冬に食べたい名物「焼き氷」も。都内人気店の必食かき氷4選
2018.12.23

人気も進化も止まらない「かき氷」 冬に食べたい名物「焼き氷」も。都内人気店の必食かき氷4選

衰え知らずの人気が続く「かき氷」。夏のみならず、年中夢中になれる行列覚悟で食べたい店がこちら!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈Café Lumíere〉名物は燃えるかき氷。炎揺らめく衝撃の焼き氷体験を。/吉祥寺

CHI4474
「赤いベリーとクリームチーズの焼き氷」1,480円(税込)

冬季も楽しめるかき氷を、と誕生したのが名物の焼き氷。

CHI4518

かき氷をメレンゲでぐるりと包み、フランベしたラム酒を上からたらり。幻想的に立ち上る揺らめく炎に、思わず目がくぎづけに!かき氷はフルーツやクリームがたっぷり入り、デザート感覚で楽しめる。

CHI45521

〈Café Lumíere〉
■東京都武蔵野市吉祥寺南町1-2-2 東山ビル4F
■0422-48-2121
■12:00~20:00(19:30LO) 不定休 
■30席/分煙 ※メニューは変動あり

2.〈氷屋ぴぃす〉オリジナルメニューで大人気! 行列必至のかき氷専門店。/吉祥寺

181023kt016
「山田のごまプキン」1,100円(税込)

かき氷は常時8種以上。店の秋のいち押しメニューは「山田のごまプキン」で、かぼちゃをふかして作った自家製シロップと黒胡麻シロップにホイップクリームをトッピング。かぼちゃの甘みと香ばしい黒胡麻の風味、アクセントのココナッツがマッチし大満足のおいしさ。

181023kt005

〈氷屋ぴぃす〉
■東京都武蔵野市吉祥寺南町1-9-9 吉祥寺じぞうビル1F 
■10:00~18:00(17:30LO) 月休 
■8席/禁煙 ※メニューは変動あり

3.〈かき氷工房 雪菓〉富士のふわふわ天然氷を生いちごのシロップと共に。/巣鴨

OHT_0289
「いちごミルク ショートケーキ風」1,050円

かき氷には富士山から届く天然氷を使用し、薄くスライスすることで口当たりよくふわふわとした食感に。シロップは全てお店で手作りしたオリジナル。「いちごミルクショートケーキ風」にはフレッシュのいちごを贅沢に使い、非加熱のままジューサーにかけ甘酸っぱく瑞々しい味わいに仕上げている。

OHT_03041

〈かき氷工房 雪菓〉
■東京都豊島区巣鴨3-37-6
■03-5980-9891
■11:00~17:00 月休 
■19席/禁煙 ※メニューは変動あり

4.〈重義〉ごろごろ果肉を詰め込んだスイートなくまのかき氷。/北千住

CHI4254
「しげくまクン」980円(税込)

看板メニューの「しげくまクン」は、ブルーベリーの鼻にチョコチップの目、アイスクリームの耳を飾ったキュートなひと品。

CHI4264

かき氷の中には、パイン、いちご、ブルーベリー、オレンジと、フローズンフルーツがごろごろ入り食べ応えあり。自家製のカルピスクリームと果物の酸味も好相性で、後味爽やか。

CHI42231

〈重義〉
■東京都足立区千住1-24-8 
■10:30~17:00LO 月火休 
■12席/禁煙 ※メニューは変動あり

今回教えてくれたのは…

スイーツコンシェルジュ・はなとも/見た目のインパクトがすごいスイーツが増えてきています。

和スイーツ研究家・安原伶香/色々なスタンスのかき氷店に注目が集まっている気配。

(Hanako1167号掲載/photo : Jiro Ohtani, Chihiro Ohsima text : Etsuko Onodera edit : Ryutaro Koizumi)

今月のスペシャル

いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集いまこそ免疫UP!働く女子こそ知っておきたい“腸活”特集
TOPに戻る