熱々の抹茶をかけた濃厚アフォガードも。老舗甘味処や日本茶ブランドが作る、抹茶アレンジスイーツ。
2019.09.06

ご褒美スイーツ、どこに行く? 熱々の抹茶をかけた濃厚アフォガードも。老舗甘味処や日本茶ブランドが作る、抹茶アレンジスイーツ。

和素材を使ったスイーツなど、和洋のマリアージュが話題を呼んでいる今日。今回は、あの老舗甘味処や日本茶ブランドが手掛ける、抹茶×オーセンティックなスイーツにフォーカスしました。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈紀の善〉の「抹茶ババロア」

「抹茶ババロア」810円

創業以来守り続ける自慢のつぶ餡に合うスイーツを、と27年前に生み出したババロア。外国からもこれを目当てに来るとか。宇治抹茶を点たて、鮮やかな翡翠色を保つために冷暗所での管理を徹底するなど手間を惜しまない。甘さを控えたババロアは、丹波大納言の上品な餡と高脂肪生クリームが引き立てあう逸品だ。

(Hanako1126号掲載/photo:Kenya Abe text:Kahoko Nishimura)

紀の善

紀の善

  • 甘味処
  • 飯田橋駅

2.〈丸の内 CAFE 会〉の「宇治抹茶ティラミス」

タリーズコーヒーと伊藤園がコラボした唯一のフルサービスカフェ。

「宇治抹茶ティラミス」620円

店内で手作りのティラミスは、抹茶エスプレッソとあんこ、黒蜜をスポンジに染み込ませ、クリームチーズやマスカルポーネなどのチーズクリームを重ねる。和洋が混ざり合うこの一皿にはお茶はもちろんコーヒーも好相性。数量限定の看板メニューだ。

(Hanako1126号掲載/photo:Kenya Abe text:Kahoko Nishimura)

丸の内 CAFE 会

丸の内 CAFE 会

  • カフェ/甘味処
  • 東京駅

3.〈抹茶席〉(旧岩崎邸庭園)の「アフォガード (エスプレッソと抹茶)」

三菱財閥の三代目・岩崎久彌の邸宅だった和館と洋館が当時のまま残された都立庭園。和館にある甘味処〈抹茶席〉では、岩崎家も出資した〈小岩井農場〉の製品を使った甘味が。

「アフォガード (エスプレッソと抹茶)」各560円

バニラアイスに熱々の抹茶やエスプレッソをかけた濃厚なアフォガードはぜひ味わいたい逸品。

(Hanako1157号掲載/photo : Ayako Koike, Kei Katagiri, Masanori Wada text : Ayano Sakai, Makiko Inoue)

編集部

〈紀の善〉の「抹茶ババロア」大好き!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る