神楽坂さんぽの新名所〈AKOMEYA TOKYO in la kagu〉がオープン。
2019.05.09

初業態の茶屋や、フード系ワークショップも! 神楽坂さんぽの新名所〈AKOMEYA TOKYO in la kagu〉がオープン。

街歩きが楽しい街・神楽坂に、ライフスタイルショップ〈AKOMEYA TOKYO in la kagu〉がオープンしました。コンセプトは「一杯の炊きたてのごはんから、つながり広がる幸せ」。同店初のカフェ業態となる〈AKOMEYA茶屋〉が登場したことも話題を集めています。日本各地から集めたHealth&Beautyアイテムが充実している点も見逃せません。神楽坂さんぽの目的地にしたい新名所をご紹介しましょう。

城 リユア / ライター

「東京在住、ときどきベトナム。旅やライフスタイルを取材。下町にワンコと一緒に暮らし、撮影スタジオも営む。好きなものは焼き鳥とインドカレーと横丁」

城 リユア
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

初業態の〈AKOMEYA茶屋〉で、抹茶あんこラテ!

〈AKOMEYA茶屋〉では、抹茶や柚子などを使ったドリンクやスイーツ、軽食やお酒が楽しめます。一番人気のドリンクは「抹茶あんこラテ」(S421円、M464円、L507円)。カップの下に溜まったアンコを混ぜて飲むと、お茶ならではの胃もたれしない爽やかな甘みが口の中に広がります。

押上にあるスパイス料理の店〈SPiCE Cafe〉と〈AKOMEYA TOKYO〉がコラボレーションしたオリジナルカレーも〈AKOMEYA茶屋〉でテイクアウトできます。こちらの写真は「カレー2種盛り」(972円)で、ごはんは羽釜焼き白ごはんか、羽釜焼き和ビリヤニ(+162円)から選択可能。

また、さまざまなフード系のワークショップやイベントも定期的に開催されており、店内で詳細が告知されています。

380年続く老舗〈Shiratama Salon 新三郎〉でツヤツヤ白玉を!

〈Shiratama Salon 新三郎〉では、これまで九州でしか食べられなかった粉から作るツヤツヤ、モチモチの美しい白玉スイーツを堪能できます。特に「白玉クリームあんみつ」(864円)がオススメ。牛乳ソフトクリームと、つぶ餡、季節のフルーツ、弾力あるトゥルトゥルの寒天が、白玉と相まって、口福のハーモニーを奏でるのです。

日本各地のHealth&Beautyアイテムが大集合。

地方発のビューティーアイテムが充実しているのも、〈AKOMEYA TOKYO in la kagu〉の特徴です。

例えば熊本の石鹸ブランド〈リーメイハーバル〉は無農薬・無化学肥料で育てられた素材で作った石鹸が自慢。新陳代謝を高め細胞を若返らせるといわれる成分「ポリアミン」を多く含む「納豆の石鹸」(2,160円)は、アンチエイジングや。くすみ・肌荒れ防止に効果が期待できるそう。

ほかにも、天然のアミノ酸、酵素、ミネラル、ビタミンなど70種類以上を含有するフルボ酸の入った“飲む化粧水”「富里酸水」(1,944円〜)もオススメ。

オリジナルのBeautyアイテムも!

お米の長所を余すことなく使った〈AKOMEYA TOKYO〉オリジナルのアイテムもそろっています。こちらの「ハンドクリーム」(2,484円)は、岩手県奥州の無農薬・無化学肥料のお米から作ったもので、お米のやさしさを実感できるはず。ほかにも、ネイルオイル、アロマミスト、石鹸などがラインアップ。

魅惑の“ごはんのお供”& お米の量り売り。

お土産やプレゼントにぴったりの、ごはんのお供や、調味料、こだわりの出汁をはじめとした食品の品揃えも豊富。特に紀州南高梅の「あごだし梅」(648円)は、たびたび入荷待ちになるくらい大人気とか。

なかでも筆者が注目したのは、「カレーみそ」(540円)や、炊飯器に入れるだけで簡単に作れる「瀬戸内 鯛めし」(1,296円)。一つあるだけでその日のごはんが待ち遠しくなるアイテムばかりで迷ってしまいます。

日本各地から厳選した約20種類のお米のうち12種類は、1キロ単位で測り売りも行っています。ここでは白米と玄米の間にあたる“分づき米”も精製できるとか。「栄養素を多く残したいけれど、玄米だと食べづらい」といった方はぜひ注文してみて。

〈AKOMEYA厨房〉で炊きたてごはんのメニューを。

これまで銀座本店にしかなかったお食事処〈AKOMEYA厨房〉も登場。炊きたてのごはんをはじめ、店内で購入できるごはんのお供や調味料を使った様々なメニューが楽しめます。写真はランチメニューの「季節の小鉢膳」(2,500円)。

毎日食べるお米にこだわることで、QOL(=クオリティ オブ ライフ)がぐっとレベルアップすることを実感できる新名所へ、この春、ふらりと出かけてみませんか?

〈AKOMEYA TOKYO in la kagu〉
■東京都新宿区矢来町67
■11:00~20:30
厨房:11:00〜15:00、17:30〜22:00
茶屋:8:00〜22:00
〈AKOMEYA TOKYO in la kagu〉公式サイト

城 リユア

身体にやさしいコスメやスキンケアアイテムが揃っているのもポイントが高いですね。大充実のフード系のワークショップもぜひ参加してみたいです。

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る