錦糸町 SOUTH LAB 南方
2019.12.20

本場超えの味。 錦糸町の“リアル香港”へ。広東料理〈SOUTH LAB 南方〉の全9品6,500円ディナーコースを大公開!

ここ数年でどんどん進化している東京の中華。今回は、“本場の味”を追求した錦糸町の広東料理店〈SOUTH LAB 南方〉をご紹介します。

本場超えの味に出合える錦糸町の“リアル香港”。

錦糸町 SOUTH LAB 南方

日本の中華料理人気を支えてきた広東料理。フカヒレや燕の巣、伊勢海老といった食材を用いる高級店が広東料理のスタンダードという潮流はいま、大きく変わりつつある。

ゴージャスにドレスアップした料理ではなく、シンプルに本場の味を貫いているのが、錦糸町の〈SOUTH LAB 南方〉。香港への渡航回数450回以上、現地の文化や食に精通し、予約が取れないレストランとして話題を集めた外苑前〈楽記〉(現在閉店)の立ち上げにも関わった菊池和男さんと香港出身のシェフ、チャム・チイコウさんのテーマは、リアルな広東料理をより多くの人に知ってもらうことだ。

9品からなる6500円コースを、ナチュラルワインとともに。

1.季節のスープ。圧倒的な旨みをたたえた上湯スープに干し貝柱と黄ニラを合わせて。2.鶏白子ペースト揚げと南方イカのすり身揚げ。白子を卵黄と上湯でのばし、冷やし固めてふわふわ食感に。3.パクチーサラダ。素揚げにした根も添えて。4.鳩の醤油煮。醤油をベースにローリエや丁子、草果、八角などに鳩を漬け、低温で煮ている。5.香米。6.牛肉ガパオ。香港の無添加オイスターソースにタイ産のたまり醤油とナンプラーを加えたソースも美味。素揚げしたガパオの葉もたっぷり。7.青野菜の上湯がけ。丸鶏や金華ハムを6時間煮込んだスープの一番だしをかけて。8.蓮の葉包みご飯。鴨、チャーシューなど具だくさん。9.杏仁豆腐。
1.季節のスープ。圧倒的な旨みをたたえた上湯スープに干し貝柱と黄ニラを合わせて。2.鶏白子ペースト揚げと南方イカのすり身揚げ。白子を卵黄と上湯でのばし、冷やし固めてふわふわ食感に。3.パクチーサラダ。素揚げにした根も添えて。4.鳩の醤油煮。醤油をベースにローリエや丁子、草果、八角などに鳩を漬け、低温で煮ている。5.香米。6.牛肉ガパオ。香港の無添加オイスターソースにタイ産のたまり醤油とナンプラーを加えたソースも美味。素揚げしたガパオの葉もたっぷり。7.青野菜の上湯がけ。丸鶏や金華ハムを6時間煮込んだスープの一番だしをかけて。8.蓮の葉包みご飯。鴨、チャーシューなど具だくさん。9.杏仁豆腐。

6500円のコースは10品前後が登場するが、老鶏や金華ハムを丁寧に煮込んでとる上湯や契約農家から仕入れる中国野菜、香港で買い付ける食材を用いた料理は素朴な見た目から想像もつかないほどエネルギッシュな味わい。

料理にスパイスやハーブを多用するため、その味を引き立てるような個性的なワインもそろえている。各国のナチュラルワインをはじめ、最近話題のオレンジワインまで網羅する。ボトルワインは4,500円から、グラスは10種前後用意。
料理にスパイスやハーブを多用するため、その味を引き立てるような個性的なワインもそろえている。各国のナチュラルワインをはじめ、最近話題のオレンジワインまで網羅する。ボトルワインは4,500円から、グラスは10種前後用意。

個性豊かなナチュラルワインに合わせれば料理のおいしさも楽しさもより増幅する。気取らない町中華の雰囲気に、テクニックをひけらかさないシンプルな料理。いまの気分にぴったりなリアル香港がここにある。

〈SOUTH LAB 南方〉

コースは全3種。
■東京都墨田区錦糸3-7-3 オフィスナカジマビル1F 
■03-6658-5299 
■18:00(土12:00)~22:00LO(日~21:00LO) 月休 
■25席/禁煙

(Hanako1179号掲載/photo : Yoichiro Kikuchi text : Keiko Kodera)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る