんです。降り積もった雪のように飾られた生クリームの上には、サンタクロースが落としていったプレゼントボックスをはじめ、聖夜を思わせる繊細なチョコレート細工があしらわれています。プレゼントボックスの中にはサプライズなスイーツが。きめ細やかで口溶けの良いスポンジ生地、水分と酸味のバランスがいい苺とちおとめ、豊かな風味の生クリームの三位一体が見事な、ショートケーキです。

ノエル・ルージュ5号(直径15cm)6200円。要予約。
ノエル・ルージュ5号(直径15cm)6200円。要予約。

〈ノエル・ルージュ〉は、鮮やかなクリスマスカラーのムースケーキ。ピスタチオのビスキュイ・ジョコンド生地の上に、ホワイトチョコレートのムース、フランボワーズのムースとジュレが層になり、なめらかで爽やかな味わい。光かがやくトップには、ラズベリーや苺をあしらい、ホワイトチョコレートのオーナメントが、クリスマスらしい華やかさを演出しています。

〈クリスマス・パフェ TO GO〉。「デュオ・パフェTO GO」(好きな2種類)3300円。「トリオ・パフェ TO GO」(全3種類)4500円。要予約。
〈クリスマス・パフェ TO GO〉。「デュオ・パフェTO GO」(好きな2種類)3300円。「トリオ・パフェ TO GO」(全3種類)4500円。要予約。

〈ストリングスホテル東京インターコンチネンタル〉のカフェ〈リュトモス〉で大人気の〈ストリングス・パフェ〉。それがこの季節、テイクアウトできるようになりました。選べるフレーバーは3つ。苺とピスタチオの〈フレーズ〉。ミルクチョコレートにオレンジやパッションフルーツ、マンゴーを合わせた〈ショコラ〉。希少な樅の木の蜂蜜“ミエル・ド・サパン”を使ったジュレとラズベリー、ライチやホワイトチョコレートのムースなどをペアリングした〈サパン〉。どれも、見た目の美しさはもちろん、口溶けや食感、味のバランスなど細部に至るまで、綿密に計算され尽くされたパフェです。

シュトーレン3000円(約20cm)
シュトーレン3000円(約20cm)

クリスマスが来るまでに、少しずつ切り分けて食べる〈シュトーレン〉は、ドイツの伝統的なパン菓子です。じっくりと漬け込んだドライフルーツの風味としっとりとした生地の美味しさが後を引きます。日が経つほどに熟成が進み、美味しさが増すシュトーレン。クリスマスまでに食べ切ってしまわないようご注意!

ディナーを彩る美味しいテイクアウトも充実!

〈パテ・アン・クルート〉1本(4〜5人分)4500円。2スライス1800円。共に要予約。
〈パテ・アン・クルート〉1本(4〜5人分)4500円。2スライス1800円。共に要予約。

ホリデーシーズンのディーナーテーブルをゴージャスに演出したい時にぴったりなのが、〈パテ・アン・クルート〉。パテやお肉をパイ生地で包んで焼いた、フランス・リヨンの伝統料理です。リヨンのパテ・アン・クルート大会で1位を獲得したこともあるスーシェフと、オリヴィエ・ロドリゲス総料理長の渾身の逸品。フォアグラやポルトワインのジュレなどを贅沢に使った滋味深いファルス(詰め物)とサクッサクのパイ生地のハーモニーは最高。ワインとの相性も抜群です。

〈キャビア&貝類のコンソメジュレ&カリフラワーのクーリ〉50g缶3500円。
〈キャビア&貝類のコンソメジュレ&カリフラワーのクーリ〉50g缶3500円。

貝類の旨味あふれるコンソメジュレを底に敷き、その上にカリフラワーのクリームとたっぷりのキャビアを組み合わせた贅沢な一品。オリヴィエ・ロドリゲス総料理長のスペシャリテもテイクアウトで楽しめます。大人のクリスマス・ディナーにふさわしい、リュクスなキャビアはぜひシャンパーニュと!

〈アンティパストセット〉6種類盛り合わせセット(2〜3人分)2000円。要予約。
〈アンティパストセット〉6種類盛り合わせセット(2〜3人分)2000円。要予約。

ホテルメイドの前菜も、手頃なお値段でテイクアウトできます。合鴨ローストとプラムの赤ワイン煮、ローズマリーのケークサクレ、サラミ、サーモンのマリネとオレンジ、カプレーゼ、人参のパンナコッタという6種類の前菜が詰め合わせになったセットは彩りも鮮やか。

〈パテ・アン・クルート〉1本セット(4〜5人分)4500円。
〈パテ・アン・クルート〉1本セット(4〜5人分)4500円。

パテ・アン・クルートを1本買うと、付け合わせやピクルス、パテと相性の良いジャムがセットに。もうこれだけで、素敵なクリスマス・ディナーは約束されたようなものですね。

〈ストリングスホテル東京インターコンチネンタル〉

開業16年目を迎えた昨年、全館の改修工事を終えてリニューアルオープンした〈ストリングスホテル東京インターコンチネンタル〉。飲食部門もパワーアップされ、品川の新たなグルメスポットとして注目を集めています。今年はホテル初のクリスマスケーキ&ホリデーテイクアウトもスタート。そのクオリティの高さが、今年のフェスティブシーズンを華やかに演出してくれるはず。現在予約が殺到している、ピエール・エルメ・パリとの初のコラボレーション「アフタヌーンティーbyピエール・エルメ・パリ」も、クリスマスバージョン「ノエル・アフタヌーンティーbyピエール・エルメ・パリ」が登場。こちらも見逃せません。

■東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー
■03-5783-1111(大代表)
■予約期間/11月2日10:00〜
 引き渡し/12月4日〜12月25日13:00〜20:30
 26階イタリアングリル「メロディア」にて引き渡し
■予約・問い合わせ/03-5783-1258(レストラン予約直通)
 もしくは公式サイト
https://intercontinental-strings.jp/jp/offers
■引き渡し日の3日前までに要予約

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR