無題 (5)
2021.04.05

第28回 Hanako Beauty Editor's Pick-up!編集部厳選コスメ 2021年トレンドは“日本酒”?蔵元発のおすすめ日本酒スキンケア5選

Hanako本誌連載「Hanako Beauty Skin Care Editor's Pick-up!」1195号よりお届け。今回は蔵元発信コスメを厳選。昔から舞子さんの間で化粧水代わりに使われてきたという日本酒。その美肌パワーを役立てた今注目のコスメをフィーチャーします。
〈高清水〉
〈高清水〉
〈菊正宗〉
〈菊正宗〉
〈勇心酒造〉
〈勇心酒造〉
〈上善水如〉
〈上善水如〉
〈八海山〉
〈八海山〉
〈高清水〉
〈菊正宗〉
〈勇心酒造〉
〈上善水如〉
〈八海山〉

1.〈高清水〉お酒の香りを避けたい人もOK

江戸時代前期から続く秋田の酒蔵の純米酒を配合。化粧水には肌にハリを与える植物エキス、乳液には紫外線ダメージをケアする果実のオイルも配合。吸いつくようなモチ肌に整う。右から、「酒屋のスキル」乳液 150ml 1,350円、化粧水 180ml 1,350円(高清水化粧品 018-864-7331)

2.〈菊正宗〉美肌によいとされる日本酒風呂を楽しめる

江戸中期、現在の神戸市灘で創業した酒蔵の品。保湿成分として、コメ発酵液をふんだんに配合。ほのかに日本酒が香る無色透明の湯に。湯上がりの肌はしっとり桃色。温感が長持ちするとの評判も。美人酒風呂 優しく包みこむ日本酒の香り 60ml 250円(菊正宗酒造 078-854-1043)

3.〈勇心酒造〉保湿&抗炎症効果でドライスキンを改善

江戸末期、香川で創業した勇心酒造は、早くから米発酵エキスの保湿機能に着目し研究を開始。皮膚の水分保持機能改善効果が確認されたライスパワーNo.11®を開発し、スキンケアに応用している。アトピスマイル®クリーム[医薬部外品] 25g 2,500円(勇心酒造 0120-73-4141)

4.〈上善水如〉お酒由来の保湿成分と清らかな地下水を肌に

越後で江戸末期に誕生した蔵元の化粧水。コメ発酵液や酒粕エキス、コメヌカエキスなど日本酒にまつわる保湿成分のほか、ヒアルロン酸やコラーゲンも配合。人気のお酒と同じようにさっぱりした質感が心地よい。モイスチャー ローション 150ml 3,600円(白瀧酒造 0800-800-5886)

5.〈八海山〉魚沼の自然の恵みで肌に潤いをチャージ

南魚沼で大正11年から醸造を始めた蔵元がシートマスクを発売。米、麹、発酵をテーマに米の栄養素と雪解け水で肌に潤いを与える。右から、「reint フェイスマスク」デイリーケア 1枚 250円、スペシャルケア 1枚 500円、プレミアムケア 1枚 1,000円(八海醸造 0800-800-3865)

(Hanako1195号掲載/photo : MEGUMI styling : Momoko Miyata text : Yumiko Kazama)

編集部
編集部 / Hanako編集部

「東銀座にある編集部からお届けします!」

編集部さんの記事一覧 →
2021年4月1日以降更新の記事内掲載商品価格は、原則税込価格となります。ただし、引用元のHanako掲載号が1195号以前の場合は、特に表示がなければ税抜価格です。記事に掲載されている店舗情報 (価格、営業時間、定休日など) は取材時のもので、記事をご覧になったタイミングでは変更となっている可能性があります。
TOPに戻る