No. 1202
ハナコのSDGsライフスタイルブック
気持ちいい生活の、選びかた。/ 松村北斗(SixTONES)

2021.10.28
No. 1202 ハナコのSDGsライフスタイルブック気持ちいい生活の、選びかた。/ 松村北斗(SixTONES)
試し読み
10月28日(木)発売 Hanako1202号「気持ちいい生活の、選びかた。」。昨年の秋、今年の春と続き第3弾となるSDGs特集。今回は最近よく耳にする「ゼロカーボン」という大きなテーマを掲げてみました。お店で何かを買うとき、カフェで何かを食べるとき、私たちが日々暮らしていくなかで様々な選択。その「選ぶ理由」は、美味しい、可愛い、かっこいいなど、まずは自分にとって「気持ちいいほう」が最優先。無理して頑張るのではなく、無理なく続けられる小さなことを積み重ねてみる。それが、持続可能=サステナブルな社会への大きな一歩になると信じています。

「ゼロカーボン」で、地球温暖化ストップのアクションを。

地球温暖化を食い止めるといわれている、CO2排出ゼロ=ゼロカーボン。ハナコなりのやり方で「無理せず毎日続けられること」を大切に、衣・食・住から見えた地球温暖化ストップのために私たちにできることを今回のSDGs特集では考えてみました。地球貢献のカタチのヒントを頼りに、一緒にアクションを起こしてみませんか?
地球温暖化を食い止めるといわれている、CO2排出ゼロ=ゼロカーボン。ハナコなりのやり方で「無理せず毎日続けられること」を大切に、衣・食・住から見えた地球温暖化ストップのために私たちにできることを今回のSDGs特集では考えてみました。地球貢献のカタチのヒントを頼りに、一緒にアクションを起こしてみませんか?
東京・三鷹で農園を営む鴨志田 純さんは、園主の傍らコンポストアドバイザーとして生ごみの堆肥化と有機栽培のシステム作りを行なっています。野菜作りから見えた、ゼロカーボンにつながるマイルールを教えてもらいました。
東京・三鷹で農園を営む鴨志田 純さんは、園主の傍らコンポストアドバイザーとして生ごみの堆肥化と有機栽培のシステム作りを行なっています。野菜作りから見えた、ゼロカーボンにつながるマイルールを教えてもらいました。
余りがちな食材は量り売りで必要な分だけ買い、その後の保存の仕方も大切です。いつもの買い方・保存方法にひと工夫加えるだけで、食品ロス削減に貢献!
余りがちな食材は量り売りで必要な分だけ買い、その後の保存の仕方も大切です。いつもの買い方・保存方法にひと工夫加えるだけで、食品ロス削減に貢献!
衣料ロスも実は深刻な問題のひとつ。これからはすぐ使い捨てずに、ほつれや汚れを直しリメイクして大切に着回す時代!〈ユニクロ〉のように、リサイクルをして最新のアイテムに還元する再生プロジェクトなども始動しています。
衣料ロスも実は深刻な問題のひとつ。これからはすぐ使い捨てずに、ほつれや汚れを直しリメイクして大切に着回す時代!〈ユニクロ〉のように、リサイクルをして最新のアイテムに還元する再生プロジェクトなども始動しています。

私たちを勇気づけたあの人、あの作品を発表!“Hanako Empower Award”

ライフスタイルが日々変化するなかで、ふと顔をあげれば勇気づけられたあの人、あの作品、あの言葉があるはず。そこでHanako編集部では「おかげさまで、ありがとう!」を合言葉に、私たちを支えてくれたものを表彰する“Hanako Empower Award”を開幕!
ライフスタイルが日々変化するなかで、ふと顔をあげれば勇気づけられたあの人、あの作品、あの言葉があるはず。そこでHanako編集部では「おかげさまで、ありがとう!」を合言葉に、私たちを支えてくれたものを表彰する“Hanako Empower Award”を開幕!
法曹という立場から女性をサポートしている、弁護士の太田啓子さん。自身がこれまで扱ってきて事件の経験をもとに、昨年8月に発売された著書『これからの男の子たちへ』を通してジェンダーギャップの実在を語っていただきました。
法曹という立場から女性をサポートしている、弁護士の太田啓子さん。自身がこれまで扱ってきて事件の経験をもとに、昨年8月に発売された著書『これからの男の子たちへ』を通してジェンダーギャップの実在を語っていただきました。

ハナコラボSDGsレポーターズの活動報告も!

読者組織・ハナコラボの中から、SDGsに感度の高いメンバーで結成したSDGsレポーターズ。 Hanako.tokyoでは約1年にわたり、彼女たちが興味・関心を抱く企業やアイテムの取材を行ってきました。これまでとこれから、それぞれが見つめる世の中の状況を今回はスペシャルレポートにまとめています。
読者組織・ハナコラボの中から、SDGsに感度の高いメンバーで結成したSDGsレポーターズ。 Hanako.tokyoでは約1年にわたり、彼女たちが興味・関心を抱く企業やアイテムの取材を行ってきました。これまでとこれから、それぞれが見つめる世の中の状況を今回はスペシャルレポートにまとめています。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →

気持ちいい生活の、選びかた。/ 松村北斗(SixTONES)

