中目黒 the GARDEN

ゆったりとした時間が過ごせる、ユニークなスペースに注目。 中目黒に新名所が誕生!ナチュラルで開放的な複合施設〈the GARDEN〉、注目スポットになること間違いなし。 Learn 2019.10.17

お洒落なレストランやカフェと、昔ながらの商店が混在する目黒銀座商店街。その中ほどに10月7日、リストランテ、トラットリア、ワインショップ、ブックショップ、グリーンショップが集まった、〈the GARDEN〉がオープン。人気スポットになること間違いなしの新名所をご紹介します。

中目黒に魅力的な新名所〈the GARDEN〉が誕生!

中目黒 the GARDEN

多種多彩な植物が配置された広いテラスが目を引く〈the GARDEN〉のエントランス。グリーンは、京都祇園エルメスのランドスケープデザインをはじめ、個性的でハイセンスな空間・環境装飾を数多く手がける〈MAESTRO〉です。店内に入ると、店舗を持たないことで知られる〈MAESTRO〉の初店舗になるグリーンショップ〈quartetto〉が出迎えてくれます。

中目黒 the GARDEN

1階左手の壁は、全面が書架になっています。こちらはブックディレクターBACH幅允孝氏が手がける書店〈書房 石〉です。コンセプトは、未来永劫に読み継がれる骨太で読み応えのある“堅い本”。5年後も10年後も読める硬く骨のある書籍や雑誌が約1,000種類、取り揃えられています。

大山鶏の温かいガランティーヌ1,200円(税別)。〈trattoria in the GARDEN〉のメニューから。
大山鶏の温かいガランティーヌ1,200円(税別)。〈trattoria in the GARDEN〉のメニューから。

書架の前のスペースは〈trattoria in the GARDEN〉。〈サバティーニ〉〈ダノイ〉〈フェリチタ〉など数々の名店で腕を磨いてきた武笠裕一シェフがプロデュースする、気軽に立ち寄れるトラットリアです。グリーンに囲まれたテラス席、本に囲まれた店内席、スタイリッシュなカウンター席があり、ランチ、カフェタイム、ディナーといろいろな楽しみ方ができます。

ランチセットの一例。手前の前菜盛り合わせがなくパスタかパニーニを選ぶセットが1,000円。前菜付きでパスタかパニーニを選ぶセットが1,500円(共に税別)。
ランチセットの一例。手前の前菜盛り合わせがなくパスタかパニーニを選ぶセットが1,000円。前菜付きでパスタかパニーニを選ぶセットが1,500円(共に税別)。

〈trattoria in the GARDEN〉のメニューには、イタリア全土から厳選された伝統料理が並びます。ランチタイムは、セットメニューが2種類。パスタかパニーニにスープとドリンクがついたものが1,000円、それに前菜盛り合わせがついたものが1,500円です(共に税別)。前菜盛り合わせ(内容は日替わり)は松坂豚のパテや鶏肉のガランティーヌ、秋鮭のマリネとハーブのサラダなど本格的なラインナップ。具がたっぷり入ったパニーニも旨味あふれるパスタも魅力的で、選ぶのに迷いそう!

中目黒 the GARDEN

トラットリアの中央には〈HIBANA NAKAMEGURO〉があります。こちらは、四谷荒木町の紹介制ワインバー〈HIBANA〉店主の永島農氏が初出店する自然派ワインショップ。アンティークの扉が印象的なセラーには、永島氏セレクトのワインが120種類ほど並んでいます。買って帰ることはもちろん、選んだワインを1本プラス2,000円で、トラットリアで飲むこともできます。

地下1階にはゴージャスなフルコースを堪能できるリストランテが。

中目黒 the GARDEN

1階奥の階段を降りると、そこは〈ristorante scintilla〉。ワインセラーの名前にもなっている、「火花」から立ち上る細い薄煙をイメージしたという、ブルーグレーが基調になったシックな大人の空間です。1階とはまったく雰囲気の異なるこのリストランテでは、武笠裕一シェフが腕を振るうコース料理が味わえます。

「水牛のリコッタチーズを詰めたマグロのラヴィオリ」
「水牛のリコッタチーズを詰めたマグロのラヴィオリ」

〈ristorante scintilla〉のコースは8品9,000円と9品13,000円の2種類。写真は武笠裕一シェフのシグネチャーディッシュ、「水牛のリコッタチーズを詰めたマグロのラヴィオリ」です。風干しして生ハムのようになったマグロをラヴィオリの皮にした、風味豊かな一品。水牛リコッタチーズとの相性も抜群です。

「香りを包み込んだトルテッリーニ」
「香りを包み込んだトルテッリーニ」

ポルチーニにベシャメルソースとパルミジャーノを合わせた詰め物を包み込んだトルテッリーニには、目の前でスライスしたトリュフをたっぷりとかけてくれます。ポルチーニの深い旨みと香りと、トリュフの芳香の相乗効果がたまりません。香りの余韻をいつまでも楽しんでいたい一品です。

〈the GARDEN〉1階には、陶芸家・滝上玄野氏の食器や花器や、リストランテで扱う食器やカトラリー、雑貨を販売する雑貨店〈home décor in the GARDEN〉も併設されています。

美味しいランチを食べながらおしゃべりを楽しむ、お気に入りの本を買ってカフェでゆっくり読書、グラスワインと一皿で気分転換。時にはゴージャスなフルコースを堪能したりと、気分に合わせて自在に利用できるスペースです。

〈the GARDEN〉

中目黒の目黒銀座商店街に10月7日オープンした、レストラン、ワインショップ、植物店、本屋、雑貨店の入る複合型店舗。テラスから店内まで植物にあふれた空間は居心地の良さも抜群。クリエイティブでお洒落な新名所には、人生を豊かにしてくれるものばかりが集まっています。
■東京都目黒区上目黒2-44-9 1F、B1F

〈trattoria in the GARDEN〉
■03-6452-4394
■ランチ 11:30〜14:00
カフェ 14:00〜18:00
ディナー 18:30〜23:00
不定休

〈ristorante scintilla〉
■03-6452-4395
■18:00〜23:00 日、月、祝休

〈quartetto〉
■03-6452-4381
■11:30〜20:00 不定休

〈書房 石〉
〈HIBANA NAKAMEGURO〉
〈home décor in the GARDEN〉
■11:30〜23:00 不定休

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR