業界初!?日比谷に女性のための本屋〈HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE〉がニューオープン!
2018.04.11

“女性”に特化した本屋があるらしい。 業界初!?日比谷に女性のための本屋〈HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE〉がニューオープン!

この世にはたくさんの本屋があるが、日比谷には“女性”に特化した本屋があるしい。どんな本が並んでいる?男性は入店禁止?気になる店の様子をざっくり紹介します。

Hanako.hibiya / Hanako.hibiya編集部

「日比谷のまちを、おいしく。」

Hanako.hibiya
〈日比谷シャンテ〉の最上階。近隣で働く男性サラリーマンも多く立ち寄っている。

3月23日、〈日比谷シャンテ〉にオープンした〈HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGE〉は、“女性のための本屋”をコンセプトにした店。雑誌、文芸誌、実用書、写真集、音楽・映像ソフトなど女性の心にグッと刺さる商品を中心に取り揃えている。“女性のため”と謳ってはいるが、男性の入店も可能だし、本に性別なんてないから、一般的な本屋に並ぶ本と変わりはないが、その切り口を“女性”という一つのフィルターを通して、新たな提案を行っている。

広さは約189坪。書籍、音楽・映像ソフト、雑貨など幅広いアイテムが揃っている。

たとえば文庫コーナーには、働く女性が主人公の「女子のお仕事 プロレタリア文学」などテーマごとに本をピックアップして紹介。新刊や話題作だけではなく、ユニークなキュレーションで名作を並べる。【続きを見る】

TOPに戻る