MARIKOさん
2022.05.04

第61回 【SPECIALIST CLOSE-UP】 『神社は豊かな考え方に触れられる場所。』モデル・MARIKOさんに密着!

仕事に趣味に積極的な女子たちが集まる本誌Hanakoの読者組織『ハナコラボ』。そんなハナコラボパートナーのパーソナルにスポットライトを当てたコーナー。普段は見えない素顔に迫ります。今回ご紹介するのは、神社検定1級を持つモデルのMARIKOさん。学びを通して知ったこと、今後やってみたいことを聞きました。
MARIKOさん

神社の建築的な美しさに惹かれて、宮大工さんの本を読みました。そこに挟まれていた「神社検定」の案内が気になり、受験してみようと決意。もともと神社好きだったとはいえ、いざ勉強を始めると、神道の成り立ちや神話の奥深さなど、知らないことがたくさんあって。頭がパンクしそうになりながら勉強した結果(笑)、無事壱級に合格しました。

それをきっかけに始まったHanako.tokyoの連載では、訪れた神社を紹介しながら、そこにどんな神様がいるのか、どんなご利益があるのかを意識して書くようにしています。神社に行くきっかけにしてもらえたらうれしいし、なんとなく行くよりも意味も知った上でお参りするほうが、ご利益をしっかりいただけるような気がするんです。

神社は自然への畏敬の念が込められている場所。恵みをもたらし、時には猛威を振るう自然を崇拝し、ともに生きてきた日本人の豊かな考えに触れることは、今を生きる私たちにとっても大事なことだと思います。気持ちを鎮めてくれたり、励まされたり。その時々で自分に寄り添ってくれる存在でもあります。壱級を取得したとはいえ、学びに終わりはありません。今後は各地の神社で行われるお祭りも巡ってみたい。地域を守る神社のエネルギーと人々のつながりを感じられる機会。神社の魅力がさらに深まりそうな気がします。

MARIKOさんをつくる3つのこと

MARIKOさん
MARIKOさん
MARIKOさん
MARIKOさん
MARIKOさん
MARIKOさん

1.地元・秋田の神社で買った特大お守り。

秋田市内にある太平山三吉神社は商売繁盛にご利益がある神社。初詣でゲットしたお守りはなんとB5サイズもある。「お守りを見ると、自分の背中を押してくれる感じがします」

2.かわいい多肉植物に癒される毎日です。

盆栽や大きい観葉植物を育てるなど、生活にグリーンが欠かせないというMARIKOさん。「最近ハマっている多肉植物。日々、小さな変化を感じながらお世話するのが楽しいです」

3.家ではピラティスと筋トレが習慣に。

コロナ禍でジム通いから宅トレに変更。「YouTubeでレッスン動画を見たり、オンラインレッスンを受けたり。ピラティスは呼吸に集中できて、自分の体と心に向き合えます」

Profile…MARIKO(まりこ)

モデル。ファッションや美容など幅広いジャンルで活躍する。神社検定1級を持つ神社好き。インスタグラム(@marikozaemon)で発信も。Hanako.tokyoでは「MARIKOの、神社deデトックス!」を不定期連載中。

(Hanako1207号掲載/photo : Masanori Kaneshita text : Mariko Uramoto)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る