朝食やランチ、おやつも大満足。丸ノ内線沿線の喫茶&スイーツ店4選【東京〜新宿編】
2018.05.19

都心へのアクセス最高。 朝食やランチ、おやつも大満足。丸ノ内線沿線の喫茶&スイーツ店4選【東京〜新宿編】

東京、銀座、赤坂見附、新宿と都心へ直結している丸ノ内線。その沿線には、オンの日もオフの日も使いたくなる、上質なお店が勢ぞろい。ここでは、モーニングを楽しめる喫茶店やこだわりフルーツを使用したスイーツ、老舗のレアチーズケーキなどご紹介します!

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

1.【東京】忙しい朝もモーニングを!〈イノダコーヒー 東京大丸支店〉

1940年創業、京都府を拠点とする喫茶店。本店のほかに6つの店舗がある京都をはじめ、札幌や広島、横浜などに全13店舗を構える。

豪華な朝食プレートにクロワッサンとドリンクが付いた「京のブランチセット」1,600円で出発前のお腹も満たそう。

(Hanako1150号掲載/photo : Mariko Tosa text : Momoka Oba)

2.【銀座】新鮮なフルーツを楽しむ!〈RAMO FRUTAS CAFE〉

店名の「ラモ フルータス」とはスペイン語で「果物のブーケ」という意味。その名のとおり、和洋のスイーツからカレーまで、メニューはとことんフルーツずくめ。食材は老舗の〈フタバフルーツ〉が厳選。青森産のりんごや瀬戸内のレモンなど、新鮮なフルーツがずらり。

「ベリー&サワーパンケーキ」は、スキレットで焼き上げる薄焼きパンケーキで、お店の名物。トッピングはベリー類とサワークリームがたっぷり。ドリンク付き、1,350円

4丁目交差点に誕生した〈GINZA PLACE〉の3 階。大きな窓から銀座を見渡せる希少な立地。

(Hanako1130号掲載:photo:Kenya Abe, Akiko Mizuno(Brioche) text:Hiroko Yabuki)

RAMO FRUTAS CAFE

RAMO FRUTAS CAFE

  • カフェ
  • 銀座駅

3.【赤坂見附】シンプルで高貴なレアチーズケーキにファン多数。〈西洋菓子 しろたえ〉

1976年創業。看板の「レアチーズケーキ」260円(税込)は、コクと酸味のバランスが絶妙。そのシンプルさの中に潜む高級感に、魅了されるファン多数。


〈西洋菓子 しろたえ〉
■東京都港区赤坂4-1-4 
■03-3586-9039
■10:30~19:00LO(ショップは10:30~20:30、祝~19:30 ) 日休 
■35席/分煙

(Hanako1150号掲載/photo : Tetsuo Kashiwada (KiKi inc.) text & edit : Eri Tomoi)

4.【新宿】フルーツサンドを求めて、週末には行列が!〈果実園リーベル 新宿店〉

苺、パパイヤ、パイナップル、キウイ、バナナ、ブルーベリーの6種を使用した「フルーツサンド」980円。カットされた果実に甘さ控えめのホイップを和える。パンに塗る無塩バターはコーティングと果実を引き立てるアクセントの二つの役割が。

「ホイップクリームは混ぜ過ぎないこと。水分がパンに移るから」とシェフの竹田さん。そんなこだわり満載のフルーツサンドを求めて、週末には行列ができることも!

(Hanako1134号掲載:photo : Megumi Takei text : Miki Konno (kajitsuen,shiseido),photo : Kenya Abe text : Hiroko Yabuki yamanakaya)

果実園リーベル 新宿店

果実園リーベル 新宿店

  • カフェ/フルーツパーラー
  • 新宿駅
編集部

乗り継ぐだけで東京の色々な面を見られるのが楽しい!

TOPに戻る