ハイボールスタジオ

“Tastemade風”動画も作れちゃう、クラフトハイボールの店が期間限定オープン。 北村一輝も登壇!〈ハイボールスタジオ〉オープニングイベントが楽しすぎました。 Learn 2017.09.08

9月24日(日)までの期間限定で、〈ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ〉が六本木ヒルズに出現。世界No.1のスコッチウイスキー「ジョニーウォーカーブラックラベル 12年」にスパイスなどの副材料を合わせることで、自分好みのハイボールを見つける“クラフト体験”を楽しめます。さらに動画メディア〈Tastemade〉とのコラボにより、オリジナル動画も作れちゃう!
オープニングイベントでは、スペシャルゲストとして俳優の北村一輝さんが登場。ウイスキーの飲み方や思い出について語りました。

「ウイスキーは、“大人の男”に憧れて飲んだお酒」

北村一輝

〈ジョニーウォーカー〉の発祥地・スコットランドにちなんだ、ブリティッシュな雰囲気のスーツ姿で登場した北村一輝さん。
「似合っているかはさておきまして…」と謙遜されていましたが……、いやいや超似合ってます!!(鼻血)

北村一輝

「ウイスキーは大人のお酒」というイメージがあり、自身が初めてきちんと飲んだのは30歳前後だったそう。

「20代後半くらいから、ウイスキーを嗜める大人になりたいという願望が湧いてきました。最初は水割りやハイボールで。どのお酒もそうですが、味に慣れないなかで、経験しながら徐々においしさがわかってくるように」

今では、最も飲むお酒になったといいます。

北村一輝

ウイスキーの苦味になぞらえて、“苦い経験”についても話してくれた北村さん。

「苦い経験というのは、後々すごく良い経験になります。そのときは苦いと感じるし、それこそお酒に助けられたりもしますが、その時間もいい思い出になって。立ち向かっていくことで成長もある」

50歳を前に、「テレビも自由がきかなくなってきた。世の中的にもそういう風潮があるけれど、そんな時代だからこそ挑戦していきたい」と、意気込みました。

……それにしてもいい声(ウットリ)。

世界一のバーテンダーが作るクラフトハイボール

金子道人

その後は、世界一のバーテンダーを決める大会で優勝した経験を持つ、金子道人さんが登場。ハイボール作りを披露しました。

飲み口の3/4にレモンを塗り、英国産ソルト、ピンクペッパー、シナモンをつけて、それぞれの味の変化を楽しむとのこと!

ウイスキーと水は1:3。混ぜすぎない方がいいので、グラスの底をノックするように優しく混ぜるのがポイント。

北村一輝

「昼から飲ませていただくなんて、こんなに嬉しい話はない(笑)」と、北村さんもさっそく味見。

“スモーキーさ”“フルーティーさ”“ウッディさ”をそれぞれ引き出すフレーバーを感じ、「すごくいい飲み方を教えていただいた」と、クラフトハイボールを気に入った様子でした。

北村一輝

「(バーで)お酒を頼むときにシナモンをもらって、手に付けて舐めるのかと思いきや、グラスの縁に付けて飲んだりすると、周りの人は『何だろう?』って思うじゃないですか。『ちょっとやってみる?』なんて会話のきっかけになったり」
と、実演。

か、かっこええーーー!!なにそれ、どこのバーに行ったら会えますか!

ハイボールのクラフト体験を“Tastemade風”動画でより楽しむ!

大興奮のままトークセッションは終了。
今度は、実際にハイボールのクラフト体験をさせていただきました!

ハイボールスタジオ

「ジョニーウォーカー クラフトハイボール」(500円)は、「ジョニーウォーカーブラックラベル 12年」の持つ“スモーキーさ”“フルーティーさ”“ウッディさ”をより引き出す副材料を、オーダーの際に以下から選びます。

●スモーキーさ……英国産ソルト
●フルーティーさ……ピンクペッパー、シュガー、チョコレートクッキー、ココナッツロング
●ウッディさ……シナモン、セサミシュガー、スターアニス、キャラメルアーモンド

ハイボールスタジオ

各テイストから1種類ずつ選んだら、ハイボール用のセットをテーブルに配置。

ハイボールスタジオ

ハイボールを作る様子を俯瞰できるように、スマホを取り付ける装置にセッティングします。

ハイボールスタジオ

金子さん指導のもと、ハイボール作りをしていきました。

ハイボールスタジオ

完成!
スマホで撮影した動画を指定のURLから送信すると、編集して“Tastemade風”の動画にしてくれます。

わー!!「By kurimoto」って出てるー!
最初の方はアリ素材ですが、0:17くらいから、真俯瞰で作業しているのは私の手です……!
ちょっとモタモタしていたのに、すごい本物っぽい!感激です。
(SNSでシェアしたくなるやつコレ)

ハイボールスタジオ

実は私、若い頃はウイスキーがあまり得意ではなかったのですが、今回のイベントを通してウイスキーのおいしさに開眼しました!

ウイスキーって大人のお酒ですね、北村さん♡

ハイボールに合うナッツやBean To Barのチョコレートも

ハイボールスタジオ

会場では、〈nuts tokyo〉のナッツ(300円)や、

ハイボールスタジオ

〈ダンデライオン・チョコレート〉のチョコ(1200円)も販売。

ハイボールとのペアリングも楽しんでみては?

ハイボールスタジオ

【ジョニーウォーカー ハイボールスタジオ】〈ヒルズ カフェ(六本木ヒルズ内)〉

■東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド2F
■0120-111-560(キリンビール お客様相談室)
■9月7日(木)〜24日(日)
■17:00〜23:00(22:30LO)、土日祝12:00〜
http://www.kirin.co.jp/

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR