手作りの味を楽しみたい。銀座のおいしい和のお昼ご飯3選!
2018.04.12

ほっこりするお昼ご飯。 手作りの味を楽しみたい。銀座のおいしい和のお昼ご飯3選!

日本人なら一度は食べたことがある、飽きのこないスタンダードな弁当といえば「海苔弁」。そして、和のお昼ごはんはここでどうぞ。しみじみとおいしい、ほっとする味わいの定食を厳選しました。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

1.冷めても作り手のぬくもりが伝わる味〈刷毛じょうゆ 海苔弁山登り〉

連日、できたてが店頭に並ぶ端から売れていく人気弁当だ。海苔は有明海の一番摘み、さらには青海苔が付着した希少な“青まぜ”にこだわる。蓋を開けた時にふわりと立ちのぼる磯の香りは、なんともいえない懐かしい気持ちに。箸でスッと切れるやわらかさで、上にひと塗りした醤油の風味がまたイイ。定番の海苔弁は3種類。

大きな焼き鮭がメインの「海」、やわらかな鶏の塩麹焼きがのった「山」と、野菜惣菜を盛り込んだ、女子の支持率が高い「畑」。シャキシャキ食感のれんこん大葉餅、やさしい味わいの炒り豆腐などのシンプルな惣菜と、デザート感覚のほっくり甘い安納芋の大学芋。弁当界の中では地味な海苔弁だが、厳選素材を用いた、何よりもすべて手作業で仕上げられるおいしさでお昼が楽しみに。

〈刷毛じょうゆ 海苔弁山登り〉
■東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B2 
■03-6263-9980
■10:30~20:30/不定休

2.毎朝、河岸で目利きした魚の煮付けを目当てに。〈いしだや〉

しっかりと弾力がある身質のカサゴは濃いめに、カレイなど淡泊な身の魚はやさしい味付けに。魚それぞれの味を消さないよう、醤油よりも甘さを感じるように仕上げるのが、店主・石田康之さんの真骨頂。「本日の魚の煮付け オニカサゴ」1,500円(税込)。

〈いしだや〉
■東京都中央区銀座3-13-2 B1
■03-6228-4793
■11:30~14:00(売り切れ次第終了)、18:00~21:00 LO(土20:00 LO)/土日祝休

3.毎日限定8食! 白米と好相性の逸品。〈銀座圓〉

毎昼、8食で売り切れる幻の定食。2時間かけ丁寧に豚バラ肉を焼いて脂を落とし、香味野菜と一緒に茹で、やわらかく炊き上げ完成まで3日がかり。舌の上でほろっとほどけるやわらかさ。「圓名物 豚角煮」1,200円(税込)。

〈銀座圓〉
■東京都中央区銀座6-12-15 2F
■03-5537-7420
■11:30~13:30 LO、17:30~21:00 LO/ 日祝休
■26席/禁煙

(Hanako1150号掲載:Photo:Akira Yamaguchi,Kenya Abe(Maru,Yasuda,Bansuke)text:Yumiko Ikeda)

編集部

和食でヘルシーにランチを楽しみたい!

TOPに戻る