ジャニーズWESTとはんなり京都。

ただいま、京都。

好きなのは、
京都らしさ。

1. 町家 [ MACHIYA ]
新たな魅力を作り、町を守る京町家の今。

2. お茶 [ TEA ]
茶葉も様式も様々に進化する茶の時間。

3. 焼菓子 [ BAKED SWEETS ]
ほろっとほどける焼菓子は、京都の注目おやつ。

仁平 綾 エッセイ
ブルックリンから京都へ、
新生活のあれこれ探し。

4. 工芸 [ HANDCRAFT ]
暮らしに彩りを添える、ものづくりの最新形。

5. お寺 [ TEMPLE ]
花に彩られる寺社の美。

6. 食堂 [ DINING ]
上等なだしや素材をふんだんに、町食堂の底力。

7. ホテル [ HOTEL ]
上質な日常を過ごすための京都のホテル。

8. 喫茶店 [ KISSA-TEN ]
名物メニューも看板も、当時の輝きそのままに。

甘いもの、辛いもの。
京都のごちそうをお取り寄せ。

第2特集
都市で暮らす女性のための
はじめての防災。
[ コロナ下のニュースタンダード編 ]

10月28日(木)発売 Hanako1202号「気持ちいい生活の、選びかた。」。昨年の秋、今年の春と続き第3弾となるSDGs特集。今回は最近よく耳にする「ゼロカーボン」という大きなテーマを掲げてみました。お店で何かを買うとき、カフェで何かを食べるとき、私たちが日々暮らしていくなかで様々な選択。その「選ぶ理由」は、美味しい、可愛い、かっこいいなど、まずは自分にとって「気持ちいいほう」が最優先。無理して頑張るのではなく、無理なく続けられる小さなことを積み重ねてみる。それが、持続可能=サステナブルな社会への大きな一歩になると信じています。

「ゼロカーボン」で、地球温暖化ストップのアクションを。

地球温暖化を食い止めるといわれている、CO2排出ゼロ=ゼロカーボン。ハナコなりのやり方で「無理せず毎日続けられること」を大切に、衣・食・住から見えた地球温暖化ストップのために私たちにできることを今回のSDGs特集では考えてみました。地球貢献のカタチのヒントを頼りに、一緒にアクションを起こしてみませんか?
地球温暖化を食い止めるといわれている、CO2排出ゼロ=ゼロカーボン。ハナコなりのやり方で「無理せず毎日続けられること」を大切に、衣・食・住から見えた地球温暖化ストップのために私たちにできることを今回のSDGs特集では考えてみました。地球貢献のカタチのヒントを頼りに、一緒にアクションを起こしてみませんか?
東京・三鷹で農園を営む鴨志田 純さんは、園主の傍らコンポストアドバイザーとして生ごみの堆肥化と有機栽培のシステム作りを行なっています。野菜作りから見えた、ゼロカーボンにつながるマイルールを教えてもらいました。
東京・三鷹で農園を営む鴨志田 純さんは、園主の傍らコンポストアドバイザーとして生ごみの堆肥化と有機栽培のシステム作りを行なっています。野菜作りから見えた、ゼロカーボンにつながるマイルールを教えてもらいました。
余りがちな食材は量り売りで必要な分だけ買い、その後の保存の仕方も大切です。いつもの買い方・保存方法にひと工夫加えるだけで、食品ロス削減に貢献!
余りがちな食材は量り売りで必要な分だけ買い、その後の保存の仕方も大切です。いつもの買い方・保存方法にひと工夫加えるだけで、食品ロス削減に貢献!
衣料ロスも実は深刻な問題のひとつ。これからはすぐ使い捨てずに、ほつれや汚れを直しリメイクして大切に着回す時代!〈ユニクロ〉のように、リサイクルをして最新のアイテムに還元する再生プロジェクトなども始動しています。
衣料ロスも実は深刻な問題のひとつ。これからはすぐ使い捨てずに、ほつれや汚れを直しリメイクして大切に着回す時代!〈ユニクロ〉のように、リサイクルをして最新のアイテムに還元する再生プロジェクトなども始動しています。

私たちを勇気づけたあの人、あの作品を発表!“Hanako Empower Award”

ライフスタイルが日々変化するなかで、ふと顔をあげれば勇気づけられたあの人、あの作品、あの言葉があるはず。そこでHanako編集部では「おかげさまで、ありがとう!」を合言葉に、私たちを支えてくれたものを表彰する“Hanako Empower Award”を開幕!
ライフスタイルが日々変化するなかで、ふと顔をあげれば勇気づけられたあの人、あの作品、あの言葉があるはず。そこでHanako編集部では「おかげさまで、ありがとう!」を合言葉に、私たちを支えてくれたものを表彰する“Hanako Empower Award”を開幕!
法曹という立場から女性をサポートしている、弁護士の太田啓子さん。自身がこれまで扱ってきて事件の経験をもとに、昨年8月に発売された著書『これからの男の子たちへ』を通してジェンダーギャップの実在を語っていただきました。
法曹という立場から女性をサポートしている、弁護士の太田啓子さん。自身がこれまで扱ってきて事件の経験をもとに、昨年8月に発売された著書『これからの男の子たちへ』を通してジェンダーギャップの実在を語っていただきました。

ハナコラボSDGsレポーターズの活動報告も!

読者組織・ハナコラボの中から、SDGsに感度の高いメンバーで結成したSDGsレポーターズ。 Hanako.tokyoでは約1年にわたり、彼女たちが興味・関心を抱く企業やアイテムの取材を行ってきました。これまでとこれから、それぞれが見つめる世の中の状況を今回はスペシャルレポートにまとめています。
読者組織・ハナコラボの中から、SDGsに感度の高いメンバーで結成したSDGsレポーターズ。 Hanako.tokyoでは約1年にわたり、彼女たちが興味・関心を抱く企業やアイテムの取材を行ってきました。これまでとこれから、それぞれが見つめる世の中の状況を今回はスペシャルレポートにまとめています。
編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
No. 1202 ハナコのSDGsライフスタイルブック気持ちいい生活の、選びかた。/ 松村北斗(SixTONES)
TOPに戻る