n_MG_4244_170714atari

【夏の東京特集】 花火アクアリウムに人気VRアトラクションの東京進出…今行きたいインドア施設はどれ? Learn 2017.08.19

『夏を涼しむ東京ガイド。』「クールに夏を謳歌する!「ハコモノ」ワンダーランド。」「人気のVRスポットで最先端テクノロジーを体感!」よりお届け。水族館の夏イベントに人気VRアトラクションの東京進出…夏こそ行きたいインドア施設のホットな情報をチェック!

水族館に博物館、宇宙体験スポット…充実のインドア施設へ。(p16〜19掲載)

78A6671_170714atari

壁と天井が鏡面になった展示ゾーンではゆらゆら漂うクラゲたちと“花火”が融合。

約350種2万点もの生きものと音・光・映像が融合する、エンターテインメント性あふれる水族館〈アクアパーク品川〉では、「花火アクアリウム by NAKED」を開催中。映像や音響によるデジタルで表現した「花火」と海の生きものが華やかなコラボを展開している。

MG_4244_170714atari

光の中を舞うイルカの美しさにうっとり。

最大の見どころは、夜のドルフィンパフォーマンス「星花火〜スターマイン〜」。ウォーターカーテンや壁面にプロジェクションマッピングで作り上げる「光の花火」の中で、イルカたちが躍動感あふれるパフォーマンスを繰り広げる。

78A6638_170714atari

発光サンゴの水槽のあるバー空間。

左から「フレーバー キリン一番搾りフローズン(生)~花火~」(700円)、「HaNaBi スカッシュ(ノンアルコール)」(500円)
左から「フレーバー キリン一番搾りフローズン(生)~花火~」(700円)、「HaNaBi スカッシュ(ノンアルコール)」(500円)

「花火アクアリウム」オリジナルドリンク。

非日常感あふれる幻想的な世界に、品川駅から徒歩2分でたどりつけるのも魅力。大人だって思い切りはしゃごう!

〈アクアパーク品川〉
10月1日まで期間限定で「花火アクアリウム by NAKED」開催。
■東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内) 
■TEL 03-5421-1111(音声ガイダンス)
■10:00(8月11~15日8:30、8月10日、16~31日9:00)~22:00 無休 
■2,200円(大人、税込)

人気テーマパークの東京進出に、宇宙×コミュニケーション…都内のVRスポットをご紹介!(p20〜21掲載)

s_IMG_1295

日本でいち早く、多くのVRコンテンツを採用したテーマパーク〈ハウステンボス〉。そこで人気のアトラクションが東京でも体験できるということで、VR初体験の尼神インターと〈シブヤVRランド〉へ。

尼神インター(あまこういんたー)/神戸市出身の誠子(左)と尼崎市出身の渚(右)のお笑いコンビ。誠子のぶりっ子芸と渚のヤンキーキャラに人気急上昇。

IMG_1360

誠子「うわうわうわ!一気に上がる!これはヤバい」

まずは一番人気の絶叫系「ウルトラ逆バンジー」を体験。高層ビルの間にそびえたつ巨大な逆バンジーで大気圏まで舞い上がるスリル満点のコンテンツ。

457c4479c9f174cb742b172c4f705cf6

鉄塔の真上からは360度で街が見渡せる。

3877585a0fee5d82b9b7610e71e52fb8

バンジーはあっという間に大気圏へ。

IMG_1369

誠子「めっちゃ高っ!地球、飛び出してもうてるやん!」揺れも浮遊感もリアルなVRに「怖っ!」と叫びまくる2人。

IMG_13961

渚「終わってもまだ飛んでる感じするわ」誠子「ああ〜叫びすぎて喉カラカラ」

〈シブヤVRランド BY ハウステンボス〉
尼神インターの2人に体験してもらった恋愛シミュレーションVR「迫りくる愛のささやき」、ホラーアトラクション「VR心霊百物語〜廃病院〜」以外にもシューティングゲーム「BLAST×BLAST」やリズム感が試される音楽体感VR「エアトーン」など計5つのアトラクションを用意。内容は定期的に変わる予定。60分遊び放題2,200円(対象年齢8歳以上、一部13歳以上)。
■東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷MODI B1 
■TEL 0570-064-110
■11:00~21:00 
■8月23日ほか不定休

『夏を涼しむ東京ガイド。』特集では、インドア施設をその他多数ご紹介しています!

b0d1d7ec785e88689620ba418557e514

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR