ONE LOVE, WINE LOVE -Let’s get together and feel all right

行くべき、観るべきイベント! 手土産に喜ばれるワインを見つけに行く! Learn 2017.12.08

いま行っておきたいアツいイベントを独断と偏見で紹介する連載。毎週金曜夜更新中♡

大人気のワインのお祭り、再び!

ONE LOVE, WINE LOVE -Let’s get together and feel all right

街はすっかりホリデームード満点だけど、今年のクリスマスの予定はもう決まった?私は例年と変わらず、入稿祭りになりそうだから早々にマッサージの予約入れたわよ。書いて書いて書きまくって、凝りに凝った肩と腰を癒すの。どう?なかなかのクリスマスでしょう?

で、あなたは友だちの家でホームパーティですって?うんうん。それで、絶対に喜ばれる手土産を探してる、と。なるほど。大人のホームパーティの手土産といえば、ワイン以外にないでしょ。それなら今週末の国連大学中庭で開催の「One love wine love」はマストよ!

夏に開催して好評を博したワイン好きが集う人気のイベントで、この2日間は選りすぐりの日本のワイン生産者さん、そして小規模なインポーターさん(計約30店舗)が自慢のワインを販売するのよ。その数、なんと約180種類!

値段の高い、安いや、ビオかどうか、ぶどうの種類など、難しいことは抜きにして、まずは様々なワインに触れて、飲み比べることができるんだって。

ONE LOVE, WINE LOVE -Let’s get together and feel all right

当日は約150種類のワインの中から好きな5杯のワインをテイスティングできる「ワイン飲み比べチケット5枚綴り・2000円」を販売。国産ワインから世界のビオワイン、そして王道のワインまで豊富にラインナップしていて、それぞれの説明を聞きながら楽しめるんだって。もちろんお気に入りのワインが見つかったらボトルで購入可能。

ONE LOVE, WINE LOVE -Let’s get together and feel all right

会場では、ワインのある食卓を提案する料理人たちが集結して、Craft Food屋台を出店するんだって。焼き鳥、焼き豚、焼き魚、もつ煮込みやおでん、お好み焼き、フレンチ、ベトナム料理などなど。お腹すかせていったほうがいいから、今夜の忘年会は食欲抑え目にね!

ONE LOVE, WINE LOVE -Let’s get together and feel all right

2日間はhanakoでも活躍中のフォトグラファー、Kaoru Yamada がイベントカメラマンとして会場にいるらしいから、レンズを向けられたら、満面の笑みでセイハロー!してね。

『ONE LOVE, WINE LOVE -Let’s get together and feel all right』
■〈国連大学中庭(Farmer’s Market@UNU内)〉
■東京都渋谷区神宮前5丁目53-70
■12月9日、10日
■10:00〜16:00。

寒さに強い女になる!!

「氷原のクリスマス」展

安西水丸さんや皆川明さんなど錚々たるクリエイターを虜にしている名著『愛蔵版 イヌイットの壁かけ 氷原のくらしと布絵』の刊行を記念して、〈浅草橋天才算数塾〉で「氷原のクリスマス」展を開催中。

この作品は、かつて暮しの手帖社より刊行されていた『イヌイットの壁かけ』(絶版)には収録されていなかった「クリスマスの壁かけ」シリーズが掲載されていることでも話題を呼んでいる本。会場では書籍の販売の他、イヌイットによる手仕事や、クリスマス用の物販もしているの。見てるだけでぬくぬくしそうじゃない?

イヌイットの壁かけとは、カナダの北方やアラスカなどの極北の地で暮らすイヌイットの女性たちが、狩りに出かけた夫や父親たちを待ちながら毛皮をなめして、一針一針家族のために縫うバーカー(防寒着)の色とりどりの端切れから生まれたもの。民族の誇りや、厳しい自然環境のなかで培われた生活文化を後世に伝えていくために作りはじめた新しい伝統で、素朴でいきいきとした表現を生み出すカラフルな刺繍が本当に素敵なのよ。寒さに弱い女性や猫はこの作品を見て、防寒の術を学ぶべし!

「氷原のクリスマス」展
■〈浅草橋天才算数塾〉
■台東区浅草橋2-5-8
■12月8日〜12月17日
■12時~20時(イベント開催時は時間帯変更もあり)
■月・火・水・木休
■入場料:無料(要1ドリンクオーダー)

Pick Up

YUNO TAKEMURA PinterestヘアメイクアーティストYUNO TAKEMURAさんがPinterestを使う理由。ヘアメイクアーティストとしてサロンワークを中心に活動するYUNO TAKEMURAさん。私生活では、ヨガを取り入れるなど、充実したライフスタイルに憧れるフォロワーも数知れず。そんなパワフルな彼女の好奇心を日々育んでいるのがビジュアル検索ブラットフォーム。 「ブログやSNSが流行り出したのが学生時代。自然と昔からアウトプットやインプットができるツールに触れてきました。そのうちに、ピンタレストも使うようになり、気がつけば8年目。“五感派”の私にとって、すぐに言語化できない段階の感情や脳内のイメージをビジュアルによって整理してくれるピンタレストはとても便利です」 2021年に独立し、フリーになった彼女。同時にプロダクトブランド〈HOPE〉をローンチしたり、結婚披露宴のコーディネートもはじめ、活躍の幅を広げている。 「〈HOPE〉では自分が使いたいと思うものを展開しています。昔の人が使っていた“カンザシ”を、どれだけ現代のライフスタイルに溶け込ませることができるか考えた時にもピンタレストを利用しました。例えば、最初の段階では、漠然とカンザシを作りたいけれど、どういうデザインにしたいかは自分でも見えていないんです。でも、誰に使ってもらいたいか、どういう自分が身に着けたいかというイメージは頭の中にある。そんな時に、ピンタレストを開けば、どういったライフスタイルに自分が惹かれているのかがビジュアルとして上がっているので、本当に求めているディテールが明確になっていきます。そうやって探索していくうちに、想像を遥かに超えて、新しいマインドにも気づかせてくれるので、プロダクトのデザインも着地していきます。そんなふうに、求めているものをより具体的に形にしていくために、ブランドディレクションやウェディングコーディネートの仕事、そして自分自身のビジョンを思い描くビジョンボードをピンタレストで作ってます」。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.26 PR
ホールに入ってすぐの天井には大きなシャンデリアが。
6630個(!)のクリスタルガラスはアルコールのしずくを表している。文筆家・塩谷舞による「今日、サントリーホールで。」Vol.1「何か豊かなものに触れて気持ちを切り替えたい。美術館で何かいい展示してないかな、映画館は……」。そんな日常の選択肢に加えて欲しいのが「コンサートホール」。クラシックといって構える必要はありません。純粋に音を楽しむのはもちろん、目を閉じてゆっくりと息を吸いながら、最近の自分のことを振り返ったり、あるいは遠くの場所や知人のことを思い出したり。ホールを出るころには心と体がふわっと軽くなる。文筆家・塩谷舞がサントリーホールで体験して綴る、「コンサートホールのある日常」。Learn 2022.12.26 PR
Pinterest_WEB連載-3見て、考えて、作って。ピンタレストはもの作りのパートナー。美しく盛り付けられたお菓子の写真が人気を博し、SNSで計15万人以上のフォロワーを持つフードデザイナーのAi Horikawaさんは、お菓子作りはもちろん、ビジュアル制作まで手掛けている。高校生(!)のときから10年以上使っているピンタレストは、もの作りの基礎体力をつけ、今のキャリアを築くためのツールであり「もの作りのパートナーです」という、彼女のピンタレストライフとは。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。Learn 2022.12.12 PR
Pinterest_WEB連載_#2-1ピンタレストは自分の視野や世界を広げるツール。人物やトラベル、企業などの広告撮影で活躍しているフォトグラファー、もろんのんさん。昨年、フリーランスになるまでは、会社員と兼業していた。そのキャリアの過程を聞いてみると。 「もともとカメラが好きというよりは、友人とのおでかけの延長線上に写真があったんです。学生時代から、『日光の紅葉を見に行こう』『国営ひたち海浜公園のひまわりを撮りに行こう』と、さまざまなところへ出向き、撮影したカットをSNSに載せていたら、Hanakoさんからお声をかけていただいて。写真の仕事を始めて8年目です」 独学でカメラを勉強してきた中、ピンタレストがおおいに役立ってきたそう。 Pinterestに関するアンケートはこちらから。 Learn 2022.12.19 PR