お好み焼きに納豆が…!?東向島〈ひまわり〉の「納豆天」を食べてみた。
2020.10.08

第79回 なっとう娘の「ねばログ」 お好み焼きに納豆が…!?東向島〈ひまわり〉の「納豆天」を食べてみた。

鈴木真由子25歳。納豆が好きでライブ配信を趣味で始めたところから始まり、今の「なっとう娘」という活動を仕事にすることを決める。納豆のより幅広い楽しみ方を一人でも多くの方に届けたいという想いで始めたコラム、ぜひ覗いてみてください♪今回は東向島にある〈ひまわり〉を訪れました。
鈴木真由子
鈴木真由子 / 納豆インフルエンサー

「『納豆をもっと自由に!』をモットーに”納豆を食べることが仕事”のフリーランス。納豆に関するコラム執筆や納豆会社のSNS運用、飲食店のメニュー開発、大学機関との商品共同開発を手がける。活動の詳細はこちら。」

鈴木真由子さんの記事一覧 →

家庭的な雰囲気の中でいただく1人お好み焼きは落ち着く。〈ひまわり〉@東向島

下北沢 カレー食堂 心

とある日の仕事の帰り道に、かわいい店名のお店を発見。吸い寄せられるようにして店内を覗いてみると、居心地の良さそうな雰囲気。メニューにお好み焼きの「納豆天」を発見し、即入店。

下北沢 カレー食堂 心

価格帯もリーズナブルで、安心感がある。

下北沢 カレー食堂 心

想像以上に納豆の主張が強い盛り付けで、テンションが上がる。納豆は中粒寄りの小粒。まずは納豆を先に3粒いただく。少し噛み応えのある豆感と、後からほのかに香るのが特徴的だ。

下北沢 カレー食堂 心

具材は納豆とキャベツ、卵、天かすに小麦。納豆の粘り気でまとまるため混ぜやすい。「納豆天」以外のメニューに、トッピングの納豆を入れてもおいしそう。

下北沢 カレー食堂 心

焼き始めて少しすると、納豆の香りが漂ってくる。納豆料理の醍醐味だ。納豆の香りを料理する段階から楽しめるのは、自分で焼くことができるお好み焼きならではなのかもしれない。

下北沢 カレー食堂 心

納豆も熱が通ることでふっくらしてきているのが、お好み焼きの断面を見るとよく伝わってくる。

下北沢 カレー食堂 心

まず一切れ目。言わずと知れた納豆の唯一無二の相棒「醤油」で攻めていくことにする。素材の味をダイレクトに味わえるので、シンプルに楽しみたい方にはおすすめ。

下北沢 カレー食堂 心

個人的に「がっつきたくなるコクがほしい!」と感じたので、次はお好み焼きの王道スタイル「ソース&マヨネーズ」で楽しむことに。ソースとマヨネーズが口の中に広がり、その余韻とともに納豆の香りが追いかけてくる。そのコラボレーションが旨味を倍増させてくれた。

下北沢 カレー食堂 心

家庭で食べるような素朴な味わいの「納豆天」。ソース&マヨネーズと納豆の組み合わせは改めて最強だと確認させてくれる1品だった。みなさんも納豆トッピングを見つけた際には、ぜひお試しあれ!

〈ひまわり〉

■03-3619-3180
■東京都墨田区東向島5-8-2
■17:00~24:00 水曜休
 ※変更の可能性もございますので公式ページをご確認の上ご来店ください。

【なっとう娘から一言】
YouTubeで動画をアップしてます!納豆についていろいろな情報を発信してますので、よかったらぜひ観てみてください!詳しくはこちら

今月のスペシャル

『大人からはじめるアウトドア特集』。自然の中で楽しめるアイディアから、お役立ちグッズも!『大人からはじめるアウトドア特集』。自然の中で楽しめるアイディアから、お役立ちグッズも!
TOPに戻る