ブランド初のリキュール「久保田 ゆずリキュール」が新登場!春先にぴったりのアレンジレシピをご紹介。
2021.03.17

唎酒師・伊藤ひいなさんがレポート。 ブランド初のリキュール「久保田 ゆずリキュール」が新登場!春先にぴったりのアレンジレシピをご紹介。

寒さのピークが過ぎたとはいえ、まだまだ冷えますよね。温かい飲み物で温まりたい、欲を言えばアルコールで身体の芯からポカポカに。でもお湯割りは背伸びしないと飲めない…。そんな時におすすめなのがリキュールを使ったホットカクテル!今回、日本酒で有名な「久保田」をつくる朝日酒造さんが、新商品「久保田 ゆずリキュール」を出したということで早速チェック!
伊藤 ひいな
伊藤 ひいな / 唎酒師

「東京生まれの24歳。大学入学時から割烹料理店でアルバイトをはじめ、20歳のお酒の解禁とともに日本酒にハマる。唎酒師の資格も取得し、日本酒の知識を増やすべく日々邁進中。父はHanakoをはじめ多くの雑誌で引っ張りだこの人気フォトグラファー、伊藤徹也。酒好き気質は間違いなく父親譲り!」

伊藤 ひいなさんの記事一覧 →

「久保田」ブランド初のリキュール商品「久保田 ゆずリキュール」

久保田 ゆずリキュール

なんと可愛らしいラベル…!黄色と緑のバランスが豊かな自然を連想させます。このグラデーションは「口に含んだ際に広がるゆず果実のやわらかな味わい」をイメージしてデザインされているそう。どれどれ、まずはそのまま飲んでみましょう。

うーん!ゆずの甘さとほんのり漂う苦味が果実そのもの。そこに「久保田」の甘みのあるアルコール感が後味に残り舌を包みます。数多くある果実の中からゆずをセレクトしたのは日本酒との相性も良く、安心感を生み出してくれる果実だからなのだと納得。「久保田」ブランド初のリキュール商品として発売された「久保田 ゆずリキュール」は高知県産の香り高い「本柚子」を皮ごと使っています。だからふんわりと柚子湯のような心地良い香りがしたのか〜と、早くも2度目の納得。
ホットカクテルにすることでさらに心地良さが感じられるのではないかなぁと思ったところで、いざカクテルにトライ!

1.甘みの複雑味が何層にもなっている「ホットスパイスゆずりんご」

久保田 ゆずリキュール

使う材料はこの5種類。ゆずに合わせるのはりんごのジュースと果肉とスパイスたち。ゆずを使ったリキュールに、りんごの甘みと食感が加わることでどう変化するのか気になります。

【作り方】

【材料】
・久保田 ゆずリキュール…200ml
・りんごジュース…200ml
・りんご…1/2個分
・シナモンスティック…2本
・八角…1個

久保田 ゆずリキュール
細か過ぎず、大き過ぎずがポイント。食感も楽しみたいけれど食べやすさも大切!ということで1cm角がベストなことが判明しました。
久保田 ゆずリキュール
おうちカクテルを作ることがちょっとした気分転換になる上に、シナモンスティックと八角を使うことでさらにこだわっている感が気持ち良い(笑)この2つのアイテムによって味が大きく変わっていくので欠かせません。

①りんごを1cm角に切りラップに包み、600wの電子レンジで1分20秒程度加熱し(全体に柔らかく透き通る程度)、粗熱がとれるまで置いておく。
【point】小さめに切らないようにすることで後々りんごの食感が活きてきます。

②耐熱容器に①と全材料を入れ、600wの電子レンジで2分程度温めかき混ぜる。

久保田 ゆずリキュール

見た目も楽しい、「ホットスパイスゆずりんご」の完成です。
りんごを切って、後はレンジでチンするだけ!簡単にかわいいホットカクテルが完成しました。飲んでみると、ゆずの甘さにりんごが加わることで甘みの複雑味が増し、より飲みやすくなった印象!八角が出す独特な感覚(爽やかな空気が通るような感覚!)にシナモンの異国風の甘みがクセになります。
「久保田 ゆずリキュール」は日本酒の「久保田 千寿 純米吟醸」を使用しているため、元々の持っている吟醸感でトロピカルな雰囲気に。また、忘れてはいけないのがりんごをスプーンで食べるのも醍醐味の1つ!ゆずと日本酒、八角とシナモンの要素がたくさん詰まった果肉はまるで高級アップルパイのりんごのよう。しんなり感がたまりません!疲れた時の自分へのご褒美にも良い、ホットカクテルです。

2.食中にもばっちり!「ゆずリキュールのだし割り」

久保田 ゆずリキュール

最近日本酒のだし割りがブームになってきています。コンビニでもだし割りがそのまま売っているほどです。日本酒から出来ている「久保田 ゆずリキュール」もだし割りが合わない訳がない…!用意するのはこの2つ。

【作り方】

【材料】
・「久保田 ゆずリキュール」…カップ1/3
・おでんのつゆ…カップ2/3

①耐熱の小さいカップに熱々のおでんつゆを入れ、「久保田 ゆずリキュール」を注ぎかき混ぜる。

久保田 ゆずリキュール

心落ち着く「ゆずリキュールのだし割り」の完成です。
あっという間に心が落ち着く飲み物が完成。「ホットスパイスゆずりんご」の高揚感に対してまるで優雅な日本庭園を眺めているような居心地の良ささえ感じさせてくれます。
こんな光景が思い浮かんでくる…。日本料理店で出されたひたひたお出汁のおでんに、女将さんが目の前で丁寧にゆずを削ってくれている。そのお出汁加減とゆずの後押しによってお酒がどんどん進んじゃう。…そんな高貴なイメージです。ゆずのリキュールとお出汁は完全に手を繋ぎ、分子レベルで溶け込んでいるように感じます。食前に心を和ませるために1杯、お食事に合わせて1杯、食後にテレビを見ながら1杯。色んなシーンに飲みたくなるホットカクテルです。

その日の気分で「久保田 ゆずリキュール」アレンジ♪

久保田 ゆずリキュール

いかがでしたでしょうか?「久保田 ゆずリキュール」はそのまま飲むも良し、もちろん氷を浮かべても、ソーダで割っても美味しく飲むことが出来ます。でも、自分の身体には素直でいたいもの。寒い時には温かいもので癒されたい。それを叶えてくれるのが以上のホットカクテルでした。

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る