000_DSC05041
2020.12.09

ホッカホッカの蒸し立てをおうちで食べる幸せ! 台湾の老舗直伝の味!世田谷〈鹿港(ルーガン)〉の中華まんじゅうをお取り寄せ。

東急世田谷線上町駅近くでいつも行列ができている肉まん屋さんとして知られる〈鹿港〉。店頭の大きなせいろで蒸されたアツアツを求めるファンが多いお店です。そのルーガンの中華まんじゅうはお取り寄せができます。おうちでホッカホカの蒸し立てをいただいて、おなかも心も温まりましょう。

老舗人気店で修行した店主が作る忘れられない台湾の味。

「【全4種類】各5個(20個)セット(肉まん・あんまん・まん頭・黒糖まん頭)」2,700円(税込・送料別)。
「【全4種類】各5個(20個)セット(肉まん・あんまん・まん頭・黒糖まん頭)」2,700円(税込・送料別)。

〈鹿港〉は2003年にオープン。かつて店主さんが台湾で日本語教師をしていたとき、観光地の鹿港で初めて「肉包(ローパオ)」と呼ばれる肉まんを食べて感動。その味が10年経っても忘れられず、日本の人たちに食べてもらいたいと何度も頼み込んで修行したのだそう。そのおかげで門外不出だった台湾の老舗の味が日本でも食べられます。

今回お取り寄せしたのは、「肉まん」「あんまん」「まん頭」「黒糖まん頭」がそれぞれ5個ずつ入った詰め合わせです。

世田谷 鹿港

湯気のたったせいろや鍋で蒸すなら冷蔵状態から5分、冷凍からなら15分。もちろん電子レンジで温めてもおいしくいただけますが、やはり蒸して調理すると格別です。お取り寄せすると調理方法を書いた紙が添えてあるので、おいしく食べる方法を確認してくださいね。

肉汁と甘味のある皮のコンビネーションがたまりません!

世田谷 鹿港

蒸し上がってホカホカになった「肉まん」。蒸す前からひとまわり大きくなった姿がかわいくて、食べたい気持ちも膨らみます。

世田谷 鹿港

甘みのある生地の中には国産豚バラ肉と台湾油ネギを使った肉あんがごろっと入っています。肉に接していた皮の部分にはジューシーな肉汁が染み込んでいます。

世田谷 鹿港

「あんまん」は十勝産小豆を使ったこしあん入り。あんには黒ゴマも入っていてコクと深みのある味わいです。皮とこしあん、2種類の甘みが舌の上に広がると温かさも手伝ってホッとします。

冷凍庫でストックしたいアレンジ自在な「まん頭」。

世田谷 鹿港

「まん頭」は具材の入らない中華蒸しパンです。肉まんに使う生地をさらに手をかけて仕上げられています。フカフカに蒸しあがった「まん頭」のきめ細かな生地は指の跡がすぐついてしまうほど柔らかです。

世田谷 鹿港

「黒糖まん頭」は黒糖が持つ深い甘味が加わり、やさしい甘味とコシのある食感に味わえます。黒糖の優しい香りと色が心もお腹も穏やかにしてくれそうです。

世田谷 鹿港

「まん頭」は切れ目を入れてから蒸して、お肉や野菜を挟んで食べるのもおすすめ。もちろんパンと同じようにジャムなどをつけて食べるのも◎。今回は市販の焼き豚とサニーレタスを挟んでみました。「まん頭」はボリュームがあって、冷めてもふっくらしているので、朝蒸して具材を挟んでランチに持っていってもおいしく食べられます。

世田谷 鹿港

消費期限は「肉まん」と「あんまん」は冷蔵で4日、「まん頭」と「黒糖まん頭」は冷蔵で1週間。冷凍すると1カ月ほど日持ちします。

蒸している間、湯気のたつ鍋の前に立っている時間さえ楽しい寒い時期の定番おやつ、中華まんじゅう。台湾直伝の味を世田谷からお取り寄せして、本格的な味をおうちで味わってみては?

〈鹿港〉
■東京都世田谷区世田谷3-1-12
■03-5799-3031
■9:00~ ※売切れ次第終了
■木、第2・4水休 ※7・8月は毎週水木休
公式サイト

野崎さおり
野崎さおり / フリーライター

「おいしいと楽しいに貪欲なフリーライター。郷土料理や外国の料理へも興味は尽きません。趣味は現代アート鑑賞とパン屋さん巡り。」

野崎さおりさんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る