HEAVENLY Island Lifestyle ワイキキ 代官山

日本でハワイをたのしもう。 ワイキキで大人気のカフェ〈HEAVENLY Island Lifestyle〉が日本初上陸!代官山でハワイ気分を堪能。 Learn 2020.08.11

イート・ローカル&イート・ヘルシーを提唱するワイキキのオールデイ・ダイニング〈HEAVENLY Island Lifestyle〉が代官山に登場。本店そのままのアイランド・スタイルとナチュラルでヘルシーな料理で、心も体もハッピーに!

HEAVENLY Island Lifestyle 代官山1

ワイキキの中心にある〈HEAVENLY Island Lifestyle〉は、世界最大の口コミサイトYelpのベスト・ブレックファーストで常に高評価を得ている名店。ロコ人気はもちろん、ハワイに遊びに行った時には、必ず訪れるという人も多いレストランです。

HEAVENLY Island Lifestyle ワイキキ2 代官山

その日本初店舗が、代官山の八幡通り沿いに登場。広々とした個室は、ゆったりとしたラウンジ風。店内はサーフシックな雰囲気の落ち着いた空間です。ウッドデッキにはテラス席もあります。

「ビッグアイランド ハニー・フレンチトースト」1680円。プラス300円で、ハワイアンフルーツやミックスベリーなどの追加トッピングができます。
「ビッグアイランド ハニー・フレンチトースト」1680円。プラス300円で、ハワイアンフルーツやミックスベリーなどの追加トッピングができます。

ハワイといえばおいしい朝ごはんですが、代官山店では本店同様、一部のブレックファーストメニューを終日食べられるのが特徴。まずは、みんな大好き「ビッグアイランド ハニー・フレンチトースト」を。焼き立てのパンに、こだわり玉子で作った濃厚なアパレイユ(卵液)をたっぷりと染み込ませたフワフワのフレンチトーストは、いつ食べても幸せな気持ちになります。

「ヘブンリーズ エッグ・ベネディクト」1580円。カルアピック、オーガニックトマト&フレッシュアボカド、ポークベリー、サーモン&有機ほうれん草の4種類からチョイス。
「ヘブンリーズ エッグ・ベネディクト」1580円。カルアピック、オーガニックトマト&フレッシュアボカド、ポークベリー、サーモン&有機ほうれん草の4種類からチョイス。

エッグ・ベネディクトも、ハワイの朝食の定番。「ヘブンリーズ エッグ・ベネディクト」は、隠し味にリリコイバター(パッションフルーツ・バター)を使ったオリジナルのオランデーズソースが爽やかです。トッピングは4種類から選べて、紫芋の大学芋とケールサラダが添えられています。

「ププス・ボード(3種盛り)」1490円。マグロのオーガニック・ジンジャーポキ、バッファロー・チキンウイング、フレッシュアボカドのワカモレ。5種盛りは2490円。
「ププス・ボード(3種盛り)」1490円。マグロのオーガニック・ジンジャーポキ、バッファロー・チキンウイング、フレッシュアボカドのワカモレ。5種盛りは2490円。

ハワイではおつまみのことを「ププ」と呼びます。メニューには、お酒に合うププがたくさんありますが、迷ったら、ワイキキの本店で人気のププスを盛り合わせた、「ププス・ボード」を。誰もが頼む「マグロのオーガニック・ジンジャーポキ」をはじめ、おいしいものがちょっとずつ!

「カウアイ・ガーリックシュリンプ」1200円。ケールサラダとグリルローカルコーン添え。
「カウアイ・ガーリックシュリンプ」1200円。ケールサラダとグリルローカルコーン添え。

ハワイの定番料理「ガーリックシュリンプ」も、もちろんオンメニュー。カリカリのニンニクをたっぷりとまとった、大振りで身が締まった海老は食べ応え抜群。香ばしくてクリスピーな皮までおいしいから、手掴みでわしわしと食べるのがおすすめ!

「グリーン・コブサラダ フレッシュケールドレッシング」1090円
「グリーン・コブサラダ フレッシュケールドレッシング」1090円

「グリーン・コブサラダ」は、緑の野菜だけのコブサラダ。山盛りのケールに、グリーンアスパラガス、アボカド、インゲンが添えられています。フレッシュケールドレッシングとよく混ぜて食べれば、体の中が浄化されたような気分になれますよ。

「オーガニック・ジンジャーポークソテー」1790円。
「オーガニック・ジンジャーポークソテー」1790円。

ハワイアンスタイルの豚の生姜焼き「オーガニック・ジンジャーポークソテー」は、本店でも大人気のメニュー。代官山店では、濃い旨味が特徴の“もち豚”を使用。オーガニックジンジャーと甘みの強い淡路島の玉ねぎを合わせた、ここでしか味わえない生姜焼きです。

コナビール各890円
コナビール各890円

ハワイの料理にはハワイのクラフトビール「コナビール」がベストマッチ。ビッグウェーブ、ロングボード、ファイアーロック、ハナレイの4種類から選べます。ビオやオーガニックが揃ったワインリストもなかなの充実ぶり。スムージー・サングリアやモヒート、クラシックなトロピカルカクテルもあり、バーとして利用するのも良さそうです。

「ミックスベリーボウル」1200円。
「ミックスベリーボウル」1200円。

ハワイといえばアサイーボウル、アサイーボウルといえばハワイ。朝食のイメージが強いけれど、〈HEAVENLY Island Lifestyle〉でなら、どんな時間帯でも楽しめます。お酒を飲んだらシメにアサイーボウル。スーパーフードで免疫力もアップしそうです。

〈HEAVENLY Island Lifestyle〉
ワイキキの中心にある人気カフェが、日本初上陸。朝食からディナーまで1日中楽しめるオールデイ・ダイニングとして、使い勝手も抜群のお店が誕生しました。本店の雰囲気そのままの店内や忠実に再現されたメニューはまさにハワイ。大好きなハワイにもしばらく行けなさそうな今日この頃ですが、代官山に行ってハワイ気分を満喫しましょう。

■東京都渋谷区猿楽町24-7 代官山プラザ2F
■03-6416-9385
■ブレックファースト7:30〜11:00
ランチ11:00〜17:00
ディナー17:00〜22:00LO
■不定休
■店内72席 テラス24席 禁煙 

※価格や営業時間は、予告なく変更の可能性があります。来店の際は、店舗までお問い合わせを。

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR