221005_hanako_soyjoy-224

大豆なのにスイートポテトのようなおいしさ! わたなべ麻衣さんもお気に入り!この秋話題のヘルシーおやつ「SOYJOY サツマイモ」 Food 2022.10.27PR

小麦粉は使用せず、大豆を粉にして焼き上げた新しいタイプの栄養食品・SOYJOYから、秋にぴったりの新商品「SOYJOY サツマイモ」が登場。仕事に育児に忙しい、わたなべ麻衣さんも注目!わたなべさんと一緒に、商品の魅力に迫ります。(PR/大塚製薬)

スイーツのような満足感!サツマイモのおいしさを堪能できる「SOYJOY サツマイモ」

「SOYJOY サツマイモ」小売価格115円(税抜)
「SOYJOY サツマイモ」小売価格115円(税抜)

大豆を粉にした生地に、今ブームのサツマイモを使用。スイートポテトのようなサツマイモの風味と、濃厚でしっとりとした食感を再現しました。さらに、パパイヤやレーズン、オレンジなどの素材がごろっと入っているので食べ応えも抜群。まるごと大豆の栄養が摂れる上に、まるでスイーツのような味わいだから、健康を気にする人はもちろん、おいしく栄養を摂りたいという人の間食にぴったりです。

今回体験いただいたのは、モデル・タレントのわたなべ麻衣さん!

わたなべ・まい/タレント・モデル。インスタグラム(@mmaaiipp)のフォロワーは50万人を突破。女性誌を中心にモデルとして活躍するほか、朝の情報番組「ZIP!」ではリポーターを務めるなど活動の幅を広げる。2019年にはタレントのJOYさんと結婚し、第一子が誕生。
わたなべ・まい/タレント・モデル。インスタグラム(@mmaaiipp)のフォロワーは50万人を突破。女性誌を中心にモデルとして活躍するほか、朝の情報番組「ZIP!」ではリポーターを務めるなど活動の幅を広げる。2019年にはタレントのJOYさんと結婚し、第一子が誕生。

2020年に第一子を出産し、子育てに奮闘中だというわたなべさん。自分のためにじっくりごはんを食べる時間はあまりなく、ながら食べが多いとか。「子育ては体力勝負!時間がなくても、自炊などでしっかり栄養は摂るよう心がけています」(わたなべさん)。

サツマイモ感のあるパッケージもかわいくて、手に取りやすいですね」(わたなべさん)
サツマイモ感のあるパッケージもかわいくて、手に取りやすいですね」(わたなべさん)
「サツマイモを持ち歩くのは大変だけど、これならバックに入れて持ち歩きも出来ますね」(わたなべさん)。
「サツマイモを持ち歩くのは大変だけど、これならバックに入れて持ち歩きも出来ますね」(わたなべさん)。

今回の「SOYJOY サツマイモ」を一口食べるや否や「本当にスイーツみたい!」と驚きの様子。「袋を開けた瞬間にサツマイモの甘い香りがふんわりします。小麦粉を使わず大豆粉だけで焼き上げている生地はしっとりした食感で、大豆だけで出来ているとは思えない。果肉が入っていて酸味も効いているから、甘すぎないのもうれしいですね。健康食品って味は二の次だったりするけど、『SOYJOY サツマイモ』なら積極的に食べたいですし、健康は気になるけど甘いものが我慢できない女性にぜひおすすめしたいです」(わたなべさん)。

「SOYJOY サツマイモ」はおいしいだけじゃない!大豆の栄養たっぷりなんです

SOYJOYサツマイモ-図re

大豆には植物性タンパク質や大豆イソフラボン、不足しがちな食物繊維など、体にうれしい成分がぎっしり!SOYJOY1本でなんと大豆約35粒分を使用しています。そして、注目すべきは低GI(※)食品であること。ちなみに、気になる糖質量は1本10g 。スイーツのようなおいしさなのに、健康的なんです。

※GIとは「Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略。食品に含まれる糖質の吸収度合を示す値です。

忙しい仕事の合間や、気分転換したいときのスイーツタイムにぴったり!

パソコン作業中のおともに「SOYJOY サツマイモ」を。
パソコン作業中のおともに「SOYJOY サツマイモ」を。
片手で食べやすいサイズ感も魅力的。
片手で食べやすいサイズ感も魅力的。

仕事で忙しいと、小腹を満たすために偏ったものを食べてしまいがち。そんなときは、手軽に持ち運べて、さくっと大豆の栄養が摂れる「SOYJOY サツマイモ」の出番。スイーツ感覚で食べられるから、コーヒーとの相性もばっちりです。

せっかくだから「SOYJOY サツマイモ」は皿にのせて上品に。
せっかくだから「SOYJOY サツマイモ」は皿にのせて上品に。
果肉がよりスイーツ感をアップ。
果肉がよりスイーツ感をアップ。

午後にひと息つきたいときは、好きな飲み物と「SOYJOY サツマイモ」の組み合わせ。スイートポテトのような味わいなのに、ヘルシー。旬のサツマイモのスイーツがおいしく食べられて幸せな気持ちに。いいリフレッシュになって、1日の後半も頑張れるはず。

わたなべさんは「お出かけバッグにINして、移動中の小腹がすいたときにぱくり」

「子どもとお出かけしたときに公園とかで食べるのもGOOD」(わたなべさん)。
「子どもとお出かけしたときに公園とかで食べるのもGOOD」(わたなべさん)。

「仕事のときは食べる時間があまりないので、バッグに忍ばせて。お弁当ってほどではないけど、小腹は空いているときにうってつけですよね。次の現場に移動中のときにさくっと食べられたらうれしいです。『SOYJOY』はコンパクトなのに満足感がありますよね。あと、手が汚れるものは食べるのを躊躇しがちだけど、これは汚れないので助かります」(わたなべさん)。

「SOYJOY サツマイモ」をいますぐチェック!

わたなべ麻衣さんもお気に入り!この秋話題のヘルシーおやつ「SOYJOY サツマイモ」

わたなべさんも太鼓判の「SOYJOY サツマイモ」は、スイートポテトのような味わいなのに小麦粉は使っておらず、大豆の栄養をまるごと摂れる。さらに、低GI食品などいいことづくめ。この秋は「SOYJOY サツマイモ」でおいしくて楽しいヘルシーライフを送ってみては?

ワンピース 30,800円(マーラカランコエ | パサンド バイ ヌキテパ■03-6427-9945)photo:Masanori Wada styling:Haruna Aka hair&make:Sayoko Yoshizaki(io) table styling:Ami Kanno model:Mai Watanabe

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR