自由が丘〈ニショク〉

レモンサワー×揚げ物で乾杯! 新スタイルの居酒屋〈ニショク〉が自由が丘に誕生!軽く1杯でもしっかり食事でも、そしてテイクアウトも。 Learn 2020.10.29

神宮前の人気トラットリア〈ドゥエ・コローリ〉が自由が丘に移転。イタリアンのシェフが手がける、イートインとテイクアウトを併設した居酒屋に生まれ変わりました。美味しい料理はもちろん、ここでしか飲めないオリジナルのレモンサワーとハイボールにも注目です!

自由が丘〈ニショク〉

自由が丘駅南口からすぐの好立地にオープンした〈ニショク〉。ピンクと紫色のサインと「揚」の文字が大きく書かれたライトが目を引きます。店名は、移転前のトラットリア〈ドゥエ・コローリ=2つの色〉を引き継ぐもの。同時に、イートインとテイクアウトという2つの業態を併設していることも表しています。

自由が丘〈ニショク〉

入り口を入ってすぐ左手は立ち飲みスペース。その奥は、キッチンと一体型のカウンター席。シルバーが基調の、ソリッドで洗練された雰囲気です。料理や飲み物が次々と作られていくのを目の前で見られるこの席は、ライブ感満載の特等席!一人飲みにもぴったりです。

自由が丘〈ニショク〉

カウンターとテーブル席の2階は、落ち着いた雰囲気。1階とはまたガラリと変わったイメージで、ゆっくりと食事を楽しむことができます。1階と2階のカラーが違うのも、“ニショク=2色”のこだわりです。

本日のおまかせ揚げ物盛り7種1200円。左下から時計回りに、和牛100%メンチカツ、ゼッポリーニ、舞茸、茄子、南瓜、ハムカツ、タラのフリット。(5種900円、10種1500円)
本日のおまかせ揚げ物盛り7種1200円。左下から時計回りに、和牛100%メンチカツ、ゼッポリーニ、舞茸、茄子、南瓜、ハムカツ、タラのフリット。(5種900円、10種1500円)

数ある魅力的な〈ニショク〉のメニューの中でも、まず注文したいのが〈本日のおまかせ揚げ物盛り〉。野菜や肉、魚介など、料理長が目利きして選んだ食材のフライやフリットを盛り合わせにした一皿です。食材はもちろんのこと、パン粉や衣にも徹底的にこだわった揚げ物は、驚くほどの美味しさ。サクッとしたフライやモチっとしたフリットの揚げたての熱々が、レモンサワーによく合います。

牛ハツとパクチーのヤム風サラダ800円
牛ハツとパクチーのヤム風サラダ800円

鮮度抜群の牛ハツは、タタキにしてから焼いた部分をトリミング。レアに近い状態を細切りにして、パクチー、赤玉ねぎ、きゅうり、セロリ、ガルム(魚醤)とレモン・ヴィネグレットであえます。エスニックテイストのこのサラダにも、レモンサワーがよく合います。

レア!レバニラ850円
レア!レバニラ850円

オリジナリティあふれる発想とセンスで、居酒屋のイメージを遥かに凌駕する〈ニショク〉の料理。今までのレバニラ炒めの概念を覆す〈レア!レバニラ〉もそのひとつです。ハツ同様鮮度抜群の牛レバーを高温の油でサッと揚げて、ニラ、胡麻、長ねぎ、生姜、胡麻油、醤油などで作ったタレをかけまわします。レアでジューシーなレバーとタレの相性は完璧。他では決して味わうことができない、〈ニショク〉ならではの絶品レバニラです。

右から・にごりレモンサワー600円、生搾り!瀬戸田レモンサワー600円、ハーブハイボール600円
右から・にごりレモンサワー600円、生搾り!瀬戸田レモンサワー600円、ハーブハイボール600円

〈ニショク〉が力を入れているドリンクがサワーとハイボール。自由が丘を中心に国産レモンの広報活動を行っている“レモンザムライ”こと 鈴木慶洋さんとコラボした『今月のレモンサワー』は月替り。毎月異なるフレーバーのサワーが登場します。

他にもレモンチェッロ風のにごりレモンサワーなど常時12種類のサワーがオンメニュー。ハイボールも10種類以上あり、ハーブやスパイスをウイスキーに漬け込んだオリジナルのハーブハイボールやスパイスハイボールが美味です。

じゃがいもといんげんのジェノベーゼ900円
じゃがいもといんげんのジェノベーゼ900円

〈ニショク〉のもうひとつの柱がテイクアウト。テイクアウトはパスタとフリットに特化しています。パスタは浅草の老舗製麺所、浅草開化楼が開発した低加水パスタフレスカを使用。もちもちしていてのびにくいのが特徴の麺は、時間が経ってもアルデンテのままなのでテイクアウトにはぴったり。選べるソースは10種類。注文を受けてから作るので、できるまでの間立ち飲みで1杯。出来上がったらそれを持って、近くの九品仏川緑道でランチがオススメ!

〈ニショク〉

神宮前のトラットリア〈ドゥエ・コローリ〉が自由が丘に移転。シェフが手がけるディテールにまでこだわった料理と、オリジナルのサワーやハイボールが楽しめる、新しいスタイルの居酒屋に生まれ変わりました。立ち飲み、カウンター、テーブル席があり、様々なシチュエーションに応じて使い分けることができます。店内メニューはバラエティ豊かなラインナップ、テイクアウトはパスタとフリットというイタリアン路線。店名通り2タイプの業態を備えたお店は、自由が丘の新名所として見逃せません。

■東京都世田谷区奥沢5-28-15 昇栄ビル1F
■03-5755-5064
■ランチ11:30〜14:30LO
ディナー17:00〜23:00LO
土日祝11:30〜23:00LO(ランチ14:30LO)
■無休
■1Fカウンター8席 立ち飲みスペース
 2Fカウンター10席 テーブル20席
■全席禁煙 

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR