【2】

働く女性のための転機の準備→お金を「増やす」 家を買う、東京を離れる。そんな時に知っておきたい、国と企業の取り組み。 Chance 2022.10.26

家を買ったり、移住を決意したり。そんな人生の大きな決断を後押ししてくれる、国や企業の制度などから物件情報の見つけ方まで、知っておきたい事例を集めてみました。

1.女性向け不動産購入セミナー参加者が3年で約7倍も増加!

現在の不動産市場は高止まりの状況。そのため、買うことを躊躇している人もいるだろうが、ベストなタイミングや購入適齢期について、中古マンションを紹介する「cowcamo」の須原玲さんはこう話す。「不動産=一生モノ、という考えはもう過去のもの。とはいえ、人生で5回も10回も買うものでもありませんよね。ただ一つ言えるのは、セミナーに参加される方は、“何かを変えたい”と思っている人が多いということ。

不動産購入は“若いから”“単身だから”と躊躇する必要はありません。むしろ、その逆。家を買うという大きな決断をしたことで、自分に自信が生まれ、プラスに働くことが多いように思います。当社でも女性のお客様で20代、30代が全体の半数を占めるなど、不動産購入は若い世代も多いんですよ」購入適齢期を決めるのは、自分次第!少しでも興味があるなら、検討してみては?

無題

日本は新築信仰が根強く、新しい物件ほど高い。そのため、手頃な価格帯となると中古が現実的だ。“1点もの”の中古リノベマンションが多数掲載されている「cowcamo」は、約7割が築年数30年以上。成約者の約4割が購入時になんらかのリノベを施しているそう。

女性に人気の物件は「1LDK、40 m2 台、3000万~4000万円台」

【1】
【1】
【2】
【2】

【1】
■2980万円
■学芸大学駅徒歩2分
■1LDK / 34.59 m2
東急東横線沿線の駅近物件。間取りはコンパクトながら、壁付けのシステムキッチンでリビングを広く使えるのが嬉しい。ローンの目安8万1033円/月

【2】
■2680万円
■長原駅徒歩8分
■1LDK / 38.88 m2
最上階の10階で開放的な眺望が魅力。キッチンのタイルとブラックのクロスがLDK全体のアクセントに。収納も充実。ローンの目安7万2875円/月

2021年移住希望地域ランキング

無題 (2)

窓口相談者30代の場合
地方移住と聞いて、山奥の田舎をイメージしたら大間違い。特に単身女性の場合は政令指定都市の人気が高く、都会の便利さと自然の豊かさがちょうどいいバランスで共存する街を選ぶ傾向があるそう。

全国自治体の「住まい」と「お金」にまつわるユニークな取り組み

無題 (3)

自治体ごとに異なる移住支援制度を調べてみるのも手。テレワーク時代の今、たとえば3年間毎月最大3万円の補助があれば、新幹線通勤も全然アリ!

Navigator…cowcamo(カウカモ)エージェント 須原 玲(すはら・れい)

_DSC3600-Edit-Edit

中古マンションのオンラインマーケット「cowcamo」主催の「女性のためのカウカモセミナー」にこれまで16回登壇。女性の個別相談経験も豊富。

2.「地方移住」という選択肢も。2024年までなら最大300万円支給される可能性が!

コロナ禍以降、女性や若い世代の関心が高まり中。
各都道府県のアンテナショップが集まる有楽町の東京交通会館。その8階にある〈認定NPO法人ふるさと回帰支援センター〉では、地方移住の支援を行う。理事長の高橋公さんによると、「2021年の相談件数は過去最多の約5万件を記録しました。女性の相談者の割合も過去最高の45.3%となり、毎年着実に増えているほか、30代以下の相談者が50.7%を占めるなど、若年層の関心も高まっています」とのこと。

地方移住に関しては、国が地方創生を推進する「起業支援金」(最大200万円)や「移住支援金」(最大100万円。単身の場合は最大60万円)の交付金のほか、各自治体独自の手厚いサポート制度も後押ししているよう。「旅で訪れて住んでみたいと思ったら、まずは“お試し暮らし”を。1日500円〜1000円程度で住宅を提供する制度を設けている自治体も多いですよ」(高橋さん)

a

認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター

6月11日には愛媛県がセミナーを開催。
■03-6273-4401
■東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館8F

https://www.furusatokaiki.net/

※ローンの目安は、頭金ゼロ、借入年数35年、都市銀行・変動金利0.775%(優遇利用)を想定。審査内容により、融資の一部または全部を利用できない場合があります。 ※販売中の物件情報は、2022年5月12日時点のものです。(Hanako1209号掲載/photo : Kenya Abe, illustration : naohiga text : Yoshie Chokki edit : Yoshie Chokki)

