bccbdd9227f42cb05f0b19698dfddeed

行くべき、観るべきイベント! 季節先取り!ぬくぬくで楽しむ都内のお花見イベント情報! Learn 2018.03.16

いま行っておきたいアツいイベントを独断と偏見で紹介する連載。毎週金曜夜更新中♡

こたつに入って花見を楽しむ「also Soup Stock Tokyo のおでん」3月下旬まで!

d322146bcb70a2970db5d98ea7ceb1c8

日を追うごとにグングン気温が上昇して、靖國神社の標本木あたりがざわついてきたわね。みなさん、今年のお花見の予定は決まった?どんなワインを持っていこうか、インスタ映えのボリューミーなサンドイッチを仕込んでみようかとかいろいろ思案中だと思うけど、これだけは言わせて・・・。「花見は想像しているよりも寒わよ!薄手のダウンは絶対に持って行って!」

去年も一昨年も、さかのぼればその前だって、何時間も外にいて寒い思いをしながら花見をしたでしょう?だからおにぎりの数を減らしてでも薄手の羽織物を持っていくべきなのよ!それが手間だと思うんだったら、こたつに入りながら花見ができる〈also Soup Stock Tokyo 〉へ駆け込んで! 

soup

自由が丘にある〈also Soup Stock Tokyo〉(以下、also)は、駅ナカにあると必ず行っちゃうスープ専門店〈Soup Stock Tokyo〉が手がける新業態店。「休日のスープストックトーキョー」をコンセプトに、友達や家族と集まってゆったりランチやディナーも楽しめるの。その〈also〉が季節限定で始めたのが「『also Soup Stock Tokyo のおでん』テラス限定お花見コース」よ。

開放感抜群の屋上テラスには期間限定で大きなこたつ席が登場するんだけど、この季節には席の周りに桜が咲くそうで、このコースは花見をしながらおでんとワインを堪能できるってぜいたくなコースなの!

コースのメインはおでん。そんじょそこらのものとは違うわよ。フォン・ド・ボー、ポルチーニ茸などのフレンチベースに、鰹、昆布だしや香味野菜のブイヨンを合わせているというスープ専門店の情熱が集結しちゃったおでん。旨味のハーモニーが重なっちゃってたいへんよ。ただおいしいだけじゃなくてワインとも相性がいいってんだからえらいこっちゃでしょ。しかも、具材ごとにだしを変えて炊いているんっていうこだわりよう。旬の野菜は素材の味を生かすために和のだしであっさりと、ハチノスなどのホルモンは3 時間ゆっくりと火入れをした後に洋風だしで炊いて、歯ごたえも楽しめるそう。しかもね、シンプルにおでんを味わったあとは、9 種類のトッピングで自分好みの味を楽しむことができちゃうんだって。味噌や粒マスタード、パクチーに、水切りヨーグルト、アリッサなど。こういうの盛り上がるよね。

「桜の木の下、みんなで料理を持ち寄ってご飯を食べるのもいいけど、もう、冷めたピザみたいなものは食べたくないの、私」って人にこそ行ってほしい新お花見スポット。桜が散る前に早めに行っちゃって!

31e010ea77d697ed6c0c3a9fb6841664

■「also Soup Stock Tokyo のおでん」テラス限定お花見コース。1人4,800円、フリードリンク付き。
※2~8 名で利用可能。6 名から貸切も可能。
※飲み物の持ち込みも可能(別途持込料)

WEB予約申し込みはコチラ!

〈also Soup Stock Tokyo〉東京都目黒区自由が丘1-26-13
11:30~22:30(LO.22:00)

「桜ブッフェ2018〜ラクレットチーズと春の恵み」4月8日まで!

MG_3151

女子が好きなものといえば、アボカド、パクチー、バーニャカウダと相場が決まっているけど(え、本当!?)、いやいやチーズを忘れてもらっちゃ困るわよ。特にチーズ好きにファンが多いラクレットチーズ。切り目の部分に火を通し、中がとろっと柔らかくなった状態でそぎとって、食材にかけて食べるというあのスタイル!私、いつかラクレットチーズの滝に打たれて精神修行したいと思ってるほどよ。

で、このラクレットチーズを思う存分、堪能しながら桜も楽しめちゃう「桜ブッフェ2018〜ラクレットチーズと春の恵み〜」が〈ホテル椿山荘東京〉で開催中!

MG_4111

ランチブッフェの目玉、ラクレットチーズは旬の野菜とバゲット、リボン型のパスタにかけてたっぷりと。その他にも、塩麹でマリネしたビーフソテーや桜の葉を練り込んだ桜葉蕎麦、パステルカラーのマカロンなどスイーツも登場するそう♡もう、お口の中が春爛漫って感じじゃない!?

で、食事のあとは広〜い森のような庭園へ!ここには約20種120本の桜の木が植えられていて、日本を代表する桜の有名な花見スポットなの。「花より団子」派の私もここならその両方を取りにいく気になっちゃうわね。もちろんブッフェに行く前に桜鑑賞を楽しんでもいいけど、食後にいくのがおすすめかなって思うのは「あ、夜ご飯いらないくらいまで食べ過ぎちゃった」な〜んて私みたいな食いしん坊さんも広いお庭を歩くことで楽しくカロリー消費できちゃうから。ほら、なんとなくギルティーフリー!

8H2A13710s

■「桜ブッフェ2018〜ラクレットチーズと春の恵み〜」〜4月8日/大人4,800円

〈ホテル椿山荘東京〉東京都文京区関口2-10-8
03-3943-1140(予約センター)
12:00〜13:30(日によって時間の変更あり。予約時に要確認)

Videos

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR