Instagramで“1000いいね”獲得!注目の日本橋レトログルメといえば?
2019.12.14

休日デートにも、平日ランチにも。 Instagramで“1000いいね”獲得!注目の日本橋レトログルメといえば?

歴史を感じさせる街並みと、新しい文化が混ざり合う街・日本橋。平日ランチにも、休日デートにもぴったりな老舗グルメをご紹介!どのお店も雑誌「Hanako」の公式Instagramで1000いいね以上伸びたお店。とっておきの一品が勢ぞろい!
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

1.〈たいめいけん〉の「たんぽぽオムライス」

たいめいけん 日本橋

卵がとろける「たんぽぽオムライス」2,800円(税込)は、老若男女問わず虜にする一品。日ごとに鮮度の良い卵を取り寄せ、1皿で4個分を使用している。1週間かけて作られたデミグラスソースのビーフシチューオムライスもオススメ。

たいめいけん  日本橋

〈たいめいけん〉
■東京都中央区日本橋1-12-10
■03-3271-2464
■1F 11:00~20:30LO(日祝~20:00LO )2F 11:00~14:00LO、17:00~20:00LO 1F月休(祝日の場合は翌日休)、2F日祝休 
■60席/禁煙

(Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』掲載/photo : Asami Endo, Ayumu Gombi, Eiichiro Abe, Hiroshi Mashimo, Kanako Furune, Katsuhiko Hirahara, Kazumasa Kitajima, Kazuya Okada, Kengo Motoie, Kentaro Abe, Tomomi Kobayashi, Yu Tsutano text : KWC)

2.〈ロダン〉の「ロースかつカレー」

ロダン 日本橋

“昭和のカレー”の雰囲気を残した欧風の「ロースかつカレー」950円が大人気のカレー専門店。スパイシーなカレーソースは、ひと晩じっくり寝かせて仕込まれる。スプーンで簡単に切れるほどサックリ揚げられたとんかつは、食感を残すためにあえてカレーがかからないよう盛り付け。テイクアウトできるのもうれしい!

ロダン 日本橋

〈ロダン〉
■東京都中央区八丁堀3-8-4
■03-5541-5777
■11:00 ~ 15:00 、18:00~21:30LO 無休 
■46席/分煙

(Hanako特別編集『East Area of Tokyo Station Magazine』掲載/photo : Asami Endo, Ayumu Gombi, Eiichiro Abe, Hiroshi Mashimo, Kanako Furune, Katsuhiko Hirahara, Kazumasa Kitajima, Kazuya Okada, Kengo Motoie, Kentaro Abe, Tomomi Kobayashi, Yu Tsutano text : KWC)

3.〈天丼 金子半之助〉の「江戸前天丼」

金子半之助 日本橋
江戸前天丼 950円

丼からあふれんばかりに盛り付けられた天ぷらは、穴子、エビ、イカ、小柱のかき揚げ、温泉卵など7種類。揚げ油にはごま油とサラダ油をブレンドしたものを使用しており、香ばしさと軽い食感の天ぷらに。秘伝のたれがたっぷりしみ込んだ天ぷらをご飯と一緒にかきこめば、文句なしのうまさ!

金子半之助 日本橋

(Hanako1130号掲載/photo:Yoko Tajiri text:Mikiko Okai)

【お知らせ】Hanako.tokyoでは基本的に本体価格を掲載しておりますが、2019年10月1日の消費税率改定以前に取材・掲載した記事にある(税込)表記の金額については、旧税率での掲載となっております。ご了承下さい。

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

進化が止まらない!行列ができるパン特集進化が止まらない!行列ができるパン特集
TOPに戻る