〈シェフズ ライブ キッチン〉人気の“北海道フェア”が2019年夏、期間限定でスタート!
2019.06.30

北の大自然が育んだ“大地”と“海”の恵みが盛りだくさん! 〈シェフズ ライブ キッチン〉人気の“北海道フェア”が2019年夏、期間限定でスタート!

〈シェフズ ライブ キッチン〉がこの夏お届けする、第14弾のフェアは“北海道”!大自然が育んだ新鮮な食材をたくさん使い、ファーストディッシュからデザートまで、北海道を存分に堪能できる期間限定の『日本を味わおう 第14弾 北海道フェア』試食会へ参加してきましたので、メニューをご紹介します!

高橋聖子 / フリーライター

「全国各地の器を巡るのが夢で、旅と食と工芸に関することを発信するのが好き。モットーはワクワクを大切生きること。」

高橋聖子
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

この夏のフェアはグルメの宝庫、“北海道”!

「ヘルシー、ビューティー、フレッシュ」をコンセプトに、ライブ感あふれるブッフェスタイルを展開する〈シェフズ ライブ キッチン〉が、“日本を味わおう”をテーマに開催してるフェアも今回で第14回目!料理長の佐藤氏とグルメジャーナリスト・東龍氏のコラボレーションによるシリーズ企画で、北海道は今回で3回目となるほど人気のフェアです。しかも北海道出身の佐藤料理長が自ら現地に出向き、出身者ならでは目線で選んだ食材が並ぶので見逃せません。
試食会では、贅沢にディナービュフェを堪能させてもらいました。早速、試食させていただいたメニューを一挙にずらーっとご紹介していきます!

「ファーストディッシュ」のスープ。

ファーストディッシュの「コラーゲンたっぷり 北海道産カスべのスープ」。北海道では、エイを“カスべ”と言いますが、カスべは食欲増進効果があるのでファーストディッシュにピッタリ。

芳醇なバターの香るパイをあけると、中にはカスべの他に、えのき、大根、ねぎなど野菜もたっぷり入っていて、とっても美味!

カラフルなサラダ5種。

クスクスがまるで土のよう。

サラダコーナーはどれも彩り豊かで、目で見ても楽しめるサラダばかり!彩り豊かに飾られたスティック野菜は、「豆腐ディップ」「バーニャカウダソース」「ブルーチーズソース」のお好みのソースで。野菜はどれもみずみずしく新鮮でシャキシャキ!

山わさびドレッシングで食べるタコのから揚げが入った「タコと夏野菜のさっぱりサラダ」や、みそ仕立てのドレッシングで食べる「札幌名物ラーメンサラダ」に、

「北の大地で育ったレッドムーンとトンデンファームのコンビーフサラダ」と「知床鶏もも肉のロースト スパイシーサラダ」の5種。
レッドムーンとは赤い色のじゃがいものことで、味はインカのめざめのような甘さがあり、カッテージチーズやコンビーフとも相性よく食べ応えもバッチリ。

野菜と果物がメインの「前菜」。

赤肉メロンとトマトの甘さに感激!

6種類ある前菜から、4種類を試食。あまじょっぱい味がクセになる「北海道産赤肉メロンのジュレをまとった生ハムムース」(左)と「『天地人トマトジュース』の2色ババロア バジルヨーグルト添え」(右)。トマトのババロアは、フルーティーな味わいと酸味が効いた2層に分かれています。
ちなみに「北海道産赤肉メロンのジュレをまとった生ハムムース」は料理長のイチ押し!

卵の殻に入った可愛い「とうもろこしのフラン ホワイトコーンの冷たいスープで」は、スープの下に洋風の茶碗蒸しが隠れています。とうもろこしの甘さをふんだんに楽しめる一品。右はコラーゲンたっぷりの豚のすね肉を柔らかく煮込んでゼリーにした「アイスバインのテリーヌ ハスカップディップ」。ハスカップとは北海道の果実で、ベリーのような甘みと酸味が特徴です。

ディナービュッフェの人気「ライブコーナー」では。

一つひとつネタも大きい!
左端は醤油漬けされた山芋。

北海道といえば、新鮮な海の幸も魅力!お寿司のネタは、「まぐろ・小樽前浜のほっけ・北海道産カレイ・サーモン・イカ・海老」の6種類。ほっけやカレイなどが新鮮な刺身でいただけるのは、北海道産ならでは!

