三浦半島や鎌倉の野菜がふんだんのランチプレートは、メインにスープが付いて1,600円。
2022.07.11 — Page 1/2

鎌倉ぷらぷら散歩。 【鎌倉】「ツバキ文具店」の作者・小川糸さんと行くグルメスポット6軒

毎月数日は鎌倉で過ごすという小説家・小川糸さん。町の住人やお店に注ぐ眼差しは温かく、愛にあふれる。訪れるたびに新発見があるという町の魅力について聞く。足の向くまま、気の向くままのときもあれば、さっさと直線コースで歩くときもある。小説を片手に編集部も歩いてみた。

1.小物も置かれたかわいいお店。〈はな〉/若宮大路

日によって異なるが売り切れる時間に注意。
日によって異なるが売り切れる時間に注意。

レンバイに店を構えるお団子屋さん。川崎の名店〈おだんごのマルヤ〉のあん、みつ、ごまなどの団子(1本130円)、豆大福となつかしの餅菓子が並ぶ。
■神奈川県鎌倉市小町1-13-10
■11:00~売り切れ次第 月火休

2.進化を続ける“4日仕込み”の熟成ルー。〈woof curry(ウーフ カレー)〉/長谷

野菜とゆで玉子がトッピングされたスペシャルカレーとドリンクのセット。1,700円。
野菜とゆで玉子がトッピングされたスペシャルカレーとドリンクのセット。1,700円。

熟成することで味がまとまり、スパイシーながら角の取れた味わいへ。マスターの探究心で、スパイスを増量したりと現在も進化中。
■神奈川県鎌倉市長谷2-10-39
■0467-25-6916
■11:00~21:00 水休
■18席

3.日替わり定食でほっとする。〈sahan(サハン)〉/御成

定食は1 種類のみ。パンとご飯は週替わり、惣菜は月替わり。1,430円。
定食は1 種類のみ。パンとご飯は週替わり、惣菜は月替わり。1,430円。

メニューは定食1つのみ。季節のおかずとスープ、ご飯と汁物のローテーション。店の器と席から眺める鎌倉駅のホームが素敵。
■神奈川県鎌倉市御成町13-38 2F
■0467-24-6182
■11:30~20:00 水木休
■14席

4.一皿にいくつもの味がある。〈湘南倶楽部〉/小町

三浦半島や鎌倉の野菜がふんだんのランチプレートは、メインにスープが付いて1,600円。
三浦半島や鎌倉の野菜がふんだんのランチプレートは、メインにスープが付いて1,600円。

オーナー石田憲子さんはアメリカ〈シェ・パニース〉で修業した日本人第1号。エレガントな語りで小川さんの鎌倉指南役。ハヤシライスも有名。
■神奈川県鎌倉市小町2-5-6
■0467-22-1914
■12:00~18:00 火水木休
■18席

5.モーニングも人気。〈パラダイスアレイ〉/小町

ニコニコパンとはこの店のあんぱんのこと。
ニコニコパンとはこの店のあんぱんのこと。

レンバイにお店を構えて18年。ここの「ニコニコパン」も頻繁に登場する。オーナー勝見淳平さんのパンに魅せられた人は多い。
■神奈川県鎌倉市小町1-13-10
■0467-84-7203
■8:00ごろ~17:00ごろ 不定休
■7席

6.おやつもカレーも手作りを大切に。〈OXYMORON komachi(オクシモロン コマチ)〉/小町

エスニックそぼろカリー1,320円。独自のスタイルのカレー。
エスニックそぼろカリー1,320円。独自のスタイルのカレー。

ここにしかないカレーと思わせる、香菜、大葉など4種の薬味を添えた一皿。小川さんの小説に登場のプリンも実在する。
■神奈川県鎌倉市雪ノ下1-5-38 2F
■0467-73-8626
■11:00~18:00(17:00LO)水休
■36席

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る