きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」
2022.10.05

さあ、行くわよ? きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」第37回〜『沖縄の海を赤く染めたわよ』〜

きゃりーぱみゅぱみゅが「大人なLADY」を目指す日々を綴る連載。おかげさまで、話題沸騰です。第37回は「新たな傷」のお話。

『沖縄の海を赤く染めたわよ』

皆さま、ごきげんよう。海ではしゃいでいたら左足をざっくり切ってしまった、きゃりーぱみゅぱみゅです。あたり一面が血の海になりました。マジモンのホラーです。

きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」

その日、私はスタッフさんたちと軽い打ち上げをしていました。

現場は沖縄。デビュー10周年ツアーのファイナル公演をした場所です。それを無事に終えることができた私たちは、全国30カ所を回りきった達成感に浸りつつ、海辺でBBQを楽しんでいました。

コロナ対策という意味合いもあっての屋外なんですけど、ただ、7月終盤の沖縄の太陽は強烈です。しかも足元にはBBQの火が…。上下から容赦なく炙られた私は、暑くて暑くて我慢ができなくなって、一人でトイレに向かいました。

実は今年、勢いで水着をなぜか2着も買っていて、万が一、沖縄で海に入ることがあったら…と荷物に忍ばせて持ってきていたんです。なので、それに着替えてしまおうと思ったんですね。

それで水着姿になってBBQに戻ったら、「え? きゃりーちゃんもう水着? じゃあ、私たちも海に入ろうかな」とスタッフさんたちに言われて、みんなでビーチに行くことになりました。

そしてこの数分後に、惨事が起きることになります。

きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」

青い空、エメラルドグリーンの海、白い砂浜。マジでイエーイです。

そんな開放感に包まれながら、浮き輪に座った状態でプカプカ浮かんでいた私。すると、スタッフさんが近づいてきて、浮き輪を引っ張って沖のほうまで泳いで連れて行ってくれました。

しかし、その間もジリジリと容赦なく照りつける太陽。さすがに浮き輪の上にいたままだとしんどくなってきたので、私も海に飛び込みました。

上の写真でいうと、その地点は、ちょうどエメラルドグリーンの中にところどころある黒っぽい場所です。あとで知ったんですけど、これって岩とかサンゴなんですねw 海初心者すぎて、その時は何なのかわかりませんでした。

で、よりによってそこに飛び込んでしまった私は、たぶん水中で足をバタつかせてたんでしょう。海に入ってちょっとして左足がゴリッ! 青い海がたちまちサーッと赤く染まりました。

足を見たら、脛がぱっくり切れて、とんでもない量の血が出ています。そして、その瞬間に思いました。これは血の匂いでサメが寄ってくるぞ…と。

急ぎつつも、サメに気づかれないようにこっそりと息を殺しながらビーチに戻った私とスタッフさん。めっちゃ緊迫しました。一方、私のお母さんは、すごいはしゃいで海に入っていく私の姿を堤防から見ていたそうで、その時にちょっと嫌な予感がしたらしいです。

それで次に見たときは、みんなに囲まれながら足を上げてビーチに横たわっていたので、「ああ、やっぱり…」という感じだったと、あとで言っていました。母は我が子の災難がわかるもんなんですね…。

そんなわけで、主役の私がやらかしてしまったせいで、楽しいはずの打ち上げが一気にお通夜状態になってしまいました。チーン。

凍りついた場をなんとか和らげたくて、「切っちゃいました。テヘ」みたいな感じで明るく振る舞っていたんですけど、されど一向に血は止まる気配がありません。

結局、救護ルームへ搬送されました。心配したスタッフのみんなも「きゃりーちゃん大丈夫?」「えー、痛そう」と、代わる代わる様子を見に来てくれます。

みんなも気を使って、明るい雰囲気を保とうとしていたんだと思います。あまり深刻な感じにならないように、ちょっと冗談を言ったりしていました。そして、ビール片手にフワッといつの間にかいなくなるんですけど、それが普通のお見舞いだと思うんですよね。たぶん私もそうしてます。

しかし、その中で、それとは対照的にめっちゃ深刻な顔をしたまま、私に付きっきりで介護してくれた人が一人いました。私が所属する事務所、アソビシステム社長のあーみーさんです。

きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」

それまでは勝手なイメージで、「きゃりー大丈夫? やばいねー。気をつけてねー。お大事にー」とか言って、みんなと一緒にビール片手にいなくなるパリピだとばかり思ってたんですけど、せっせと足を上げたり、ギューッと縛って止血してくれたりと、私から離れようとしません。

たぶん社長も打ち上げでいろんな人たちと話したくて、楽しみにしていただろうに…。なのに、やらかしてしまった私に、こんなにかかりっきりになってくれて、ただただ申し訳ない気持ちでいっぱいです。

と同時に、それとはまた違う感情も湧き上がってきました。

マジで好きになるのって、こういうときなのかな?っていう…。

例えばこれが合コンで海に来ているのだとしたら、これマジで好きになっちゃうと思います。弱ったときに寄り添ってもらえるのって、こんなにうれしいことなんだ。そしてこの人って、こんなに優しい人だったんだ。

ケガをすると、人間の本質が見えてきます。

そう思って、社長の対応に感動したという話をうちの両親にしてみたら、「そりゃそうでしょ。アソビシステムの大切な商品なんだから」とお父さんに言われてしまいました。たしかにすぎる! チーン。

きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」

それから3日後。東京に戻った私は病院へ行きました。

不思議と痛みもなかったので応急処置しただけだったんですけど、傷口がギザギザの状態で3日間放置したせいで固くなってしまったらしく、このままだときれいに治らないかもしれないということで、もう一回傷口をきれいに切ることになってしまいました。それもけっこうな幅です。まじか~。

しかも、切る前に歯ブラシみたいな器具でゴシゴシと傷口を掃除していたら、中からポロッとちっちゃな貝殻まで出てきました。自分の体内に3日もいたと考えると、なんだか愛おしくなる沖縄土産です。

結局、縫ったのは内側と外側を合わせて18針。正直、傷ができたときは落ち込んだし、「ああ、一生残るのか…」ってヘコみました。

きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」
きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」
きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」
きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」

でも、考えようによっては傷もまた自分自身。新たにできた傷は、これから仲良くやっていかないといけない新しい仲間です。そうやっていろんな傷を作っては、それを抱えて人間は成長します。これがたぶん生きるってことなんだろうなと…。

包帯を巻かれた左足を見ながら、ふと私はひらめきました。これを作品に活かしたい。

というわけで、新曲『一心同体』のミュージックビデオには「傷くん」が出演しています。目のついた傷が「ランラララララン♪」と口をパクパクさせながらコーラスするので、ぜひ観てみてください。

傷ついても、きっと明るい気持ちになれる曲です。

ちなみに私の先住民としての傷くんは、唇の上の3針と、頭の8針がいます。唇の上のほうは、雨の日に屋外ステージの階段で滑って、手に持っていたトロフィーが刺さってできた傷で、頭のほうはお風呂で滑って転んでできた傷です。

…おわかりいただけただろうか?

今回のも含めて、すべてに水が絡んでます。なので、今後は水NGで。私のトリセツにはそう書いておいてください。

【リリース情報】
2022年10⽉5⽇配信シングル
「一心同体」
(作詞作曲 中⽥ヤスタカ)

M1.一心同体
M2.一心同体(Instrumental)
M3.一心同体(TV edit)

リリース・最新情報はこちらから:https://lit.link/kpp

きゃりーぱみゅぱみゅの 「大人なLADYになるわよコラム」

過去の連載はこちら

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る