右・東京ホワイト(レギュラー700円、ラージ900円)左・馨和(かぐあ)ルージュ(レギュラー900円、ラージ1100円)。写真は共にレギュラーサイズ。香りを楽しめるよう、ビールはすべて一番合った形のワイングラスで提供されます。

美味しいクラフトビールならここ。 東京・五反田に直営店オープン!日本を代表するクラフトビールメーカー〈Far Yeast Brewing〉を体験しよう。 Learn 2020.10.26

食事との相性が抜群で、奥深い味と香りが世界的にも人気のクラフトビールを作っている〈Far Yeast Brewing〉。その直営店が渋谷から五反田に移転し、ブルワリーを併設した新店舗としてオープンしました。オリジナリティあふれるビールと、それにぴったりな料理の数々が待っています!

広くゆったりとした店内。テラス席も30席あります。
広くゆったりとした店内。テラス席も30席あります。

再開発ですっかりお洒落な空間に生まれ変わった、五反田から大崎広小路にかけての東急池上線高架下。そこに誕生したのが、〈Far Yeast Tokyo Brewery & Grill〉です。渋谷にあった小さな直営店が移転。ガラス張りの広々としてスタイリッシュな空間に、生まれ変わりました。

店内にあるビール醸造所
店内にあるビール醸造所

店内にはブルワリーも併設。まだ準備中ですが、2021年1月頃には稼働開始を見込んでいます。ここでは、定番とは違ったビールをいろいろと実験的に少量ずつ作るそうで、店内限定ビールも提供される予定です。ここでしか飲めない、文字通りのマイクロブルワリー・クラフトビール。どんな味が登場するかワクワクします。

右・東京ホワイト(レギュラー700円、ラージ900円)左・馨和(かぐあ)ルージュ(レギュラー900円、ラージ1100円)。写真は共にレギュラーサイズ。香りを楽しめるよう、ビールはすべて一番合った形のワイングラスで提供されます。
右・東京ホワイト(レギュラー700円、ラージ900円)左・馨和(かぐあ)ルージュ(レギュラー900円、ラージ1100円)。写真は共にレギュラーサイズ。香りを楽しめるよう、ビールはすべて一番合った形のワイングラスで提供されます。

写真左の〈馨和ルージュ〉は、〈Far Yeast Brewing〉が最初に作ったクラフトビール。『ハイエンドな和食に合う、食中酒として楽しめるビール』をコンセプトに作られました。フルボディのストロングエールで。香りづけには柚子と山椒が使われています。右は〈東京ホワイト〉。マスカットのような香りがある、フルーティーですっきりとしたビールです。

フライドポテト ビーフ・ハラペーニョ800円
フライドポテト ビーフ・ハラペーニョ800円

移転に伴い、食事メニューも大幅に増えました。「ビールと相性のいいグリル料理をメインに、〈Far Yeast Brewing〉のビールに合うようなメニューをラインナップしています」と、シェフの富田浩嗣さん。ビールのお供には欠かせないフライドポテトには、牛スジ肉や牛スネ肉を柔らかく煮込んだものとハラペーニョをのせて。ライムを絞ればメキシカン・テイストに変身!

ガーリックシュリンプと旬野菜のサラダ1300円
ガーリックシュリンプと旬野菜のサラダ1300円

ガーリックをきかせた海老のソテーにビールが進みます。リーフサラダに季節で変わる旬の野菜のグリルも加えた、ボリューミーで満足度の高い食事サラダです。

KAGUAのためのフライドチキン400円(1本)
KAGUAのためのフライドチキン400円(1本)

骨を抜いた手羽先を、カリッとジューシーに揚げたフライドチキン。黒七味と柚子皮がたっぷりかかっています。「香りづけに柚子と山椒を使った〈馨和 KAGUA〉。それと一緒に楽しむためのフライドチキンを考案しました」と冨田シェフ。骨がないので食べやすく、手が汚れないのも嬉しいですね。

オーストラリア産 バベットステーキ(カイノミ)1800円
オーストラリア産 バベットステーキ(カイノミ)1800円

バベットは、カイノミと呼ばれる希少な部位。
適度に脂がある赤身を、柔らかくジューシーに焼き上げています。肉にしっかりとした味があるので、塩と胡椒でシンプルに。噛み締めるほどに、深い旨味が口中に広がります。付け合わせのグリル野菜も美味!

代表取締役の山田司朗さん(左)とシェフの富田浩嗣さん。
代表取締役の山田司朗さん(左)とシェフの富田浩嗣さん。

ヨーロッパでマイクロブルワリーに出会い、工業製品ではないビールを日本でも作りたいと思ったのが〈Far Yeast Brewing〉設立のきっかけだったと、代表の山田司朗さん。多摩川の源流がある山梨県小菅村で醸造所がスタートしたのは2017年。空気と水がきれいでヨーロッパのように冷涼な気候の小菅村は、〈Far Yeast Brewing〉のビール作りには最適な土地だと言います。
「微生物を使って樽でしこむ、近代ビールからはちょっと離れたビールももっと作っていきたいと思っています。〈Far Yeast Brewing〉ならではの、複雑な味と香りの世界を楽しんでいただければ嬉しいです」。

〈Far Yeast Tokyo Brewery & Grill〉

日本発のオリジナリティあふれるクラフトビールを世界中に発信している〈Far Yeast Brewing〉。その直営店が、渋谷から五反田に移転オープンしました。旧店舗の5倍以上の規模になり、醸造所も併設された新しい店では、東京ホワイト、東京ブロンド、東京IPA、馨和セゾン、馨和ルージュ、馨和ブランといった〈Far Yeast Brewing〉のレギュラービールや限定ビール、国内外のゲストビールが樽生で提供されます。充実した食事メニューも魅力。ビールの奥深い世界を体験しに行きましょう。

■東京都品川区西五反田1-15-6
■03-6420-3978
■ランチ11:30〜15:00
ディナー17:00〜23:00
■無休
■店内75席 テラス30席 禁煙 

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR