t_MG_0666
2019.07.22

ふわふわパンと練乳バタークリームのマリアージュ。 口いっぱいに広がるミルク感!長野のご当地パン「牛乳パン」まずおさえるべきパン屋はここ!

まるでおそろいのような白い袋に、ふわふわのパンとたっぷりのクリーム。長野県民のソウルフードともいうべき定番のパンがあります。牛乳パンを作るお店は県内全域に星の数ほど。評判のお店を探しました。

〈小松パン店〉/松本

_MG_0762
130種ほどあるパンはどれもビッグサイズ。惣菜パンも豊富で、地元の学生たちにも人気のパン屋さんだ。
130種ほどあるパンはどれもビッグサイズ。惣菜パンも豊富で、地元の学生たちにも人気のパン屋さんだ。

大正11年創業の、松本では最も古いベーカリー。

_MG_0641
厚さはなんと約9㎝、毎朝手作りするバタークリームは約3㎝!(編集部調べ) 
厚さはなんと約9㎝、毎朝手作りするバタークリームは約3㎝!(編集部調べ) 

パンもクリームも口溶けの良さを追求し、特にバタークリームのホイップ具合は気温に合わせて微妙に加減する。40年前に治夫さんの代になり、サービス精神旺盛な性格ゆえ、クリームはどんどん増量。生地の水分の25%は牛乳で、ミルクが豊かに香る。

〈小松パン店〉
JR松本駅から徒歩15分。牛乳パンは早ければお昼ごろには売り切れるが、取り置きも可。298円(税込)。
■長野県松本市大手4-9-13
■0263-32-0172
■8:30~19:00 日祝休

〈小林製菓舗〉/長野

_MG_0252

大判に焼いたパンにホイップクリームを塗り、丁寧に切りそろえて袋詰めと、一から十までせっせと手作業で作られた牛乳パンは、店頭のほか地元のスーパーや百貨店に並ぶ。

ひとつ290円(税込)。一時はパン袋の版が廃番になりかけたことも。愛着のあるこのパッケージに、毎日約160個の牛乳パンが詰められていく。オブセ牛乳入りのパン生地は、コーヒー牛乳パンやジャムカステラパンにも使用。牛乳パンと同じくらい人気の品だ。
ひとつ290円(税込)。一時はパン袋の版が廃番になりかけたことも。愛着のあるこのパッケージに、毎日約160個の牛乳パンが詰められていく。オブセ牛乳入りのパン生地は、コーヒー牛乳パンやジャムカステラパンにも使用。牛乳パンと同じくらい人気の品だ。

2代目の憲司さんは、牛乳パンについて調べるうち、材料を改めて検討。昨年から昔なじみの牛乳屋さんの「オブセ牛乳」を生地に練りこんでパワーアップした。

〈小林製菓舗〉
お菓子作りの傍ら、数十種類のパンを次々焼き上げる。JR豊野駅から徒歩3分。
■長野県長野市豊野町豊野1083
■026-257-2267
■8:30~18:00 日休

(Hanako1128号掲載/photo : Kenya Abe text : Kahoko Nishimura)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る