0018

ゼリープラス メディカル キレイに暮らそう。 大人の性教育「デリケートゾーン」編。 Learn 2022.10.07PR

女性のカラダはとても神秘的でデリケート。ひとによってその“個性”が異なるからこそ、悩みやコンプレックスを抱えるひとも少なくありません。体型に関することやPMS(月経前症候群)、生理不順など世代によってもその内容はさまざまですが、いま20代の女性の多くが関心を寄せているのが「腟」のこと。色やニオイが気になったり、生理中にムレやかゆみを感じても「ケアの仕方がわからない」という声も。一生、付き合う自分のカラダのことだから、正しい知識を身につけて、日頃のセルフケアを見直してみませんか?<PR/ジェクス>

実は多くのひとが抱えているデリケートゾーンの悩み。

1

20代から30代の女性に「腟」に関する悩みを聞いたところ、多くのひとから「ニオイが気になる」、「かゆみが気になる」、「おりものの色が気になる」という回答がありました。そもそも、おりものは子宮や腟から分泌される粘性の分泌液のことで、腟内の“潤滑油”であり、病原菌が入るのを防ぐ役割も担っています。

7

量やニオイにも個人差があり、月経前の、とくに排卵日前には、その量が増えるというひともいます。汗をそのままにしておけばニオイのもとになるように、おりものが下着についたままだとムレやニオイの原因につながります。

専門家が推薦するのは、腟のために作られた洗浄剤。

金藤美樹穂(きんとう・みきほ)/女性ホルモンバランスプランナー® 〈uchu〉代表。重い生理痛や不妊検査などで長年婦人科に通院した経験から「女性の健康や妊活、不妊の知識不足」を実感し女性ホルモンの資格を取得。
金藤美樹穂(きんとう・みきほ)/女性ホルモンバランスプランナー® 〈uchu〉代表。重い生理痛や不妊検査などで長年婦人科に通院した経験から「女性の健康や妊活、不妊の知識不足」を実感し女性ホルモンの資格を取得。

自身も生理不順で悩んだ経験から、現在は女性ホルモンバランスプランナーとして活動する金藤美樹穂さんは「おりものは通常、透明か乳白色をしていますが、下着に付着することで黄色っぽく変色することもあります。量やニオイが気になるからといって水やせっけんで過度に洗いすぎると腟内の悪玉菌だけではなく、善玉菌もともに洗い流してしまい、かえって腟内の環境を崩すことも。膣洗浄剤を使うことで、腟内の自浄作用への影響を抑えつつ、健やかな環境を整えられます」と、セルフケアにも適切な方法があると話します。

通気性のよい下着を身につけ、デリケートゾーンを清潔に保つことはとても大切なこと。ほかにも正しいセルフケアの方法や、腟についての悩みを持つ女性がどのような解消法を取り入れているかを聞いてみましょう。

20220906HN_1601

腟内は通常、弱酸性に保たれることで自浄作用を維持しているため、その環境をすこやかに保つ方法を知るのが、悩みを解決する近道。最近は、女性が抱えるあらゆる健康の悩みをテクノロジー面からアプローチするフェムテックが注目を集めていますが、そのなかでも腟ケアにおすすめなのが「ゼリープラス メディカル」。デリケートゾーンを洗ってもニオイが気になるという人や生理後の腟内を清潔にしたいというときもやさしく腟内を洗浄できるスティックタイプの腟洗浄器です。「腟洗浄剤であればタンポンを使う感覚で、洗浄剤をしっかりと腟内にいれることができ、衛生的にも安心」(金藤さん)。デリケートな悩みをスッキリ解消できる、新しい腟ケア習慣を始めてみましょう。

ビギナーにも使いやすい「ゼリープラス メディカル」。

20220906HN_1606

腟内環境をすこやかに保つために開発された「ゼリープラス メディカル」。デリケートゾーンのかゆみやニオイは、ホルモンバランスの乱れなどで悪玉菌が増量することが原因となる場合も多いため、まずは腟内の健康状態を整えることが大切です。

リラックスした体勢で行って。座って使うほかに、おすすめは中腰。
リラックスした体勢で行って。座って使うほかに、おすすめは中腰。

外出先でもいつでも手軽にケアできるようにと考案された「ゼリープラス メディカル」は、持ち運びもスマートなスティックタイプ。個包装の袋から容器を取り出し、キャップをはずしてから腟内に挿入するだけなので使い方も簡単。

8

使用中や使用後の痛みに配慮したスリムな形状も特徴で、適度な粘性ゼリーが腟内にとどまることで腟内の自浄作用を維持しながら、すこやかな環境に保ちます。腟の悩みを抱える3人の女性にも実際に「ゼリープラス メディカル」を試してもらい、使用した感想を聞いてみました。

腟内ケアに「ゼリープラス メディカル」を試してみると?

20220906HN_1610

今回、3人の女性に話を聞いてみると、「長時間、外出したときのニオイが気になる」などさまざまな悩みを抱えていることがわかりました。旅行や長時間の移動中でも手軽にセルフケアができたらと望む女性は多く、「生理時のムレでにおっていないか気になる」ともいいます。免疫力が下がったときにカンジダを患った経験がある人からは、「日頃からケアをしているつもりだけれど、風邪をひいたりカラダの抵抗力が下がるとかゆみを感じることがある」という悩みも。3人ともカラダにやさしいケア方法を知りたいと話します。

「ニオイが気になった時にすぐに使える」/ミユキさん(仮名)37歳

4

「長時間、外出したときなどのニオイが気になる」というミユキさんからは、持ち運びができる形状やサイズ感も含め「抵抗感なく、さくっと使えたので気になったときにすぐケアができて嬉しい」という感想が。

「習慣的に腟ケアできて安心」/ゆりさん(仮名)26歳

5

また生理時のムレによるニオイに悩んでいたゆりさんも「シャワーやビデで洗いすぎると腟内の善玉菌が減ると聞いていたけれど、ゼリープラス メディカルなら、粘性のあるゼリーが自浄作用に影響を与えにくいと知って安心。週に1、2回は使いたい」と使用感にも満足した様子。

「かゆみを感じたときや月経後もスッキリと」/みつこさん(仮名)30歳

6

免疫力の低下によってかゆみを感じるときがあると話していたみつこさんは「かさばらない形状で使いやすく、夏場にムレたときや月経後もスッキリとしそう」と期待を寄せます。女性のカラダにとってやさしいのはもちろん、使いやすいから続けやすい。正しい腟ケアで悩みスッキリ、快適な毎日を過ごしましょう。

今ならプレゼントキャンペーン実施中。

20220906HN_1600

現在「ゼリープラス メディカル」3本入りを10名様にプレゼントするキャンペーンを実施中(11月7日まで)。詳しくはサイトをチェック。

photo:Norio Kidera,Miyu Yasuda illustration:Mai Beppu text:Keiko Kodera edit:Kahoko Nishimura

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR
googletag.pubads().setTargeting('category', ["tieup"]);