eatrip主宰の料理人・野村友里さんが新刊ムック本に込めた、未来への想い。
2021.04.28

「会いたくて 食べたくて 私が信頼する 101 の美味しさとその生産者たち」発売中! eatrip主宰の料理人・野村友里さんが新刊ムック本に込めた、未来への想い。

フードディレクター野村友里さんが本誌で連載してきた「Good Neighbors,Good Suppliers」は、彼女が信頼する食材を全国から集めたエッセイ。8年目を迎え、その連載をまとめたムック本を3月29日に発売しました。野村さんが出会った食材たちと生産者、そして今回のムック本「会いたくて 食べたくて 私が信頼する 101 の美味しさとその生産者たち」に込める想いを伺いました。
西村 佳芳子
西村 佳芳子 / Hanako編集部

「編集・ライター。どんどん高まるエンゲル係数と睨めっこの日々。」

西村 佳芳子さんの記事一覧 →

“美味しい”にはいろんな物語がある。

eatrip主宰の料理人・野村友里

塩や醤油、昆布など、野村さんが普段から使う食材を本誌で連載し始めたのは2014年のこと。「これまでいろんな雑誌で連載をしてきましたが、そのほとんどがレシピを考案するもの。Hanako編集長から『野村さんが使っている食材を紹介してほしい』と依頼をもらった時、少し戸惑いましたが、瞬時にいくつかのアイデアが浮かびました」と野村さん。「実際に生産者に会いに行ってみると、食材が作られるまでのストーリーに興味が湧いてきます。単に紹介するのではなく、その物語まで知ってほしかったので、奥行きのある写真を撮ってくださる長島有里枝さん、私の言葉を素敵な文章にしてくださる村岡俊也さんにお願いして、この連載をスタートしたんです」。

eatrip主宰の料理人・野村友里
野村さんが営むグローサリーショップ〈eatrip soil〉には、連載で紹介した数多くのアイテムを取り扱っている。

「連載を始めるとすぐに、生産者のみなさんがすごく喜んでくださっていることを知りました。これまでにはない、彼ら作り手と私たち消費者の良い繋がりを感じて、なんだかとても良いことをしている気分に(笑)」。連載は約200回を数えるほどになり、野村さんは連載を始めてからも新たな出会いを重ねていきました。

eatrip主宰の料理人・野村友里
「会いたくて 食べたくて 私が信頼する 101 の美味しさとその生産者たち」は〈eatrip soil〉店頭やオンラインショップでも販売中。

「連載を追うごとにアイテムは増えていくけれど、使い続けること、読者の方に使い続けてもらうことが私にとって一番の喜び。今回の本では、なかでも会いに行けた人、使い続けているものをセレクトし、101人の生産者を紹介することになりました」(野村さん)。生産者それぞれの物語は、これから食の分野で活躍しようという人たちのヒントにもなるのでは、とも話します。

eatrip主宰の料理人・野村友里

「食事は単にご飯を食べるだけではありません。美味しさの理由はいろいろあって、人と会って話したり、食材について考えたりすることも、その一つになるのではないでしょうか。食べるということには、これだけのいろんな楽しみがあることが伝わるといいですね。ここに載っている生産者の方は、会ってみると本当にエネルギーがあって、ポジティブなパワーを持っています。難しいことを抜きにして、気に入ったものがあったらその場に行ってみたり、会いに行ったりしてほしいです」。

eatrip主宰の料理人・野村友里

ムック本の冒頭で、野村さんはこう語っています。
ーーーこの本は、単なるお取り寄せガイドではありません。私が実際に会いに行った人、これから会いに行く人たちの生き方の断片を集めたもの。小さな輪を閉じることなく、オープンにし、未来へと発酵させていく。そのためのツールですーーー

eatrip主宰の料理人・野村友里

実際に、反響も多く受け取っているそう。「本を読んだ方から『地元にあるお店だけど知らなかった』とか『いつか訪ねてみたいところが増えた』とか、そんな感想をもらえて、新しいような懐かしいような繋がりができたのではと思います。生産者の方は、新しい注文が入ったと報告してくれて嬉しいですね」と野村さん。まずは〈eatrip soil〉の店頭から、生産者に思いを馳せるのも良さそうです。

〈eatrip soil〉
■東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 4F
■03-6803-8620
■11:00〜19:00(日〜18:00)
■月休

発売記念のオンラインイベントを開催!

eatrip主宰の料理人・野村友里

『会いたくて、食べたくて 私が信頼する101の美味しさとその生産者たち』の刊行を記念して、4月28日20時からオンラインイベント(アーカイブ配信あり)を開催します。野村さんのお相手には、島根県雲仙でほほぼ全てが農薬・化学肥料不使用という野菜を直売する〈タネト〉を営む奥津爾さんをお迎え。サイン本付きチケットなど、お申し込みは下記から受付中です。

【オンラインイベント】 野村友里×奥津爾 「食の力 オーガニックがつなぐ、人と土地と。東京と雲仙と」 『会いたくて、食べたくて 私が信頼する101の美味しさとその生産者たち』刊行記念

photo:Shu Yamamoto

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る