ワインと生ハムで角打ちも楽しめる! イタリアの風を感じられる、練馬のイタリアワイン専門店〈エノテカ・アリーチェ〉を訪ねて。
2019.10.11

Hanako w/ Seibu 〜22人のお店と、その暮らし。〜 ワインと生ハムで角打ちも楽しめる! イタリアの風を感じられる、練馬のイタリアワイン専門店〈エノテカ・アリーチェ〉を訪ねて。

練馬駅の繁華街から少し離れた〈エノテカ・アリーチェ〉は、都内でも珍しいイタリアワインの専門店。ワインの販売を中心に、パスタや缶詰、生ハムやチーズの量り売りなども取り扱い、買ったワインを店内で飲むこともできます。その雰囲気はまるでイタリアの街角にあるワインショップそのもの。ここには、上質なワインを気取らずに楽しめる、大人のための心地いい時間が流れていました。

Hanako w/ Seibu / 編集部

「22人のお店と、その暮らし。」

Hanako w/ Seibu
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

約1500種類をラインナップ。立ち飲みも楽しめるイタリア専門のワインショップ

扉を開けると、壁一面にぎっしりとひしめくワインの数々。店内のショーケースには、イタリアのラ・カゼーラ社から直輸入するチーズや生ハム、サラミなどが並び、その種類の充実ぶりと魅力的なラインナップに、ワイン好きなら間違いなくワクワクしてしまうはず。

「基本はイタリアンレストランへのワインの卸売りと一般のお客さまへの小売りがメインで、ワインと一緒にイタリア食材も販売しています。イタリアに行くと、ワインと食材が売っている店内で飲めるお店が多くて、そういうお店をやりたくてここをオープンしました」と、店主の矢立泰介さん。

イタリアワインは料理と味わうのが一番の楽しみ方。「『こんな料理に合うワインが欲しい』とか、『そのワインならこの生ハムが合いますよ』とか、お客さまと会話しながら提案させていただいています」(矢立さん)

この日もご近所さんたちが集合して、奥のワインセラーで立ち飲みしながら大盛り上がり。次々にボトルが空いていく豪快な飲みっぷりに、見ているこちらが清々しくなるほど。イタリア全土のワインが約1500種類、しかも1,000円台からあり、有名なイタリアンレストランからも信頼されるクオリティのものをリーズナブルに味わうことができます。卸だからこそ叶う膨大な数の品ぞろえと幅広い価格設定は、〈エノテカ・アリーチェ〉の強みであり魅力でもあります。

ワイン樽がテーブルに早変わり。店内のスタンディングカウンターやテラス席でもワインを楽しめ、このフランクさもまた、イタリア現地のお店を彷彿とさせます。

■続きは「Hanako w/ Seibu」をチェック。

Hanako w/ Seibu

Hanako w/ Seibu 公式サイトはこちら。https://seibu.hanako.tokyo/

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る