新宿 新宿ウイスキーサロン
2021.12.12

新宿は夜が断然面白い。 おひとりさまでも楽しく飲める!【新宿】仕事帰りに行きたいBAR3選

今回は夜が楽しい街・新宿にある素敵なバーをご紹介。こだわりのお酒と名物バーテンダーに癒されて。

1.〈新宿ウイスキーサロン〉

新宿 新宿ウイスキーサロン
新宿 新宿ウイスキーサロン
「マスター オブ ウイスキーサワー」1,800円
「マスター オブ ウイスキーサワー」1,800円
新宿 新宿ウイスキーサロン
新宿 新宿ウイスキーサロン
新宿 新宿ウイスキーサロン
「マスター オブ ウイスキーサワー」1,800円
新宿 新宿ウイスキーサロン

“バーテンダーしずたにえん”でTikTokをバズらせているバーテンダーがいるらしい。そんなウワサを聞いたのは、今年の春頃。それから、半年ほどで5万人のTikTokのフォロワーを持つようになった“しずたにえん”さんに会いに向かったのは、新宿のとあるビル。無骨な外観のビルとうってかわり、扉の奥は整然とウイスキーボトルが並び、和を感じる美しい空間が広がります。

〈新宿ウイスキーサロン〉
ジャパニーズウイスキーを中心にセレクトされており、壁にも桜の絵が描かれるなど日本を感じる空間。カウンターのほかにテーブル席やスタンディング席もあり、本格的なウイスキーをリラックスして楽しめる。

■東京都新宿区新宿3-12-1 佐藤ビル3F
■03-3353-5888

2.〈BAR BenFiddich〉

新宿 BAR BenFiddich
カクテルに向かう眼差しは真剣。
カクテルに向かう眼差しは真剣。
「トムヤムクンのモスコミュール」1,500円
「トムヤムクンのモスコミュール」1,500円
新宿 BAR BenFiddich
新宿 BAR BenFiddich
カクテルに向かう眼差しは真剣。
「トムヤムクンのモスコミュール」1,500円
新宿 BAR BenFiddich

〈BAR BenFiddich〉のコンセプトは”Farm to glass”。オーナーの鹿山さん自ら畑を持ち、現在テニスコート4面分の土地に、フェンネルやジュニパーベリー、ミントやにがよもぎなどを栽培。果てには養蜂まで行い、収穫したものをカクテルに昇華しています。

〈BAR BenFiddich〉
動物の剥製や古い絵画などとともに古い薬草酒が並ぶ店内は異空間。オーナーの鹿山さんの畑で採れたハーブを使ったボタニカルカクテルが楽しめる。

■東京都新宿区西新宿1-13-7 大和家ビル9F
■03-6258-0309
■日祝休

3.〈BAR LIVET〉

新宿 BAR LIVET
新宿 BAR LIVET
「フラガンテ」1,500円
「フラガンテ」1,500円
新宿 BAR LIVET
新宿 BAR LIVET
新宿 BAR LIVET
「フラガンテ」1,500円
新宿 BAR LIVET

グラスをまっすぐに見据え、長い柄でシェリーを注ぐ”ベネンシアドール”で出迎えてくれたのが、本日のバーテンダーの小倉 友翔さん。華麗な印象通り、自らのイメージは「動物で例えるなら、ペガサスかなあ。自由が好きなんです」と笑います。

〈BAR LIVET〉
シングルモルトウイスキー「ザ・グレンリベット」を中心に600種類のウイスキーが揃うウイスキーバー。小倉さんによるフレッシュフルーツのカクテルや、シェリーのカクテルも充実。

■東京都新宿区新宿3-6-3 ISビル4F
■03-6273-2655

児島麻理子の「TOKYO、会いに行きたいバーテンダー」

児島麻理子の「TOKYO、会いに行きたいバーテンダー」
児島麻理子の「TOKYO、会いに行きたいバーテンダー」

お酒業界での広報歴11年。児島麻理子が注目の若手実力派バーテンダーをクローズアップ。日々進化を遂げる話題のバー情報をキャッチしつつ、気軽な楽しみ方をお伝えします。敷居が高いと思われがちなバーを、もっと身近に感じられますように……!(第2月曜更新)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る