海老とヤングコーンを抹茶塩で。

天ぷらは、海老・北海道えりものシシャモ・旬の野菜各種から選択。海鮮はもちろん、野菜がジューシーで制覇したくなるほど。

食べ応えのある、「料理長特製ローストビーフ」のほかに、ライブコーナー(ディナーのみ)では「鉄板ジンギスカン」「海鮮丼」などが味わえます。

お肉や魚貝メインの洋風「温製」。

北海道出身の佐藤料理長。

「温製」は洋風の6種構成。料理長、直々にラクレットチーズをたっぷりかけてもらった「北海道カラフルポテトとベーコンのチーズ焼き」。北海道のじゃがいもは何度食べても飽きません。

お肉がとっても柔らかかった「十勝マッシュのパテと仔牛香草パン粉焼」。香草パン粉の薄さとサクッと感が絶妙です。

ハスカップの果肉も味わえる「北海道産ポークのロースト ハスカップソース」。果実を煮詰めた芳醇な香りと酸味のある、あたたかいソースが決め手。

カニ、白身魚、つぶ貝などがごろごろ入っています。

魚貝の旨みがたっぷり出た「北海道産シーフードのブイヤベース」。ニンニクの効いたマヨネーズソース「ルイユ」を少し入れるとコクがアップして、より深い味わいに。

ピンクの色がひと際目立つのは、「カジキマグロのソテー 北海道ビーツのバターソース」。肉厚のカジキマグロの上には、ラタトゥイユがトッピングされています。

留萌産小麦で作られたパスタの「ルルロッソのパスタと夏野菜のグラタン」。肉や魚のメインに負けないくらい、チーズや野菜もおいしいところが北海道の魅力!

爽やかなスイーツやドリンクも見逃せない!

メロンゼリー、いちごの豆乳パンナコッタ、マンゴープリン、チョコとバナナのムースのベリーヌ系や、

パイナップルやスイカなどのカットフルーツも。

酸味の効いたレアチーズ、マンゴー、パッションフルーツなど使ったケーキにチョコレートフォンデュなど、デザートもかなり盛りだくさん!

夏らしい爽やかなカリビアンブルーが際立った「シークレットアイランド」(1,000円※1)のノンアルコールカクテルもおすすめ!ドリンクの中に入っている丸いものは、凍らせたパイナップルジュースで、フローズンカクテルとしても楽しめます。もちろんアルコールに変更も可能。ほかに赤肉メロンやブドウを使った北海道麦酒や、余市ワインなど北海道産アルコールも充実しています。

このバラエティに富んだ北海道グルメを、東京にいながら堪能できるのは、かなり贅沢なフェア!北の大地が育んだ豊富な食材と海の幸を堪能しに、この夏は〈シェフズ ライブ キッチン〉の北海道フェアにでかけてみてはいかがでしょうか。


※1 ビュッフェ代には含まれません。税別、サービス料(13%)別途。

『日本を味わおう 第14弾 北海道フェア』概要
■2019年7月1日(月)~9月5日(木)
■東京都港区海岸1-16-2 シェフズ ライブ キッチン(ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ 3F)
■03-5404-2246
公式サイト
■ランチビュッフェ 11:00〜12:30、13:00〜14:30の2部制 
大人3,725円、子ども1,991円(土日祝 大人4,201円、子ども2,251円)
※8月10日~18日は大人4,506円、子ども2,251円。

ディナービュッフェ 17:30〜22:00
大人5,430円、子ども2,875円(土日祝 大人5,986円、子ども3,117円)
※8月13日~16日は大人5,986円、子ども3,117円。

※子ども料金の対象年齢は4~12歳。
※税別、サービス料(13%)別途。
※ラストオーダーは各終了時間の15分前。

高橋聖子

北海道出身の私もがっつり堪能しました!私のおすすめはファーストディッシュとサラダ、野菜の天ぷら。野菜はどれも甘くておいしい!!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る