新富町 Vin Nature a
2019.05.03

食べ損ねちゃった深夜の救世主。 ラストオーダー遅めの都内おしゃれレストラン・バル3軒。ワインとともに深夜ごはんが叶う!

食べ損ねちゃったけどお腹ペコペコ。そんな時の救世主とは?ワインとともに深夜ごはんが楽しめる、ラストオーダー遅めの都内レストラン・バル3軒をご紹介。

1.〈欧風小皿料理 沢村〉丸の内の夜景を見ながら本格料理とワインを深夜まで。/東京

〈欧風小皿料理 沢村〉 東京

軽井沢が本店のベーカリーレストラン。信州食材も取り入れた欧風料理とソムリエ厳選のワインがそろい、パスタなども充実。深夜もしっかり食事を楽しみたい人に最適。

〈欧風小皿料理 沢村〉 東京

濃厚でリッチな味わいの牛ほほ肉の赤ワイン煮込み2,250円は、自家製の熟成酵母パンやワイン(グラス850円~)がこよなく進む。

〈欧風小皿料理 沢村〉 東京

(Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : Michi Murakami, Megumi Uchiyama, Kayoko Aoki, MEGUMI (DOUBLE ONE), Natsumi Kakuto text : Asami Kumasaka, Kimiko Yamada, Kahoko Nishimura, Aya Shigenobu)

2.〈Vin Nature a〉軽く寄るにもしっかり食事にも。ナチュラルなワインを目指して。/新富町

ワインはヴァンナチュールのみ。フランス産を中心に60~80種。グラス 800円~、ボトル 4,500円~
ワインはヴァンナチュールのみ。フランス産を中心に60~80種。グラス 800円~、ボトル 4,500円~

ワインを軽く飲みたい時は1階カウンターへ、友人と過ごすなら2階のテーブル席へ。ラインナップしているワインはナチュラルなもののみ。ワインはヴァンナチュールのみ。フランス産を中心に60~80種。

手前から、キッシュロレーヌ 1,000円、ボケロネス 800円、極上「生ハムとサラミ」の盛り合わせ 2,700円(各税込)
手前から、キッシュロレーヌ 1,000円、ボケロネス 800円、極上「生ハムとサラミ」の盛り合わせ 2,700円(各税込)

「頭で考えることなく、素直においしいと思えるもの」と、店主。シャルキュトリの名店〈サルメリア69〉の生ハムや、チーズのコクが濃厚な自家製のキッシュをつまみに、ゆっくりとした時間を。

古い木造の一軒家を利用した店。
古い木造の一軒家を利用した店。

古い木造の一軒家を利用した店。

(Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : Yuko Moriyama text : Yumiko Ikeda)

3.〈Wine & Diner Macchia〉ワインと共に楽しめる、深夜ごはんのおいしさを実感。/祐天寺

祐天寺 Wine & Diner Macchia

厨房を担うシェフ。カウンターにはソムリエの寄川一馬オーナーが。“ちゃんと食べられるカウンターの店”がコンセプト。現地で修業し、銀座の高級フレンチでも腕を磨いた布山純志シェフはこの店で、フランスの伝統的な家庭料理を再現。

「前菜+グラタン+卵かけごはん」(2,500円)、「前菜4種盛り」(S)(800円)、「アンディーブと豚ハムのクリームグラタン」(900円)、「トリュフの卵かけごはん」(800円)、グラスワイン(900円)
「前菜+グラタン+卵かけごはん」(2,500円)、「前菜4種盛り」(S)(800円)、「アンディーブと豚ハムのクリームグラタン」(900円)、「トリュフの卵かけごはん」(800円)、グラスワイン(900円)

特に肉料理はおすすめで、フレンチメンチカツなどほかにはないメニューも。「おひとりのお客様も多いので」とここではSサイズが豊富なのもありがたい。

祐天寺 Wine & Diner Macchia

メニューは黒板から。本日のデザートは600円均一でいろいろあり。

(Hanako『ふだんづかいの大銀座』掲載/photo : Yuko Moriyama text : Yumiko Ikeda)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る