吉祥寺駅南口で見つけた!スイーツから焼き鳥まで名店4選
2018.03.25

まだまだ知らないお店が沢山! 吉祥寺駅南口で見つけた!スイーツから焼き鳥まで名店4選

南口方面は井の頭恩賜公園が大部分を占め、北口に比べてゆったりした印象だ。公園から少し足を延ばしてみると、長年のファンが絶えない実力派の店が並んでいた。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部

1.コーヒー初心者もOK、ヨーロッパ気分の喫茶店。〈ゆりあぺむぺる〉

ほの暗い店内には、クラシカルなランプシェードやテーブルクロスなど、アールヌーボー の要素がちりばめられている。チョコレートとホイップがのった「ホットモカジャバ」など、アレンジコーヒーが豊富。「ブラックが苦手でも楽しめるね」と二人。

〈ゆりあぺむぺる〉
■武蔵野市吉祥寺南町1-1-6
■11:30~24:00 /無休
■50席/分煙

2.チーズたっぷりの大きなひと切れもペロリ。〈TONY’s PIZZA〉

移転前の代々木時代から数え、今年で50年目を迎える。店主・藤原亀吉さんが店先で作り続けるピザは、刻み方を調節したナチュラルチーズ3種類が決め手。店主がニューヨークで習得した生地製法を、食べやすくアレンジしている。

「フレッシュとまと」(1/4)850円、「スペシャルミックス」(1/4)950円のハーフ&ハーフ。クリームソーダ500円でとことんジャンク。

〈TONY’s PIZZA〉
■武蔵野市吉祥寺南町1-6-9
■ 11:00~ 21:00(ランチ 11:30~14:00 ) /月休
■20席/禁煙

3.優美なティータイムを楽しみたいなら。〈L’EPICURIEN〉

フランスの星付きレストラン〈ジャック・カーニャ〉でシェフパティシエを務めた金子哲也さんが開いたこの店には、正統で美しいフランス菓子が並ぶ。シグネチャーケーキともいえる「レピキュリアン」は、シェフ渾身の一作だ。

焼き菓子も綺麗でプレゼント向き。

〈L’EPICURIEN〉
■武蔵野市吉祥寺南町1-9-5
■12:00~19:00/不定休(現在は週末営業がメイン)
■8席/禁煙

4.一度は交ざってみたい立ち飲み席で焼き鳥。〈いせや総本店〉

あたりが白く煙る店先とそこに立ち並ぶ人々は、吉祥寺になくてはならない光景だ。2008年に改装された店舗は往年の姿を継承し、立ち飲みの風情も守られている。「一度来てみたかった!立ち飲みって楽しいね」と近藤さん。「安くてびっくり」と吉田さん。

ミックス焼き鳥(4本)360円、梅酒ソーダ割り400円(各税込)。注文は簡潔にするのがコツ。

〈いせや総本店〉
■武蔵野市御殿山1-2-1
■12:00~22:00/火休
■120席/喫煙

(Hanako 1151号掲載:photo : Kanako Nakamura text : Kahoko Nishimura)

編集部

スイーツからご飯まで全部きになる!

TOPに戻る