l796aadd348496fef4b926b8f14709c16-768x512
2019.03.13

ディープな魅力の裏原。 ファッショナブルな【裏原】エリアへ。ショッピングの後に寄りたい最新カフェ3選!

竹下通りをメインとした表の原宿。若者の街として連日賑わっています。それに対し、キャットストリートや表参道など原宿とはまた違った魅力がある【裏原】。今回はオシャレな【裏原】エリアで立ち寄りたいお店をナビゲート。ショッピングした後に立ち寄ってみては?

1.香り立つ抹茶に爽やかなイチゴがベストマッチ。〈表参道 茶茶の間〉/明治神宮前駅

MG_0912-768x5841

“日本茶ソムリエ”の和多田喜さんが選ぶお茶と、それに合うスイーツを楽しめるお店。

「苺入り抹茶ティラミスセット」1,400円(税込)
「苺入り抹茶ティラミスセット」1,400円(税込)

イチゴが出回る12月から3月中旬頃までは、このティラミスが風物詩に。西尾産の最高級有機抹茶を用い、旬のイチゴ、マスカルポーネと重ねる。丁寧に淹れられたお茶と共に味わえば、イチゴや抹茶の香りがより一層引き立つ。1煎めから3煎めまで、ゆったりと飲めるお茶がセット。

(Hanako1126号掲載/photo : Kenya Abe text : Kahoko Nishimura)

2.ラルフローレンが運ぶニューヨークの空気。〈Ralph’s Coffee〉/明治神宮前

796aadd348496fef4b926b8f14709c16-768x512

〈ラルフローレン〉が手がけるカフェが日本初上陸。グリーンとゴールドを基調にしたインテリア、整えられたショーケース、印象的なロゴなど、デザインが隅々まで行き届いた空間に入ると、ニューヨークの五番街に来たかのよう。

タブレットチョコは、右から「シーソルト」700円、「エスプレッソビーン」700円(各2オンス)の2種。カフェラテ580円
タブレットチョコは、右から「シーソルト」700円、「エスプレッソビーン」700円(各2オンス)の2種。カフェラテ580円

オーナーこだわりのタブレットチョコは、ブルックリンのオーガニックチョコレートブランド〈FINE & RAW〉から。

「ラルフズチョコレートケーキ」1切れ950円(各税込)
「ラルフズチョコレートケーキ」1切れ950円(各税込)

5層になった伝統的なチョコレートケーキは、本国のレシピを完全に再現した絶品だ。

〈Ralph’s Coffee〉
アジア2店舗目だが、イートイン付きカフェは世界でここだけ。
■東京都渋谷区神宮前4-25-15
■03-6438-5800 
■9:00~20:00(金土~21:00) 不定休 
■28席/禁煙

(Hanako1169号掲載/photo : Yoichi Nagano, MEGUMI(DOUBLE ONE), Makoto Ito text : Kahoko Nishimura, Ai Kiyabu)

3.テーマはボタニカル!〈BOTANIST Tokyo〉で植物を取り入れる生活/表参道

s_421A9279-768x768

ヘアケアでおなじみの〈BOTANIST〉が表参道にフラッグシップショップをオープン。ヘアケア商品だけでなく、〈BOTANIST〉がセレクトしたとっておきの雑貨やコスメが置いてあったり、おいしいスムージーやサラダを楽しめるカフェもあるのだとか。

421A9288-768x768

ナチュラルやオーガニックをキーワードにセレクトした食品も充実。新鮮な野菜や果物を使ったスムージも楽しめる。

421A9303-768x768

実は明治神宮前駅から徒歩1分の好立地!原宿や表参道のショッピングを楽しんだ後に、ランチやカフェとして利用するのがおすすめです。

〈BOTANIST Tokyo〉
■東京都渋谷区神宮前6-29-2
■TEL(1F)03-5766-3777/(2F)03-5766-3778
■11:00〜20:00

(text : 忠地 七緒)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る