酒蔵を改装したホテルも登場!奈良旅行で泊まりたい注目ホテル2軒
2019.09.10

日本酒を存分に楽しめる 酒蔵を改装したホテルも登場!奈良旅行で泊まりたい注目ホテル2軒

「泊まらない奈良」といわれることも多いけれど、実は110年にわたって人々をもてなしてきた優雅なクラシックホテルが残っています。酒蔵改装の宿も登場し、奈良がもっと気軽に。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

〈奈良ホテル〉時が紡ぐ物語を知るクラシックホテル。/高畑

マントルピースに鳥居を合わせた和洋折衷の意匠が目を引く玄関ホール。上村松園の「花嫁」など数多くの美術品も展示されている。

明治42(1909)年、関西の迎賓館として贅を尽くして建てられた〈奈良ホテル〉。寺社が数多く残る古都だけに外観は漆喰壁の瓦葺き建築、内装は桃山風とドイツ風が入り交じる重厚な和洋折衷が特徴で、創業110年の今も変わらない優雅な空間が出迎えてくれる。館内では昔のまま残る意匠を楽しむのはもちろん、飾られた写真や絵画なども見逃したくない。横山大観や川合玉堂ら日本画家による、顧客に配った団扇の原画、鉄道院が運営していた時代のポスターなど、歴史あるホテルならではのストーリーが館内のあちこちにちりばめられているのだから。

創業以来変わらないメインダイニング〈三笠〉。
特別な食事の際には、明治31年の創業時に極東一と謳われた長崎ホテルのカトラリーが登場。奈良ホテルを設計した辰野金吾の師、コンドルが設計という繋がりを持ち、歴史も受け継ぐ。
奈良といえば鹿。敷地内に暮らしている親子もいて、館内から眺められるのがうれしい。
共に創業110周年を迎えた〈牛乳石鹸〉とコラボした限定パッケージの赤箱は、110周年記念プランや宿泊時にプレゼントされる限定品。
正倉院文様の宝相華をデザインした缶に入った8種類のクッキーは、いつも人気のスーべニール。
昔のタグが描かれたオリジナルあぶらとり紙300円やステッカーなど、創業当時を偲ばせるグッズも販売。

〈奈良ホテル〉
110周年記念プラン1室2名利用、朝食付き1人11,000円~。メインダイニング〈三笠〉110周年ランチ5,500円、ディナー11,000円(各税サ込)。記念プランは9/30まで。
■奈良県奈良市高畑町1096
■0742-26-3300(代)

〈NIPPONIA HOTEL 奈良 ならまち〉清酒発祥の街ならではの、酒蔵を改装したホテル。/ならまち

日本酒発祥の地として古くからの酒蔵が今も残る奈良で、かつて酒蔵だった建物をホテルへと生まれ変わらせたのがこちら。

蔵や茶室などを改装した客室では酒粕風呂が用意され、日本酒と奈良食材フレンチのマリアージュを提案するレストランも併設されていて、幾重にも日本酒を楽しめる仕掛けとなっている。

〈NIPPONIA HOTEL 奈良 ならまち〉
春日大社から流れ出る水脈が通る元興寺の旧境内にあり、かつては蔵元が立ち並んでいた場所。客室は8室のみ。〈レストラン ルアン〉のみの利用も可能。日本酒ペアリング3,000円も。
■奈良県奈良市西城戸町4
■0120-210-289(総合窓口11:00~20:00)
■1室2名利用、2食付き1人30,000円~(税サ別)

編集部

奈良の楽しみ方を多数ご紹介しています!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る