「かき氷 屋久島紅茶のミルク紅茶」1,400円。
2021.07.31

今年もかき氷の季節がやってきた! 2021年夏の限定「変わり種かき氷」6選。今年のトレンドは“大人なフレーバー”!?

暑くなってくると無性に食べたくなるかき氷。今年もニューフェイスが続々と登場しています。ひんやりかき氷でこの夏を楽しく乗り切りましょう!

1.〈EMPORIO ARMANI CAFFE Omotesando〉の「南国フルーツのかき氷」

表参道 EMPORIO ARMANI CAFFE

7月から9月末までは、南国フルーツのかき氷も登場します。実は私、かき氷が大好物なんです!好きすぎてかき氷のプロデュースをしたこともあるくらい。しかし、このカフェのかき氷はただのかき氷にあらず。

中にはココナッツパンナコッタとグアバのゼリー、フレッシュマンゴーとパイナップル、ザクザク食感のココナッツとライムのクランブルなどなど。白い氷を食べ進めると、いろんな具材が次々に出てきて、まるでパフェみたい! かき氷をあまり食べないという人にもおすすめしたい、大満足のスイーツです。

〈EMPORIO ARMANI CAFFE Omotesando(エンポリオ アルマーニ カフェ 表参道)〉
■東京都港区北青山3-6-1 オーク表参道1F
■11:00~20:00 不定休

(photo&text:Alice Saito )

2.〈AKOMEYA食堂〉の「かき氷 屋久島紅茶のミルク紅茶」

「かき氷 屋久島紅茶のミルク紅茶」1,400円。
「かき氷 屋久島紅茶のミルク紅茶」1,400円。

食べる前から香りがぷんぷんと漂っていた紅茶のフレーバーは、世界遺産・屋久島で栽培された高品質な和紅茶を煮出した、ミルク紅茶のシロップを使用。ほろ苦くさっぱりとした紅茶と、ミルクのコクが相まって最高!上に乗ったローストした胡桃のザクザク感、これ以上ない組み合わせです。

さらに試してほしいのが、おすすめのリキュール、ラムレーズン。ダークラムとホワイトラムの2種類で漬け込んでまるまると膨らんだレーズンは、口に入れた途端に芳醇な香りで満たされます。粒を噛めば噛むほど中からじわじわアルコールが染み出してきて、一気に大人な味に。ラムレーズンなしじゃ物足りなくなるほど癖になる組み合わせです。一つのかき氷でこれだけ味の広がりを感じられると、最後まで飽きずに楽しめますね!

〈AKOMEYA食堂 神楽坂〉
■東京都新宿区矢来町67
■03-5946-8243
■11:00〜19:30LO ※リキュール提供は19:00まで

〈AKOMEYA食堂 東急プラザ渋谷〉
■東京都渋谷区道玄坂1-2-3 東急プラザ渋谷2F
■03-5422-3592
■11:00〜19:30LO ※リキュール提供は19:00まで

(photo,text:Chiharu Kubota)

3.〈フラテリパラディソ〉の「Granita alla mandorla」

「Granita alla mandorla(グラニータ アッラ マンドルラ)」1,430円(1日15食限定)。
「Granita alla mandorla(グラニータ アッラ マンドルラ)」1,430円(1日15食限定)。

オーストラリア発のイタリアンダイニング〈フラテリパラディソ〉からは、イタリア・シチリア島で定番のかき氷が登場。

グラニータというのは、イタリアで味のついた氷のこと。それを職人が手作業で削っていくため、ふわふわのかき氷というよりは食感の残るような氷になるそう。
今回のかき氷には、アーモンドミルクとアマレットリキュールをミックスして凍らせた氷を使用。大人味のグラニータをベースに、フレッシュなマンゴーソースや、ビアンコマンジャーレをしのばせた、どこか杏仁豆腐を連想させるような味わい。

トップには、甘さ控えめの生クリームで蓋をして、全部を混ぜながら食べるのがおいしい大人のかき氷が完成しました!

4.〈やさい家めい〉の「北海道山川農園の山川わさびとメロンのかき氷」

「北海道山川農園の山川わさびとメロンのかき氷」1,590円(1日15食限定)。
「北海道山川農園の山川わさびとメロンのかき氷」1,590円(1日15食限定)。

契約農家さんから届く新鮮な野菜が、いつでもたっぷりといただけるレストラン〈やさい家めい〉からは、メロンをそのまま食べているようなかき氷が登場!
贅沢にも半分にカットしたメロンの上に、氷、カットメロン、氷、メロン果汁、氷…と重ねていく、メロン好きにはたまらない一皿。

そして最後にトッピングするのは、北海道・芽室(めむろ)の山川農園がつくっている「山川わさび」!!
ちょっとドキドキしながらわさびを待っていると、想像していた緑色のものではなく、ホースラディッシュのような白いわさびでした。

店員さんから「スイカに塩をかけて食べるような感じですよ」と説明を受けたとおり、すんなりと受け入れられる、わさびの清涼感。
メロンの甘味がより引き立つような、絶妙なコンビネーションでした。

〈表参道ヒルズ〉
■東京都渋谷区神宮前4-12-10
■03-3497-0310
■11:00〜20:00
■不定休
 
※「Granita alla mandorla」、「北海道山川農園の山川わさびとメロンのかき氷」ともに8月31日(火)までの限定メニュー。
※新型コロナウイルス感染拡大の状況により、営業時間およびラストオーダーの時間が変更になる場合あり。詳しくは表参道ヒルズホームページの確認を。

(photo&text:Ai Yamashita)

5.〈ザ ストリングス 表参道〉の「かき氷イスパハン」

かき氷、2,000円。
かき氷、2,000円。

日本では、まだまだマカロンをはじめとしたスイーツのイメージが強い〈ピエール・エルメ・パリ〉。パリ〈ボーパッサージュ〉にあるサロンでは、朝食から夜の食前酒まであらゆるシーンで食文化を提案しているとのことで、今回はブランチやディナー、かき氷、アフタヌーンティーの多彩なメニューがラインナップ。

マカロンローズにバラの風味のクリーム、ライチとフランボワーズの酸味が混ざり合い優雅で甘美なハーモニーを奏でる、〈ピエール・エルメ・パリ〉の人気代表作「イスパハン」をはじめ、さまざまな厳選されたガトーが並ぶ、豪華なアフタヌーンティーも登場。日本の夏の風物詩であるかき氷に、「イスパハン」と「サティーヌ」を融合させた〈ピエール・エルメ・パリ〉ならではのかき氷も楽しめる。

〈ザ ストリングス 表参道〉×〈ピエール・エルメ・パリ〉
■東京都港区北青山3-6-8 ザ ストリングス 表参道
■2021年7月14日(水)~9月27日(月)

1F カフェ&ダイニング ゼルコヴァ
■03-5778-4566
■11:30~19:00LO(かき氷提供時間)

(photo&text: Yuko Mano)

6.〈ブルーボトルコーヒー〉の「コーヒーとミルククリームのかき氷」

©ブルーボトルコーヒー
©ブルーボトルコーヒー

ブルーボトルコーヒーから、この夏カフェのメニューとして初めてかき氷のご提供がスタート。今回コラボレートしたのは刺繍家・小林モー子氏がプロデュースする「こんにゃく寿司とかき氷・KON」。季節に合わせ旬の果物・野菜・ハーブやスパイスなど新鮮な素材の組み合わせ、すっとやさしい口溶けの氷と一皿で五感を刺激するような絶妙な食材のマリアージュを楽しめる”大人のかき氷" を展開。オーダーメイドで作られたかき氷マシンで削られたフワフワな氷は、階層によって削り具合を変えるほどのこだわり。 複数の階層に仕込まれたソースや素材のフレーバーが、絶えず味や食感の変化を生み出し、最後まで美味しくお楽しみいただけるかき氷は、多くのゲストに年間を通して親しまれている。

今回ブルーボトルとコラボレートして生まれた「コーヒーとミルククリームのかき氷」は、ブルーボトルのコーヒーを使用したコーヒーシロップと塩生キャラメルソース、隠し味にオレンジピールの砂糖漬けやナッツなどを使用し、食べ進めるごとに驚きと新たなおいしさが生まれる、コーヒーとも相性抜群のかき氷だ。

■販売カフェ:ブルーボトルコーヒー 青山カフェ、六本木カフェ、京都木屋町カフェ、みなとみらいカフェ
■2021年7月1日(月)〜8月31日(火)
■提供時間 11:00 ~ 18:00

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る