鎌倉在住の料理家・なかしましほさん御用達!鎌倉の頼りにしているグルメ店4軒
2019.05.22

あの鎌倉銘菓で知られる老舗の隠れた名スイーツも。 鎌倉在住の料理家・なかしましほさん御用達!鎌倉の頼りにしているグルメ店4軒

雑誌Hanakoで「散歩のレシピ」を連載する料理家のなかしましほさんは、鎌倉に引っ越して1年半。暮らしの中で、「頼りになる鎌倉のお店」を一緒に散歩してもらいました。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

1.〈萩原精肉店〉お得なものから特別なものまで。ちゃきちゃき感じのいいお店。/小町

「鎌倉らしく、和と洋の間のデザインをオーダーしました」と店主。

創業72年の昔ながらのお肉屋さんが、2012年にリニューアル。〈Design Eight〉が手がけた高級感ある装いとは裏腹に、普段使いできる店だ。

店頭には黒毛和牛や国産牛、L字型の通路を入ると黒豚、やまゆりポーク、鶏肉などを陳列。自家製焼売や焼豚、ローストビーフはレジ横に。
焼豚は毎日焼きたて。モモと肩ロースがあり、100g 380円。

なかしまさんはいつも焼豚やローストビーフを注文。「焼豚のちょっぴり甘めな味付けが好きです」

〈萩原精肉店〉
■神奈川県鎌倉市小町1-4-29
■0467-22-1939
■9:30~18:30 日祝休(不定休あり) 

2.〈鎌倉紅谷 八幡宮前本店〉手作りだからこそ、一つ一つに表情がある。/雪ノ下

本店の新装開店に伴い、ロゴもリニューアルした。

鎌倉の定番おやつ「クルミッ子」を作る老舗〈鎌倉紅谷〉は、昨秋に本店がリニューアルオープン。

「クルミッ子」は鎌倉土産の鉄板。左から、「プチギフトBOX」(2個入り)562円、16個入り2,333円、8個入り1,166円、5個入り724円(各税込)。ばら売りもある。
〈鎌倉紅谷〉で唯一要冷蔵の「鎌倉の鐘」648円。

隠れた名品としてなかしまさんが教えてくれた生菓子「鎌倉の鐘」は、スポンジ生地とバタークリームを重ね、鐘型に成形して粉砂糖をまぶすところまで手作りであることが驚きだ。

〈鎌倉紅谷 八幡宮前本店〉
■神奈川県鎌倉市雪ノ下1-12-4
■0467-22-3492
■9:30~17:30(土日祝~18:00) 無休

3.〈アナン邸〉スパイスはここまで広がるのかとわくわくする商品がいっぱい。/極楽寺

築100年の民家が〈アナン〉のショップ。

スパイスセット「カレーブック」で有名な〈アナン〉は、インド人のアナンさん、バラッツさん親子が営むスパイス商。

縁側が気持ちいい。
右上から時計回りに、「インドのおかき」200円、「カレーブック(辛口)」667円、「ゴールデンミルクブレンド」700円、「酵母チャツネ ベーシック」800円、「レトルト極楽寺カレー」450円、「カレーだし」1,000円。

オリジナルやコラボものなど数え切れない商品を生み出してきた。ほっこりする手描きのデザインやユニークな名前も魅力的な商品は、全国のショップに卸すほか、〈アナン邸〉にも勢ぞろい。

〈アナン邸〉
■神奈川県鎌倉市極楽寺2-6-14
■0467-25-6416
■10:00~16:00 不定休

4.〈ぎゅう舎〉大好きなおこっぺソフトに鎌倉で出会えた!/小町

ヨーグルトやチーズなど、ショーケース内のものもオーガニックが基本だという。

有機JAS認証を取得した酪農場、北海道〈ノースプレインファーム〉がご実家のオーナーが鎌倉に出店。

牛乳1本690円(各税込)
「牛乳ソフトクリーム」350円。アレンジ商品の「お小豆さんソフトクリーム」にかける小豆は店頭で炊き、季節のフルーツソースも無添加の手作り。

牛乳と砂糖のみで作ったナチュラルなソフトクリームは、コーンも特別だ。なるべく無添加の材料を用い、ミルクの風味を邪魔しない素朴な味に仕上げた。

〈ぎゅう舎〉
■神奈川県鎌倉市小町2-12-27 鶴ケ岡会館1F 
■0467-84-9179
■10:30~17:00 不定休 
■6席/禁煙

なかしましほ/料理家。国立にある焼菓子店〈foodmood〉を中心に、ナチュラルなおやつとごはんを提案する。『たのしいあんこの本』(主婦と生活社)など、レシピ集多数。

(Hanako1172掲載/photo : Yoichi Nagano, Tomo Ishiwatari text : Kahoko Nishimu)

編集部

「鎌倉の鐘」おいしそう!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
TOPに戻る