【この秋、とっておきの温泉宿へ。】#3 界 由布院
2022.11.16

棚田を眺める時間。 【この秋、とっておきの温泉宿へ。】#3 大分県・由布市〈界 由布院〉

一瞬にして、別世界へといざなってくれる特別な宿があります。古民家、美食、ジオパーク…。ここでしか味わえない環境で、深まる秋を感じながら、ちょっと贅沢な温泉体験を。

〝多き田〞に由来するとされる大分。その山間エリアにある、湯布院の原風景である棚田を宿の中心に。四季折々で表情を変える景色を日常から離れてゆっくり楽しむ。

〈星野リゾート〉が全国に展開する温泉旅館ブランド〈界〉。伝統文化や工芸、現代風にアレンジした郷土料理など、ご当地ならではの個性を堪能できる。その20施設目として今年8月にオープンしたのが〈界 由布院〉。国内有数の源泉数・湧出量を誇る大分県湯布院温泉の由布岳を望む静かな立地に位置。

棚田を囲むようにテラスや客室「蛍かごの間」、離れ「蛍かごの間(棚田離れ)」が配置され、反対側には、くぬぎ林に面した離れ「蛍かごの間(くぬぎ離れ)」も。1室限定でペットの受け入れも可能。
棚田を囲むようにテラスや客室「蛍かごの間」、離れ「蛍かごの間(棚田離れ)」が配置され、反対側には、くぬぎ林に面した離れ「蛍かごの間(くぬぎ離れ)」も。1室限定でペットの受け入れも可能。

〝棚田暦で憩う宿〞をコンセプトとし、宿の中心に広がる棚田は、表情豊かに私たちを迎えてくれる。田植え前の水が張られた春の棚田は、空や周囲の風景を映し出す水鏡となり、夏の田植え後は若苗の瑞々しい新緑が一面に。 だんだんと緑から金色のグラデーションに染まっていき、秋の収穫期に豊かに実った稲穂は、まるで黄金色の絨毯。稲刈り後は稲わらをアートのように積み上げた〝わらこづみ〞 も。朝霧や夕焼け、満天の星など、季節だけでなく時間帯でも情景が変化し、どこか懐かしさと新鮮さが入り交じる原風景が広がる。

フロントやロビーは土間のような
空間。
フロントやロビーは土間のような 空間。
由布岳ビューの露天風呂。泉質は化粧品成分にも使われるメタけい酸を豊富に含む単純温泉。
由布岳ビューの露天風呂。泉質は化粧品成分にも使われるメタけい酸を豊富に含む単純温泉。
ベッドのヘッドボードや、蛍かごから着想を得た照明など、あらゆるインテリアに大分の伝統工芸である竹細工を使用。
ベッドのヘッドボードや、蛍かごから着想を得た照明など、あらゆるインテリアに大分の伝統工芸である竹細工を使用。
由布岳や棚田を眺められる「棚田テラス」。
由布岳や棚田を眺められる「棚田テラス」。
フロントやロビーは土間のような
空間。
由布岳ビューの露天風呂。泉質は化粧品成分にも使われるメタけい酸を豊富に含む単純温泉。
ベッドのヘッドボードや、蛍かごから着想を得た照明など、あらゆるインテリアに大分の伝統工芸である竹細工を使用。
由布岳や棚田を眺められる「棚田テラス」。

それが一番映えるよう宿を設計・デザインしたのは建築家・隈研吾氏。上質な農家風の奥座敷をイメージし、たたきや板間など農家の空間構成を取り入れている。宿の中心である棚田を一望できる座敷空間をデザインした「棚田テラス」もそのひとつだ。縁側に寛ぐようにゆったりと腰掛けて、そよ風に揺れる稲穂を眺めながら、静けさの中に響く虫の音や鳥のさえずり、木々のさざめきに耳を傾ける。ここにしかない特別な時が流れる穏やかな空間は、身も心も癒し、五感までも満たしてくれる。

夕食はご当地の食文化を生かし、野山の恵みを堪能できる特別会席を用意。メインはスッポンだしにお肉をくぐらせる「山のももんじ鍋」
夕食はご当地の食文化を生かし、野山の恵みを堪能できる特別会席を用意。メインはスッポンだしにお肉をくぐらせる「山のももんじ鍋」
牛肉、猪肉、鹿肉、そして希少な穴熊肉の4種を用意。
牛肉、猪肉、鹿肉、そして希少な穴熊肉の4種を用意。
夕食はご当地の食文化を生かし、野山の恵みを堪能できる特別会席を用意。メインはスッポンだしにお肉をくぐらせる「山のももんじ鍋」
牛肉、猪肉、鹿肉、そして希少な穴熊肉の4種を用意。

〈界 由布院〉

チェックイン後やチェック アウト前には、わらをより合わせてお守りを作る「わら綯い体験」も(無料)。当日現地にて受付。

住所:大分県由布市湯布院町川上398|〈地図〉
TEL:050- 3134-8092(界予約センター)
室数:全45 室
料金:1泊2名1室・1名35,000円~(2食付き、税・サ込み)
公式HP:https://hoshi noresorts.com/ja/hotels/kaiyufuin/

※特集で紹介している宿の宿泊料金は、年末年始、GW、夏休み、お盆などのハイシーズンは変わることがあります。また、入湯税、サービス料の表記は各宿によって違いがあります。料金はあくまで予算の目安として、詳しくは宿にお問い合わせください。

photo : Nozomu Tomita text : Emi Taniguchi

prof_hensyubu
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る