Videos

Pick Up

夏の風物詩、鵜飼鑑賞を〈星のや京都〉専用の屋形舟「翡翠」で。三味線の生演奏が流れる、1日1組だけの雅な「プライベート鵜飼鑑賞舟」は9月23日まで。忘れられない、 ふたりだけの 夏のバカンス。〈星のや京都〉東京を拠点にする料理家と京都を拠点にするアーティスト、ふたりは数年来の友人。はじめてのふたり旅、選んだ場所は、京都の奥座敷・嵐山。喧騒から離れ、ひっそりとした地で、季節を味わい、いつもとは異なる会話とともに過ごす。Travel 2023.08.31 PR
SP用トップ画像ハナコラボ パートナーが楽しむ、とっておきのホテルステイ実現の理由とは。これからの旅にはホテル提携のクレジットカードがお得! 〈ヒルトン小田原リゾート&スパ〉編。久しぶりに行動制限なしで外出を楽しめる今年は、旅行へのモチベーションが高まっている人も多いのでは。旅で使うお金や日常生活の支払いを一つのクレカにまとめると、ポイントや特典がついてお得に。貯めたポイントを次の旅行でも使えたりするから、クレカ選びは大切。今、旅行好きでコスパや特典重視の人たちにおすすめしたいのは、とっておきのホテルステイを驚くほどお得に実現できてしまうカード。 中でも注目すべきは「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード」。料金の上がりがちな週末に世界中のヒルトングループのホテルに一泊無料で宿泊ができる「ウィークエンド無料宿泊特典」などがあり、年会費の元があっという間に取れてしまうと評判です。そこで、旅行好きのハナコラボ パートナーの二人がこのカードを体験してみました。毎日の決済やヒルトンでの滞在などでカードを利用しポイントを貯めている様子や、どんな特典を楽しんだかをリポートします(抽選で100名さまにAmazonギフトコードカード500円分が当たる読者アンケートを実施中。回答は記事の最後から) (PR/ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス®・カード)Learn 2023.08.31 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん 〈+CEL〉ランドセル〈+CEL〉インタビューvol.3 (後編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんが受け継ぎたいメイクアイテムのケアの仕方。ランドセルブランド〈+CEL〉と子どもたちへ受け継ぎたいものについて話を聞くインタビュー企画。シリーズ3回目に話を伺ったのはヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。前編で受け継ぎたいものとしてあげてくれた「メイクアイテムのケアの仕方」について、どんなことを知っておくといいのか、教えてもらう。そして〈+CEL〉のランドセルもチェック。普段、使用するメイク道具も試供品はほとんど使わず、必ず店頭でみてから購入して選んでいるという草場さん。もの選びにこだわりを持つプロの視点、そして6年間の小学生ママ経験者として、〈+CEL〉のランドセルはどう評価する?Learn 2023.08.17 PR
ヘアメイクアップアーティスト・草葉妙子さん〈+CEL〉インタビューvol.3 (前編) ヘアメイクアップアーティスト・草場妙子さんがみつけた、 子育てと仕事のちょうどいいバランスの取れる場所。日常使いできるナチュラルなメイクと、メイクをすることのシンプルな喜びを教えてくれる、ヘアメイクアップアーティストの草場妙子さん。彼女でなくては、と指名する女優やモデルも数多い。日々撮影を抱え、スケジュールに追われる中でも新しいコスメアイテムの探求にも余念がない(その様子は彼女のインスタグラムでもおなじみ)。仕事にいつも真摯に取り組む一方で、草場さんは家族を愛するひとりの母でもある。 ランドセルブランド〈+CEL〉と一緒に“子どもに受け継ぎたいもの”を訊くインタビュー企画。今回は、今、中学1年生だという娘さんに草場さんが受け継ぎたいものについて、そして草場さんの子育てに対する今の気持ちを訊く。Learn 2023.08.12 PR