ひとり飲みデビューは、吉祥寺・ハモニカ横丁のビアバー〈アヒル ビアホール〉がおすすめ!
2019.03.18

女性人気は、明るく気さくな店長にあり!? ひとり飲みデビューは、吉祥寺・ハモニカ横丁のビアバー〈アヒル ビアホール〉がおすすめ!

女子ひとり飲みにおすすめの吉祥寺のお店とは?Hanakoシティガイド『やさしい、吉祥寺』「笑顔になれる人に会いに行く。」より、ハモニカ横丁にあるビアバー〈アヒル ビアホール〉をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア

ディープな横丁で、ひとりビアバーを満喫。

お酒好きや話好きの人たちで、カウンター席がいっぱいになることも。オープンな空間で、ひとりでも入りやすい。

ハモニカ横丁にある〈アヒルビアホール〉は、1階にカウンター、2階にテーブル席があり、地元の人だけではなく、海外から来た旅行客でもにぎわっている。店内の壁にはずらりとお酒が並んでいて、30種類のワインや、5種類のビールを楽しめる。

「ブラウマリオーガニックレッド」2,980円

ワインと相性のよい、ヨーロッパ直輸入のチーズを9種類ほど取りそろえている。クルミがぎっしり入った自家製パンとチーズの盛り合わせ1,400円や「ハウスワイン・グラス赤」600円は、女性に人気。

「海老と彩り野菜のサラダベトナム風(パクチー入り)」890円
「トリッパのトマト煮」1,260円

女性に人気な理由は、明るく気さくな店長にあり!?

1階カウンターでは、明るく気さくな店長の曽根田浩子さんが出迎えてくれる。客の悩み事や人生相談のアドバイスもしてきたことから、女性客が多く、常連客で立ち飲み席がいっぱいになることも。1階のカウンター奥と2階のトイレには“アヒルの今月の目標”として、みんなが楽しく働けるような名言を、曽根田さんが毎月掲げている。客もスタッフもモチベーションが上がるような言葉を選んでいるので注目してほしい。隈研吾氏がデザインした2階奥のテーブル席も斬新なデザインで、見どころ満載。

〈アヒル ビアホール〉

■東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-2(ハモニカ横丁
内)
■0422-20-6811
■ 11:30~24:00(BAR TIME 15:00~24:00) 無休
■45席/喫煙

(Hanakoシティガイド『やさしい、吉祥寺』掲載/phot:Kenji Nakata, Natsuki Kuroda model:Misa Kimura(ASOBISYSTEM) text:Seiko Takahashi)

編集部

暖かい雰囲気で飲むお酒は美味しいに決まってる!

  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア
  • LINEでシェア
yokoyoko_sidebar
TOPに戻る