日本のウユニ塩湖は香川県にあった!?絶景も、ローカールフード&スイーツも充実の香川県・父母ヶ浜へ。
2020.11.27

わざわざ訪れる価値あり! 日本のウユニ塩湖は香川県にあった!?絶景も、ローカールフード&スイーツも充実の香川県・父母ヶ浜へ。

瀬戸内ののどかな景色が広がる香川県・三豊市に、あのボリビアのウユニ塩湖さながらに“映える”水辺スポットが!周辺のショップやレストランとあわせてご紹介します。(TOP画像/Photo by CHEBI)
矢吹 紘子
矢吹 紘子 / ライター兼通訳案内士

「Hanako本誌にて「Tokyo: take a bite 通訳案内士の東京案内英会話」を連載中。海外メディアの日本取材のコーディネーションや執筆も行う。インスタグラム:@tokyoai_hiroko」

矢吹 紘子さんの記事一覧 →

「日本のウユニ塩湖」は、わざわざ訪れる価値ありの絶景スポット。

香川県・父母ヶ浜
南米まで行かなくても、四国でこんな写真が撮れちゃうなんて。(Photo by CHEBI)
香川県・父母ヶ浜
この日は風が強くて、コンディション的にはあまりよくなかったのですが、それでも美しい。
香川県・父母ヶ浜
みんなが一斉に写真を撮り始めるのもおもしろかった。

香川県西部に位置し、人口6万2千人ほど。瀬戸内式気候に恵まれ、冬でも比較的温暖に過ごせるこの町で、今観光客が急増中。おめあては、約1キロに渡るビーチ・父母ヶ浜。夕暮れ時、潮が引いた時の景色が、ボリビアのウユニ塩湖そっくりだと話題なのです。

香川県・父母ヶ浜
だんだん日が暮れてきて、あたりがオレンジに。
香川県・父母ヶ浜
この夕日を見られただけで幸せでした。

映えるショップが色々。ローカルフードもハイレベル。

香川県・父母ヶ浜
香川県・父母ヶ浜
香川県・父母ヶ浜

お土産探しにも使えるショップはもちろん、地元のベーカリーが始めた海辺のバーガー店や、ドライフラワーで埋め尽くされた、超絶映える雑貨店など、行くべきお店が多すぎて困るくらい。まず最初にご紹介するのが、父母ヶ浜の目の前にある〈岡崎製パン所(BAKE STUDIO OKAZAKI)〉(@naokiokazaki)。バンズは自家製。観音寺市にある〈津久茂発酵所〉の麹を使い発酵させているそう。アボカドモッツアレラバーガー1,000円。プラス250円でドリンクセットに。ショーケースにはアメリカンスタイルのドーナツ(250円〜)やパンも。

香川県・父母ヶ浜
香川県・父母ヶ浜
香川県・父母ヶ浜
地元産のみかんなどを使ったフルーツサンドやパイサンド(各600円)も。

こちらは、今年8月にオープンした〈Seasonal stand〉(@seasonal_stand)。店中ドライフラワーで埋め尽くされています。地元三豊産の紫陽花が天井に。全て売り物で、1本数百円から買うことができます。

香川県・父母ヶ浜
香川県・父母ヶ浜

父母ヶ浜のビーチを目の前に望む〈KAKIGORI CAFE ひむろ〉(香川県三豊市仁尾町仁尾乙202)では、地元産の食材を取り入れたかき氷をいただけます。季節の限定メニューも。こちらは三豊産の栗を使ったかき氷(950円)。上品な甘さでペロリといけちゃいました。廃棄食材を使った「もったいない氷」(900円、各税込)なんてのも。

香川県・父母ヶ浜
香川県・父母ヶ浜

建材や資材のショールーム〈DEMI 1/2〉(香川県三豊市詫間町詫間 890-1)。1階にはショップが併設。地元産の塩やスパイスなどの調味料、みかんジュースなど食に関するお土産が充実してました。

香川県・父母ヶ浜

香川ということでやっぱりうどん。お隣観音寺の〈つるや〉(香川県観音寺市坂本町3-7-18)は、地元の人からも信頼される人気店。この肉うどん(大500円)が絶品でした。おでんはセルフ方式で1本100円(各税込)。

あてもなくドライブして、のどかな風景に癒される。

香川県・父母ヶ浜
歴史がありそうな木造建築がずらりと。
香川県・父母ヶ浜
みかんは地元の特産品。たくさんの畑があります。
香川県・父母ヶ浜
高台には海とコンボで撮れるスポットも。

青い海に雄大な海岸線、小高い丘にはみかん畑。海辺の町ならではの、のんびりとした景色を眺めているだけで、疲れが吹き飛んでしまいます。

香川県・父母ヶ浜

有機栽培の曽保みかんを生産する〈曽根果樹園〉(@sonekajyuen)。時期により様々な品種が収穫されます。冬の終わりに登場する自家製マーマレードはリピート買い必須の美味しさだとか。

香川県・父母ヶ浜
香川県・父母ヶ浜

10/31〜11/8まで父母ヶ浜芸術祭Vol.0が開催されていました。映像を交えたライブなど、さまざまな企画やイベントが。それにしてもこのロケーションで音楽、最高。父母ヶ浜はもちろん、近隣にも見所がたくさん。冬の旅のデスティネーションに、ぜひ。

(photo:Hiroko Yabuki)

2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。

今月のスペシャル

定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集定番からトレンドもわかる!『愛され手土産』特集
TOPに戻る