5個入り1,620円(税込)
2021.07.04

涼しげな見た目がGOOD 夏の手土産「進化系羊羹」4選。冷やして食べれば、美味しさ倍増!

夏の時期、手土産として喜ばれるのがさっぱりとした「羊羹」。羊羹と聞くとクラッシックなイメージですが、近年はおしゃれに進化中!今回はそんなおしゃれモダンな羊羹を中心にご紹介します。

1.〈ショコラトリー カルヴァ Chocolaterie CALVA〉の「羊羹ショコラ」

「羊羹ショコラ」2,260円(税別)
「羊羹ショコラ」2,260円(税別)

〈ショコラトリー カルヴァ Chocolaterie CALVA〉の「羊羹ショコラ」も絶品です!何度も紹介していますが、やはり安定のおいしさです。蒸し焼きにした軽やかな口当たりのお羊羹と、深みのある濃厚なガナッシュの2層になった「羊羹ショコラ」は滑らかな舌触りで上品な味わい。羊羹が苦手な方にもぜひ召し上がっていただきたいです。大人気の「どら焼きショコラ」もオススメですよ。

〈ショコラトリー カルヴァ Chocolaterie CALVA〉
■神奈川県鎌倉市山ノ内407

(photo,text : Reika Yasuhara)

2.〈NEXT 100 YEARS〉のフルーツの羊羹

〈NEXT 100 YEARS〉のフルーツの羊羹

遊び心たっぷりの落雁が人気の和菓子店〈UCHU wagashi〉から生まれた新ブランドが、Web販売を開始。白あんベースの羊羹に、桃や甘夏などのピューレで作ったフルーツ羹をちりばめて。白あんのほっくりとした食感とフルーツの甘酸っぱさが絶妙なハーモニー。

〈UCHU wagashi 寺町本店〉
■京都府京都市上京区寺町通丸太町上ル信富町307
■075-754-8538
■11:00〜17:00 火水休

(Hanako1188号掲載/photo:Kunihiro Fukumori text:Azusa Shimokawa)

3.〈五穀屋〉の「発酵さしすせそ羊羹 五季(いつき)」

5個入り1,620円(税込)
5個入り1,620円(税込)

同店が独自に5つの季節を表現した色彩豊かな玉羊羹。酒・塩糀・酢・醤油・味噌の発酵調味料をベースにした味わいがそろう。「豊かな風味と軽やかな後味。お茶の旨みと合う和菓子」。ぷるんとした丸いフォルムも愛らしい。

〈五穀屋(ごこくや〉
公式サイト

Navigator/山時慶子(さんとき・けいこ) 外食をこよなく愛するレストランPR。20代の頃から本誌を読み込み、端から端まで食べ歩くほどの銀座好き。日本料理を学ぶうち、茶道も究めたいと裏千家に入門。自身の稽古の傍ら、小学生向けの茶道教室やテーブル茶道の講師も務める。朝ごはんは「和菓子と一服」。

(Hanako1184号掲載/photo:Yoichiro Kikuchi styling:Shikiko Ishida Ryutaro Koizumi)

4.〈長門屋〉の「羊羹ファンタジア」

〈長門屋〉の「羊羹ファンタジア」

まず、お菓子の箱としてのクオリティが素晴らしい。有名な日本画家さんが描いているんだそう。胸ときめかせながら箱を開けます。これ、本当に羊羹?と思ってしまうようなパッケージ。はい、間違いなく羊羹ですね。製造している〈長門屋〉さんは会津の老舗和菓子屋さんです。

中身は普通の羊羹…だと思うでしょ?切ってみますよ。見てください、この断面。澄んだ空に鳥が羽ばたき、山の向こうにまん丸お月さま。パッケージの世界観そのまま、まるで絵画のようです。

反対側も切って、さらに驚き。今度は三日月の下に佇む鳥の絵が!そう、切る場所によって、絵が変わっていくんです。なんて素敵な仕掛けでしょう。

(photo&text:Kaori Manabe)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る